今日は紙について [2011年04月18日(月)]

いかがお過ごしですか。
今日は、紙についてすこし話しましょう。
みんなが使っている紙は、リサイクル原料も混ざっている紙だと思います。
日本は紙の原料となる木材をたくさん輸入しています。しかし、紙自体は非常に優秀な再生原料なので、山や原野の木々を護るためにも、再生原料すなわち不要になった紙をたくさん使う努力を重ねて、紙のリサイクル率では日本は、世界でもトップに入ります。製紙原料の半分以上が使い終わった紙なのです。校舎の廊下には紙ゴミと可燃ゴミの区別があります。紙ゴミに入れた紙は、又紙になってみんなの元にやってきます。可燃ゴミに入れてしまうと燃やされてしまうんです。紙の区別をきちんとしてください。