研究所ニュース

「失われたクメール美術」国際文化交流―恒久的世界平和を目指して- [2021年08月12日(木)]

カンボジア王立プノンペン大学でクメール美術に関する国際文化交流が行われます。
場所 王立プノンペン大学 絆ホール
展示日程:2021 年8 月12 日ー16 日10 時00 分―15 時
シンポジウム日時:8 月15 日10 時00 分―15 時
ワークショップ・ポスターセッション日時:              8 月14 日15 日10 時00 分―                     カンボジアの文化は宮廷文化と民衆文化に大きく分かれ、絵画、彫刻、建築、古典舞踊など多岐の分野にわたっています。アンコール時代の繁栄時には近隣諸国に多大な影響を与え、東南アジアの中核として担っていました。その後フランス植民地時代には「東洋のパリ」と称賛された美しい街並みが立ち並び、西洋文化も発展させながら、独自のクメール文化を保持した背景を持っています。1970 年代に国家の人口約800 万人中、約300 万人という文化人の多くがポルポトによって虐殺されました。その後約2000 年まで内戦に突入しクメールの伝統美術は崩壊、アジア最貧国に落ち入り結果クメール美術の再興はなされていません。すでに正確なクメール美術の知識や経験を持った人間が年老いており、急がなければ歴史検証と復活が不可能になってしまう背景があります。また復活させたくても現在のカンボジアは明らかな指導者不足であり、日本からの人的支援は大きな貢献といえます。現在カンボジアはプノンペンを中心に欧米文化を吸収しながら、急速な経済発展を遂げています。その結果、国家の独自性が弱まっていることを危惧しています。欧米とは違った文化を持つクメール的個性は、今後のカンボジアが世界の中でさらなる発展を成し遂げるために必需なものだと考えています。カンボジア現代作家による失われたクメール美術展2021 を開催します。

世界で活躍する国際文化研究所研究の活動をGISに載せて [2021年06月08日(火)]

世界で活躍する昭和女子大学の先生方の研究を、GIS地理情報システムに載せて紹介することになりました。国際文化研究所の地理情報システム勉強会には、金子副理事長、小原学長、志摩副学長を先頭に、ベトナム・モンゴル・ヨーロッパ・アメリカはじめ多くの海外で活躍されている先生方が参加、講師の指導の下に熱心に地理情報システムのコンピュータ操作した。

https://www.informatix.co.jp/gcmap-e/swu/

2021年度 国際文化研究所 所員会議 [2021年05月11日(火)]

第一回国際文化研究所所員会議を開催。今年度から長代理に就任された志摩園子副学長の挨拶、各所員からの今年度の活動計画と協力体制についての協議を行いました。また、金子副理事長・小原学長・志摩副学長から本学研究所全体への見直し結果と、本研究所への要望をいただきました。また、今年度の勉強会はGIS地理情報システムとすることを決定いたしました。

マークチャン先生をユネスコが表彰 [2021年02月25日(木)]

国際文化研究所マーク・チャン先生にユネスコから表彰プラークが贈呈されました。文化財保存賞審査委員、ユネスコの書籍出版などの貢献に対する感謝を記した表彰です。

「こころの住む家」ベトナム語版出版 [2021年01月25日(月)]

「こころの住む家」友田博通著(理工図書)のベトナム語版が、本学出身ホーチミン建築大学建築計画学科長グエンティビクニョク先生のアレンジで、建設出版社から発行、ホーチミン建築大学・ハノイ建築大学・日越大学等で使用予定。2021年1月25日から開催された5年に1度の第13回共産党大会で、建設省推薦50冊の書籍に選ばれ紹介された。以下のページから、紙書籍・電子書籍が購入可。Ngôi nhà, nơi trú ngụ của trái tim – Tâm lý học nhà ở và nội thất (nxbxaydung.com.vn)

カイベーKIET邸がBS-TBS「世界の窓」で放映 [2021年01月22日(金)]

ベトナムティエンザン省カイベー祭での日本文化紹介、女性リーダー交流プロジェクト等で、KIETさんとたいへん親しくされている、本学同窓生 太田鈴子先生・岩崎三恵子先生・渡邊祐子先生他から情報提供がありました。なお、日本の援助とは、昭和女子大学がJICA開発パートナーとしてKIET邸を対象に行った修復工事のことです。本年12月、ティエンザン省主催 第5回カイベー観光祭が開催される予定です。

インフォマテックス地理情報システム研修会 [2021年01月22日(金)]

文化遺産保存地区の情報公開システム構築支援のため、インフォマテックス社に協力いただき地理情報システム研修会を開催しました。ベトナム・ホイアン、ドンラム、カイベーを対象にシステムを構築、その後のデータ増強・精緻化・維持管理等を、現地管理事務所に移管します。 また、カンボジア・タイのプロジェクトにも活用予定です。

文化遺産書籍の出版 [2020年12月22日(火)]

国際文化研究所コミュニケーション部門のチャン先生が執筆に参加した文化遺産書籍「The Planning and Management of Responsible Urban Heritage Destinations in Asia」が出版されました。アジア圏の専門家からの寄稿を集約した書籍です。それぞれの地域の歴史的町並みなどの管理について解説や助言をしています。

伝統集落保存女性リーダー育成プログラムが外務大臣賞に [2020年12月14日(月)]

「1993年開始のホイアン市歴史的町並み保存事業から,同市チャム島での草の根ヘリテージツーリズム事業まで,ホイアン市への国際協力に長年従事した。また,ベトナム北部ドンラム村,中部フクティック村,南部ドンホアヒエップ村で文化財修復や観光促進事業を実施。更に,2019年,伝統集落の保存に活躍したベトナム人女性らによる国際討論会を開催するなど,女性の社会進出にも貢献している。」として外務大臣賞を受賞しました。

カンナム省主催ホイアン祭でコロナ後の観光再開を目指し研究会 [2020年12月03日(木)]

カンナム省はコロナ禍で財政難に苦しむホイアンの観光再開に向けホイアン祭を開催。これに合わせ国際文化研究所はホイアン・ドンラム・カイベーの文化財観光関係者をホイアンに集め、コロナ禍の影響とその後の観光再開について勉強会を共催した。これに日本大使・JICAにも参加いただくことができ、日本からの協力の可能性も併せて議論できた。勉強会では、山田滝雄日本大使からは昭和女子大学(友田)に外務大臣賞を授与したことが発表され、会場に大きな拍手が沸いた。また、JICA森義徳代表から日本橋修復も含めさらなる協力に向け示唆があった。https://youtu.be/C_p0irWBgcI