秋桜祭図書館イベント来場者への御礼 [2018年11月16日(金)]

10日、11日に行われた秋桜祭にお越しいただきありがとうございました。

今年はウォークラリー、本の木、栞作りそして毎年恒例のビブリオバトルを行いました。

ビブリオバトルには今年も昭和女子大学内だけでなくBST(ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和)から参加された方もいらっしゃいました。
ちなみに今年のチャンプ本はリチャード ロイド パリ―著『津波の霊たち 3・11 死と生の物語』です。

来年もさらに皆さんに楽しんでいただける企画を用意できるよう頑張ります!

2日間本当にありがとうございました。
図書館イベントスタッフ一同

図書館秋桜祭イベントのお知らせです [2018年11月06日(火)]

も うすぐ開催の秋桜祭!

図書館でも着々と準備を進めております
果たしてどんな準備がされているのか…
今回は気になるイベント内容についてご紹介致します!

☆ウォークラリー
学校内をまわりながらキーワードを集めて下さい!4か所全てのキーワードを集めるとなんと景品がもらえちゃいます!他の企画などを見ながら探して来てもらえると幸いです

☆メッセージ
メッセージでは、葉っぱの紙に自分が好きな本について書いて貼ることで、本の木を作ります! あなたの思い出が詰まった本をみんなに紹介しませんか?書いて下さった方にはささやかなお礼もあります

☆しおり作り
読書に必要不可欠な、しおりを自分で作成できちゃいます!シールやペンでかわいいオリジナルのしおりを作りましょう

☆紙であそぼう!
しおり作りのおとなりでは、紙の文様でブックカバーが作成できます!
ぜひしおりと一緒に、あなただけの読書のお供を作って下さい

☆ビブリオバトル
ビブリオバトルとは、5分で本を紹介し、1番読みたいと思った本に投票するというゲームです。
予選は10日の14~16時に図書館
優勝決定戦は11日の10時20分~10時50分に屋外特設ステージで行います
毎年恒例のイベントですので、ぜひお越し下さい!もしかしたら、好きな本が紹介されたり、またまた読みたい本が見つかるかもしれませんよ

図書館秋桜祭スタッフ一同、皆さまのご来場お待ちしております!

 

 

【本の紹介】『錦絵 幕末明治の歴史』 [2018年11月05日(月)]

タイトル:『錦絵 幕末明治の歴史⑥ 文明開化』
著者名:小西四郎
出版社:講談社
出版年:1977.8
請求記号:721.8/Kon/6

明治は「文明開化」と言われるように、いろいろな方面で急速な近代化が進み、その時の世相の様子は錦絵などでも描かれています。
『錦絵 幕末明治の歴史』では、嘉永6年のペリー来航から明治41年の明治天皇大葬までの錦絵が紹介されています。今回紹介する『錦絵 幕末明治の歴史⑥ 文明開化』では、鉄道建設や電信・郵便、東京の銀座・京橋や地方の開化の錦絵が紹介されており、色鮮やかな錦絵は当時の様子を今に伝えてくれます。また3枚続の錦絵の中には折り込みページになっているものもありより大きな絵で見ることができます。

今年は明治元年から数えて「明治150年」にあたる年で、同じ年に図書館70周年、近代文庫60周年を迎えました。図書館では、それに関連して近代文庫、女性文庫、トルストイ文庫、特殊コレクションの中から明治に関連した資料を展示する、図書館特別展「図書館70年の歩みⅡ ~明治150年記念特殊コレクション展~」を開催しています。錦絵からは「憲法発布畧図: 帝國萬歳」と「憲法発布臨時観兵式行幸桜田御出門之真図」を展示していますので、ぜひ図書館にも足を運んでみてください。
—————————————————————-
併せて、図書館展示ホームページもご覧ください。
・図書館展示案内
https://library.swu.ac.jp/use/u_facility/t_tenjiannai
・図書館開設70周年 近代文庫創設60周年 記念 特別展
https://library.swu.ac.jp/use/u_facility/t_70yeark_60year
—————————————————————-
(A.K)

英コミ白石さんが全国ビブリオバトルの関東地区予選&代表決定戦に参戦! [2018年10月29日(月)]

 先日、大学生協とリーダーズネットワーク(大学読書サークル連絡会)主催の「ビブリオバトル関東地区予選&代表決定戦」に参加しました。私はミヒャエル・エンデさん作の「モモ」を発表しました。ビブリオバトルでは参加者全員に「読んでもらいたい!」と思ってもらう発表をすることは予想以上に難しかったです。
しかし、大会の準備をする際に「作者の意図」や「本を通して得た学びをどのように考え、感じたか」等を1冊の本を通して深く考えることができたためとても貴重な経験となりました。
ビブリオバトルを通してさらに「本の楽しさを」感じることができました。今後も様々なビブリオバトルに参加し、読書の楽しさを感じ、多くの人に伝えていけるようになりたい思います。

【本の紹介】『日本髪大全』 [2018年10月29日(月)]

