新春収蔵資料展「日本の郷土玩具」開催中 [2021年01月27日(水)]

新春収蔵資料展「日本の郷土玩具」 ~博物館実習Ⅰ履修学生による企画展示

こけし

本展示は、博物館実習Ⅰ・Ⅱ(必修科目)の授業の一環として、学芸員課程を履修する学生たちが展示の基礎を学ぶため、当館収蔵品を利用して取り組みました。
本年度は、10のグループに分かれ、4~7月のオンライン授業の中で、企画案をまとめ、10月にパネルを作成し、12月に展示実習を行いました。
雛、天神、縁起物、だるま、干支・動物、童子・唐子、昔話・説話、南蛮人形、祭・地域芸能、こけしをテーマに、学生ならではの感覚でとらえた郷土玩具の世界をお楽しみください。

天神人形

縁起物 ~七福神・お多福・福助~

干支・動物

祭・地域芸能

南蛮人形

童子・唐子 ~子どもの成長を祈る~

だるま

昔話・説話 ~桃太郎~

【開催期間】2021.1.18(月)~2.3(水)
【開館時間】11:00~16:00
【休館日】 土曜日・日曜日
【会 場】 昭和女子大学7号館1階 光葉博物館
【入場料】 無料

※新型コロナウイルス感染拡大による今後の状況をふまえ、展覧会の開催に変更が生じる可能性がございます。今後の予定につきましては、当館ホームページhttps:// museum. swu.ac.jp/ 等でご確認ください。

※ご来館の際は、
・本学正門守衛室で、展覧会のご見学とお伝えいただき、「見学証」をお受け取り後、検温のうえ、ご入構ください。
・発熱、体調不良の方は入構をご遠慮願います
・必ずマスク着用、手指消毒、距離をとっての見学など、感染防止にご協力願います。

博物館外観