未分類

「失われたクメール美術」国際文化交流―恒久的世界平和を目指して- [2021年08月12日(木)]

カンボジア王立プノンペン大学でクメール美術に関する国際文化交流が行われます。
場所 王立プノンペン大学 絆ホール
展示日程:2021 年8 月12 日ー16 日10 時00 分―15 時
シンポジウム日時:8 月15 日10 時00 分―15 時
ワークショップ・ポスターセッション日時:              8 月14 日15 日10 時00 分―                     カンボジアの文化は宮廷文化と民衆文化に大きく分かれ、絵画、彫刻、建築、古典舞踊など多岐の分野にわたっています。アンコール時代の繁栄時には近隣諸国に多大な影響を与え、東南アジアの中核として担っていました。その後フランス植民地時代には「東洋のパリ」と称賛された美しい街並みが立ち並び、西洋文化も発展させながら、独自のクメール文化を保持した背景を持っています。1970 年代に国家の人口約800 万人中、約300 万人という文化人の多くがポルポトによって虐殺されました。その後約2000 年まで内戦に突入しクメールの伝統美術は崩壊、アジア最貧国に落ち入り結果クメール美術の再興はなされていません。すでに正確なクメール美術の知識や経験を持った人間が年老いており、急がなければ歴史検証と復活が不可能になってしまう背景があります。また復活させたくても現在のカンボジアは明らかな指導者不足であり、日本からの人的支援は大きな貢献といえます。現在カンボジアはプノンペンを中心に欧米文化を吸収しながら、急速な経済発展を遂げています。その結果、国家の独自性が弱まっていることを危惧しています。欧米とは違った文化を持つクメール的個性は、今後のカンボジアが世界の中でさらなる発展を成し遂げるために必需なものだと考えています。カンボジア現代作家による失われたクメール美術展2021 を開催します。

友田博通 最終講義とレセプションの延期 [2020年02月26日(水)]

                                                                         3月7日に開催する予定でおりました最終講義とレセプションに、多くの海外プロジェクトでお世話になった方々から、多数の参加申し込みをいただき深く感謝しております。
 しかしながら、今回の最大の目的である交流会=ビュッフェスタイルの立食パーティーは、現状の新型コロナウィルスには全く無防備と指摘を受け、今回はすべて延期といたします。ご参加を表明いただいておりました皆さまには誠に申訳ありませんが、ご理解いただけますようお願い申上げます。
昭和女子大学 友田博通 最終講義 世話役一同

ティエンザン省知事表彰 カイベー集落保存と観光発展に貢献 [2019年11月10日(日)]

11月10日(日)カイベー文化観光祭開幕式において、JICA・国際交流基金・奈良文化財研究所・横浜市緑の協会・神戸北野山本地区をまもりそだてる会の5団体と、昭和女子大学大学院出身のグエンティビクゴク(ホーチミン市建築大学建築計画学科長)・向後千里(女子栄養大学特任教授)の2名がティエンザン省知事表彰を授与されました。これはカイベー市ドンホアヒエップ村がベトナム3番目の国家文化財集落となり、ティエンザン省が高い文化的特徴を持つことを国内外にアッピールでき、さら観光も発展させたとして贈られたものです。