タイトル:『日本髪大全:古代から現代まで髪型の歴史と結い方がわかる』
著者名:田中圭子
出版社:誠文堂新光社
出版年:2016
請求記号:383.5/Tan

今では舞妓や芸妓、花嫁の文金高島田、相撲の力士でしか見ることができない日本髪をタイトルにもあるように古墳時代から現代まで、写真と文章で紹介してあります。櫛やかんざしの製造や販売店、美術館についても書かれていて、目で愉しめる本です。また、最終章では、力士の大銀杏(おおいちょう)や丁髷(ちょんまげ)の結い方の紹介もあり、日本髪の歴史がよくわかります。

この本は第17回学生選書ツアーで選書された本です。

現在、図書館では11月12日(月)の学生選書ツアーの参加者を募集しています。
古川館長との懇談会やポップ講座もありますので、ぜひ参加してみてください。

また、この本に掲載されている『鬢附束髪図会(かつらづけそくはつずえ』は、本学でも所蔵しており、図書館3Fコミュニティルームで開催されている特別展「図書館70年の歩みⅡ ~明治150年記念特殊コレクション展~」に展示しています。
実物を見ていただけるよい機会です。お時間ありましたら、ぜひお立ち寄りください。      (M.K)

インターシップ生の書評 [2018年10月15日(月)]

インターンシップ生がおすすめの本の書評を書いてくれました。
ぜひ、ご覧下さい!!
---------------------------------------------

タイトル:『でーれーガールズ』
著者名:原田マハ
出版社:祥伝社
請求記号:913.6/Har

「でーれー」って何?と疑問を持った方もいるかと思います。「でーれー」とは、岡山県の方言で「すごい」という意味です。つまり、タイトルからもお分かりの通り、この本は岡山県を舞台にした作品です。
東京から転校してきた女子高生、鮎子と、鮎子のことを馬鹿にしてくるクラスメイト武美が、鮎子の創作恋愛漫画を読んだことをきっかけに仲を深め、いつしか大親友になっていく青春物語です。しかし、彼女たちはある出来事を機にケンカをしてしまいます。そして、その後、武美が転校してしまったことで、二人は離れ離れになってしまいます。
些細なことがきっかけで、鮎子の青春時代は苦い思い出となってしまいましたが、約30年ぶりの同窓会での再会を機に、苦い思い出は甘酸っぱく、せつない思い出へと変わっていきます。
この本を読んで、皆さんも高校時代の思い出に思いを馳せてみてはいかがですか。
物語の最後にわかる、衝撃の事実も必見です!ぜひ、ご覧ください。  (A.I)

 

タイトル:『総理の夫』
著者名:原田マハ
出版社:実業之日本社
請求記号:913.6/Har

史上初の女性総理大臣になった妻、相馬凛子の奮闘する日々を鳥類学者の夫、日和が書く日記で物語は進んでいきます。目からウロコの行動を颯爽とやってのけるクールな妻と天然で妻思いの夫、2人のやり取りが読んでいて心が温かくなります。
また、スピーチライターを題材とした『本日はお日柄もよく』のように原田マハさんの書くスピーチの場面は、無意識に引き込まれこのような政策なら賛成と納得させられ感動もしました。
政界についてもわかりやすく書いてあり、読み始めたら止まらなくなること間違いなしの、面白くもあり感動する作品です。ぜひ、読んでみてください。  (M.H)

 

 

タイトル:『バムとケロのにちようび』
著者名:島田 ゆか
出版社:文溪堂
請求番号:J726

『バムとケロのにちようび』は島田ゆかさん作のシリーズものの絵本です。ある雨の降った日曜日、犬のバムとかえるのケロちゃんは本を読んで過ごすことにします。ふたりは部屋を掃除して、おやつのドーナツを焼いて、本を探しに屋根裏部屋へと向かうのですが……というお話です。オススメポイントは2点。1つ目は主人公ふたりの魅力です。犬のバムはしっかり者。かえるのケロちゃんはやんちゃでいたずら好き。全体を通してコンビとしてバランスが取れていて、読めば読むほどふたりが愛らしく見えてきます。2つ目はシリーズものの良さです。バムとケロシリーズは今回紹介している『バムとケロのにちようび』から始まり、『バムとケロのそらのたび』、『バムとケロのさむいあさ』、『バムとケロのおかいもの』、『バムとケロのもりのこや』の計5冊で構成されています。ストーリー自体は一冊で完結するのですが、それぞれの本に共通して出てくる大きな家具から小さな雑貨まで丁寧に描かれており、シリーズを通して読むことで「この雑貨前も見た!」、「これは前にふたりが買っていたやつだ!」といった発見が味わえます。絵本はその名の通り「絵のある本」です。島田ゆかさんのイラストは字を絵にするだけではないので、眺めて楽しめことができますし、ふたりの日常はとても幸せそうで、私もこんな暮らしをしたい!と読むたびに癒されます。そんないろいろな楽しみ方ができるバムとケロの世界を楽しんでみませんか? (H.U)

【募集】ビブリオバトル参加者募集 [2018年10月09日(火)]

☆あなたが読んで感動した本や面白かった本、おすすめしたい本などを5分で紹介してみませんか☆
図書館では秋桜祭にビブリオバトルを開催いたします。
紹介した本の中から「どの本が一番読みたくなったか?」を投票してもらい、
『チャンプ本』を決定!!貴女も一緒にやってみませんか?

