インドネシア ガジャ・マダ大学「大学連携日本語パートナーズ」派遣学生報告 [2019年10月31日(木)]

〈学生の声〉

今回、私たちは「大学連携日本語パートナーズ派遣プログラム」に参加
させていただきました。インドネシアのガジャマダ大学で日本語教育の実習を行いました。

実習では、主に現地の日本語の授業の見学や補助、日本文化紹介の授業を
行いました。日本語学科の3年生(中級)と2年生(初中級)のクラスを受け持ち
ました。文法・会話・表記の授業を見学し、現地での教え方を踏まえ、後半は
自分たちで授業を行いました。日本文化の紹介では、私たちの生まれ育った町や、
盆踊り、箸の正しい使い方などを紹介しました。授業は日本語学科だけではなく、
英語学科・観光学科の学生にも行いました。

授業の他にプロジェクトワークも行いました。2年生との活動では「誘い」
の表現を使用した動画の作成、3年生とはジョグジャカルタの観光地を紹介
する動画を作成しました。私たちは学生が考えた原稿の添削を行い、実際に
動画にも出演しました。

このプログラムに参加させていただいて、海外で行われている日本語教育を
実際に学ぶことが出来ました。日本での大学の講義だけでは気がつけなかった
視点にも目を向けることが出来るようになりました。日本語教育だけではなく、
インドネシアの文化やインドネシアの人たちの優しさを感じることが出来ました。
最初は不安もありましたが、先生方や学生のみんなが優しくサポートをして
くれたおかげで、充実した実習となりました。海外で見てきたからこそ分かる
新たな視点を大切にし、今後も日本語教育の勉強に励んでいきたいと思います。
(KH・MF)