【本の紹介】キケン [2019年05月28日(火)]


タイトル:キケン
著者:有川浩
出版社:株式会社新潮社
出版年:2010.1.20
請求記号:913.6/Ari

ある工科大学の数ある部活の中の一つに「機械制御研究部」がありました。
略称は、『機研(キケン)』。しかし、この略称は部にまつわる様々な事件から、畏怖や慄きをもって『機研』=危険とつけられたものでした。

これは、その『機研』の黄金期で、一番危険で一番危ない奴らが多かった時代のお話です。

まず、部長は大学きっての危険人物で、現代兵器の申し子であるユナ・ボマー上野。
副部長は、迫力で右に出る者はいない近接戦闘の鬼、大魔神・大神。
危険な二人が率いる『機研』は何をやらかすのだろうか。
そして、『機研』でなにか得るものはあるのだろうか。

女子大とは違った男だらけの青春を、あなたも味わってみてはいかがでしょうか。