2021年1月15日 学長ブログ [2021年01月15日(Fri)]

<SHOWAトピックスの紹介>

■学生の「キャリアインカレ2020」へのチャレンジ
 ビジネスデザイン学科3年生の3名の学生たちがマイナビの「キャリアインカレ2020」に出場しました。キャリアインカレは、企業5社が出した課題に対してビジネス提案をするコンテストで、今年は全体で720チームが出場し、本学のチーム(チーム名:「よしこ」)がセコムの部で優勝しました。1月9日に、5社それぞれの優勝者の中から最優秀を選ぶ決勝大会がありましたが、この決勝で惜しくも敗れました。チーム「よしこ」の提案は、10代20代を対象にした、SNSでのいじめや炎上から身を守るためのビジネスアイデアでした。セコムからは、SNSを安心して使える空間にすべきだと提言する公共性と、表現の自由とプライバシーのバランスをAI等のデジタル技術で克服しようとしている点、ビジネスとしての持続性と実現性が高く評価されたとのことです。私もPCで決勝大会を視聴していましたが、チーム「よしこ」は優勝チームに劣らず堂々とした素晴らしい発表で善戦したと思います。最優秀こそ獲得できませんでしたが、チームメンバーはそれ以上に大きな学びや気づきを得、成長できたことと思います。メンバーには悔しかったことをバネにして、ここで得たことを次のチャレンジに活かしてほしいと思います。
 他の学科の学生でもこのようなチャレンジャーが多数いると思いますが、学生のみなさんには大学内の活動に留まらず。是非、学外のコンペやコンテストなどの他流試合に臨んでほしいと思います。もちろん、賞をいただいたり、勝つことは素晴らしいことですが、これに挑戦する過程で得られるもののほうがより重要と思います。失敗してもこの経験を次に活かすという気持ちで、色々なことにチャレンジしてみてほしいと思います。
 大人の私たちも学生の皆さんと同じです。私の場合、コンテストに出場するわけではないですが、事の大小に関わらずチャレンジ精神でやってみること、これが日々の生活や人生に刺激を与え、楽しくするコツだと思っています。


決勝大会:セコムの部の扉画面

次回も、気になるトピックスを取り上げて紹介していきます。是非、ご期待ください。