【募集】学生選書ツアーの参加者を募集しています [2019年01月16日(水)]

図書館にあったらいいなあと思う本、普段は高くて買えない本、友達にも紹介したい本を直接書店に行って、選んでみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実施日:平成31年2月15日(金)12:30~14:30
選書ツアー後に懇談会、ポップ講座があります。
(16:30終了予定)

実施場所:紀伊國屋書店 新宿本店
交通費:自己負担
申込先:図書館3階レファレンスカウンター
申込締切日:平成31年2月6日(水)

懇談会:図書館長古川先生を囲んで、懇談会を行います。
皆さんが図書館に対して日頃感じていることや質問・要望等を各自お話していただきます。

 

☆選書ツアー事前説明会
2月6日(水)16:30から行います。必ず出席してください。
当日図書館3階レファレンスカウンター前に集合してください。
事前説明会に出席しない場合は、選書ツアーには行けません。
どうしても都合がつかない場合は、事前に相談してください。

1月18日(金)の開館時間について [2019年01月16日(水)]

1月18日(金)の開館時間は、8:45~17:00です。
翌日行われるセンター試験の準備のため、開館時間が短くなっています。
閉館する時間にご注意ください。

図書館は1/7(月)から開館しております。 [2019年01月07日(月)]

あけましておめでとうございます。

図書館は本日1/7(月)から開館しております。
開館時間は8:45~21:30です。
併せて、昭和女子大学図書館ホームページの開館カレンダーをご覧ください。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

本学所蔵雑誌「学生」が「レイルマガジン」36巻2号(2019年2月)に掲載されました。[2018年12月20日(木)] [2018年12月25日(火)]

昭和女子大学図書館所蔵の雑誌「学生」大正2年1月号から「辰野金吾の中央停車場 第2案」の画像が「レイルマガジン」36巻2号(2019年2月 ネコパブリッシング発行)「特集 ターミナル・ステーション 東京駅」に掲載されました。

東京駅は1914(大正3)年12月20日に開業し104周年になります。赤レンガ造りの丸の内駅舎は国の重要文化財でもあります。設計は辰野金吾(1854~1919)によるもので、明治から大正の建築界に指導的役割を果たし、東京駅の他、日本銀行本店、旧両国国技館を始めとする日本近代建築史上重要な作品を手がけた人物です。

雑誌は写真や図面が多く、鉄道ファンならずとも楽しめる内容になっています。
図書館3階開架室の雑誌・新聞コーナーにありますので、どうぞご覧になってください。

東京駅の歴史

冬季休暇期間中の開館・休館等についてのお知らせ [2018年12月20日(木)]

学生冬季休暇(12/26~1/6)に伴い、休館日は以下の通りです。
 休館:12/26(水)~1/6(日) ※授業開始日1/7(月)からは通常開館(8:45~21:30)となります。

また、冬期休暇 (12/26~1/6) に伴う他機関利用・文献複写依頼の受付休止期間は、図書館ホームページの「冬季休暇(12/26~1/6)による他機関利用及び文献複写依頼についてのお知らせ」をご覧ください。

2018年も、図書館をご利用いただきありがとうございました。
また、2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

【本の紹介】小僧の神様 [2018年12月13日(木)]


著   者:志賀直哉
出 版 社:新潮社
出版年月:2002.8
請求記号:080/Shi/し1-5
所  在:3F開架室

誰もが知っている小説だと思います。
志賀直哉が「小説の神様」と呼ばれる一因になった作品です。
構成は綿密に計算し尽くされていて、簡潔に描かれています。

『小僧の神様』以外に『城の崎にて』等の17編の短編が
収録されています。
大正6(1917)年から大正15(1926)年に書かれた作品です。
『小僧の神様』は、大正8(1919)年に書かれています。
2018年は、志賀直哉生誕135年の年です。
この機会に、読んでみてはいかかでしょうか。

(光)

図書館特別展「コレクション紹介 1970’s~1980’s」: 12月6日(木)~1月24日(木) [2018年12月07日(金)]


図書館3階コミュニティルームにて、図書館特別展「コレクション紹介 1970’s~1980’s」を 12月6日(木)~1月24日(木)で開催しています。
今回は、1970年代~1980年代に設立された 7つの文庫や収集された特殊コレクションの中から貴重資料などを展示します。
2018年度は図書館特別展を開催しています。学外の方にもご覧いただけます。メインゲートのインターフォンでお伝えいただくと、入館できます。

詳細は図書館ホームページ「図書館展示案内」をご覧ください。

図書館展示案内
(URL:https://library.swu.ac.jp/use/u_facility/t_tenjiannai

この機会に、ぜひ、足をお運びください。

【本のおすすめ】今日から使える認知行動療法 [2018年11月28日(水)]

著者名:福井至・貝谷久宜監修
出版者:ナツメ社
請求記号:146.8/Fuk

副タイトルは<「思考のクセ」に気づけば、心はスッと軽くなる>
日ごろから物ごとへの考え方が硬くならないよう気をつけていますが、自分とは違った考え方などに出くわすと、すんなりとは受け入れられないことがあります。気持ちがざわついて不快に感じたり、反論してみたりもしますが、一番良いのは自分の気持ちの切り替え、考え方の変更・・・とはわかっていてもなかなか難しい!
この本には思考のクセ、考え方のクセを正していく方法が具体的に書いてあります。どうしてそう考えてしまうのかの根本を探る方法についても書いてあります。
物欲や食欲のない悟り世代と言われる学生皆さんの心が大抵穏やかならこの本は不要ですが、もやもやしている方には対処事例や解消実践方法が書いてあるのでお薦めかと。ワークブックも付いています。マンガが描かれていますが、人生の指針ともいえることもさらりと書かれています。
vvN.S.vv

【募集】Tシャツデザインを募集しています [2018年11月27日(火)]

図書館では選書ツアーや秋桜祭で着るTシャツのデザインを募集しています。

〔募集内容〕
・無地のカラーTシャツに1色から2色を使用する。
・デザインは前側に1か所。Tシャツの生地の色は白を除く。目印になるような色にする。
・図書館とわかる文字やイラストを入れる。(昭和女子大学図書館やSWULなど)
・Tシャツ型を描いて、デザインの大きさや位置がわかるようにする。

〔募集締切〕
2019年1月18日(金)
※2月上旬頃 投票によって決定します!

〔特典〕
・応募者全員に、参加賞として図書カード500円分をプレゼント!
・デザイン採用者には、参加賞+図書カード1500円分+完成したオリジナルTシャツをプレゼントします!

皆さんのご応募をお待ちしています

2018年度ビブリオバトルに参加して [2018年11月21日(水)]

ビブリオバトルに初めて参加して私が感じたことは、まず楽しかったということと、とても良い経験だったなということです。大勢の人の前に立ち、ほぼアドリブで好きな本について話すことに最初は抵抗がありましたが参加したことにより自信がつきましたし、参加する前は「自分は人前に立つ際とても緊張してしまう人だ」と思っていたのですが、案外自分はリラックスして活き活きと話せる人なんだという新たな発見もありました。
また、この経験をしたことで今後の私の態度や姿勢も変わると感じました。
より様々な学校行事に積極的に参加しようと思いましたし、大勢の人の前ではなくてもクラスの中や私生活でも、より自分の意見を発信していこうと考えました。これを機に、自分が今まで体験したことがないことに挑戦し、知識や経験を身に付けていきたいです。

BST 高校年 R.K.

☆R.K.さんが発表した『津波の霊たち』はチャンプ本に選ばれました。