ICOMOS-Korea主催シンポジウム招待講演

世界遺産海印寺がある韓国陜川で開催された韓国イコモス主催のシンポジウムに、マーク・チャン先生が招待講演者として出席し、ホイアンプロトコルについて講演しました。ホイアンプロトコルは2005年のイコモス総会で承認され、「真正性に関する奈良文書」と並んで、文化遺産保存における真正性(Authenticity)の維持に重きを置いた代表的な指針書であり、アジア地域の文化財関係者に広く活用されています。チャン先生はホイアンプロトコル起案会議に参加したメンバーの一人です。