詳しくはポスターをご覧ください。
参加ご希望の方は、図書館レファレンスカウンターまでお越しください。

インターンシップ生の感想 [2018年10月02日(火)]

インターンシップ生が感想をまとめてくれました。

———————————————————————————————————————————–

今回のインターンシップでは、利用者として図書館を利用する時には見えなかった、たくさんの図書館業務の場を見ることができました。その中には、選書や書棚の整理、利用者教育など様々なものがありますが、特に印象に残っているのが、見計らい本の選書です。図書館には書店などから度々複数の本が送られてきますが、図書館ではそれを、タイトルやあらすじ、目次、あとがきなどに目を通し、本学の図書館に必要か否かを見定めなければなりません。限られた書棚のスペースを考慮し、本学の学部、学科での専門的な学び、研究に役立つ本を選書することは、大学図書館にとって非常に重要であると、今回の経験を通してすることができました。その、重要な業務を今回体験することができてよかったです。私たち利用者のために、図書館は数多くの業務をこなしてくださっていると知り、図書館のサービスを最大限に活用しなければならないと、改めて思いました。 (A.I)

 

今回のインターンシップでは大学図書館の様々な仕事を体験させていただきました。中学生の時に職場体験させていただいた公立図書館とは利用者や蔵書が異なるため、同じ業種なのに少し違いがあって面白かったです。普段は利用者として、また図書館学課程を履修する学生として見ている図書館を職員側の視点で見た上で広報や選書、資料の整理をすることにより今履修している図書館学課程の授業への興味・関心が高まっただけでなく、自分の将来について考えることのできた良い機会でしたし、実際に仕事を体験し、授業で学んだことがこのように生かされるのか、といった新たな発見もありました。秋桜祭の企画は学生主体で自由にやらせていただいたので私自身楽しんで取り組むことができました。このブログを作成しているときはまだ企画段階ですが、様々な工夫を凝らした企画をチーム皆で考え、今後もそれをより良くしようと思っておりますので当日は是非図書館に足を運んでくださると幸いです。 (H.U)

 

今回のインターンシップを体験して授業だけでは分からないことを学ぶことが出来ました。実際に、選書、貸出・返却、館内ツアー、資料撮影などを体験することで頭ではこうだろうと思っていたこともいざ行ってみると難しかったり、工夫が必要だったりと多くのことを知れました。また、図書館職員の方々が私たち生徒が少しでも使いやすいように様々なことを考えてくださっていることが分かりました。さらに、今回は秋桜祭に向けてイベントを企画するということがあります。私は今までイベントを企画したことがないため、皆で話し合いをしながら決めていくのが楽しいという気持ちと来館者に喜んでいただけるのかとドキドキもしています。秋桜祭が成功するよう最後まで気を抜かずに頑張っていきたいです。(M.H)

【募集】学生選書ツアーの参加者を募集しています [2018年10月02日(火)]

図書館にあったらいいなあと思う本、普段は高くて買えない本、友達にも紹介したい本を直接書店に行って、選んでみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実施日:平成30年11月12日(月)12:30~14:30
選書ツアー後に懇談会、ポップ講座があります。
(16:00終了予定)
 
実施場所:紀伊國屋書店 新宿本店
交通費:自己負担
申込先:図書館3階レファレンスカウンター
申込締切日:平成30年11月7日(水)
 
懇談会:図書館長古川先生を囲んで、懇談会を行います。
皆さんが図書館に対して日頃感じていることや質問・要望等を各自お話していただきます。
 

☆選書ツアー事前説明会
11月7日(水)16:30から行います。必ず出席してください。
当日図書館3階レファレンスカウンター前に集合してください。
事前説明会に出席しない場合は、選書ツアーには行けません。
どうしても都合がつかない場合は、事前に相談してください。

学生対象情報検索ガイダンス(後期) [2018年10月01日(月)]

論文やレポートに取り組む学生のみなさんのために、情報検索ガイダンスを行います。
蔵書検索や、各種論文記事検索データベースの使い方などをご紹介します。
お気軽に、お友達同士誘い合わせて参加してください。

日程:10月1日(月)~11月30日(金) ※土・日・祝日除く
時間:16:00~17:00 ※お時間はご相談に応じます
対象:学生
内容:蔵書検索・他大学蔵書検索・CiNii Articles・CiNii Books・統合検索・国立国会図書館オンライン(NDL
ONLINE)・国立国会図書館サーチ・ProQuest・J-DreamⅢ・新聞記事検索データベース、以上の中から
選択(複数選択可)

お問い合わせ・申込:info-ill@swu.ac.jp/図書館3階レファレンスカウンター(8号館3階)