CATEGORY

Vドンラム村

  • 2008年11月13日

ドンラム村JICA青年海外協力隊員3名に

現在ドンラム村遺跡保存事務所にJICA青年海外協力隊員として、1月から宇都光恵(建築)、4月から小貫菜穂子(観光)が勤務、さらに12月から水頭健太郎(経営)が加わります。本学は国際文化研究所を中心に、文化庁・JICA・国際交流基金等々の連携の輪の中で […]

  • 2008年9月22日

第2回ドンラム村観光推進ワークショップ

第2回ドンラム村観光推進ワークショップが8月9日に開催された。川魚釣り体験プログラムと集会場前の広場での民族舞踊、龍踊り、土産物店出店、レストラン出店がされ、多くの地元住民や観光客参加により賑わいをみせていた。なかでも、龍踊りの龍が月を飲みこ […]

  • 2008年7月16日

ドンラム村観光推進ワークショップ

本年3月、観光客が激増するドンラム村で、第1回観光推進ワークショップを開催しました。集会所前の広場で、民俗舞踊、土産物店出店、古民家訪問、古民家昼食会、ウォーキングマップ作成等様々な試みを行いました。今夏は、8月9日4時から第2回目ワークショップを開 […]

  • 2007年3月21日

ドンラム村世界遺産会議

ドンラム村の世界遺産登録に向け、前日のドンラム村現地視察を踏まえ、文化情報省と昭和女子大学が共催し、ハティ省ビン副知事を中心に、ユネスコ文化財調査官・イコモス/事務局長・日本・オーストラリア代表・日本文化庁などが集まり、ドンラム村の世界遺産登録への準 […]

  • 2006年6月6日

ドンラム村国家文化財指定伝達式

私達の保存調査と保存計画を基に、ドンラム村が農村集落国家文化財第1号に指定され、その伝達式が村で行われました。私たちのグループを代表し島田敏男氏(当時奈良文化財研究所)が参加されました。

  • 2004年4月8日

ドンラム村建築と生活調査開始

農村の平等助け合い精神を後世に伝えるため、農村集落を生きたまま保存したいと日本に協力を要請。2004年3月から農村集落保存の建築・集落調査を開始、2006年11月に国家文化財第一号に指定されました。調査は、建築ばかりでなく衣食住など幅広い調査を行いま […]