歴文生の留学だより~上海交通大学より~ 前編 [2013年04月27日(土)]

みなさん、こんにちは~!松田忍です。

歴史文化学科は、「『史資料と向き合って論点を絞り出し、かつて生きた人のことを知っていくための方法論』、そしてその方法論を用いて思索を進めていくための土台となる『知識』と『考え方』」を4年間かけて一生懸命習得していく学科であります。そういう意味において、留学は歴文の教育プログラムの本線に組み込まれているわけではありません。でも、歴史文化学科からも積極的に海外に飛び出す歴文生も、毎年数名いらっしゃるんですよ~!在昭和女子大学の協定校である上海交通大学に1年間留学中の遠藤真紀さんと野村佳代さん(ともに歴文3年生)にメールでお話しをうかがってみました。

メールの文章は2人で相談しながら書いて下さったようですよ。

——————————————————————————————————————————————————-

こんちは!元気に頑張ってますか?こないだ一時帰国なさったときは挨拶にきてくれてありがとう。掛川先生も大谷津先生もお二人の成長っぷりにびっくりしてらしたよ、やはり留学経験って人を変えるんだなぁと松田も思いました。で、考えたのが、現在も留学中のお二人に、是非とも、歴文ブログで、留学生活を紹介する後輩向け記事を書いてほしいということ。書いていただけるかな??

ぜひ、書かせていただきたいと思います。私たちの体験談が少しでも後輩の役に立てたらとても光栄です。

えっ、ブログ書いたら、昭和女子大側の単位になりますかsign02

そうそう「情報発信学概論」(仮)の2単位に・・・ってならないぞsign03なるわけないだろangry

一応聞いてみましたhappy02

ではでは、まずは一番大事な語学研修の成果を聞かせて下さい!

上海の留学生活も7ヶ月以上経ちました。今改めて来たばかりの事から現在の事を比べると成長したと周りからも言われますし、自分でも実感しています。来たばかりは、2、3語程度しか喋れなかったのが今では、日常生活は、困らない程度のレベルにまで達しました。

留学してみて気づいたことありますか?

上海に来て思ったことですが、英語を喋れるって大切だなと思いました。授業中は、中国語を使って喋るのですが、欧米系の人達と遊ぶ時には、英語も使ったりするので、6年間も英語を習ってるのに喋れないもどかしさと、会話に入れない悔しさを味わい中国語と並行して英語も勉強したりしています。

おお、中国に中国語の語学留学して、そこで英語が大事だって気づくというのは、リアリティあるご発言だね!!じゃあ、歴文生&歴文受験生のみなさんへのメッセージがあれば聞かせて下さい♪

留学に来て語学力が付いただけではなく、様々な国の人と接して自分の知らない考え方や文化を知ることができました。今まで日本という国の考え方しか知らなかったので、日本の考え方が当たり前だと思っていましたが、外国に来て日本という国を客観視することができ、日本の良さや変わっていかなければいけないことを知った上で、改めて日本という国の素晴らしさを実感することが出来ました。

上海で過ごした1年というのは、とっても貴重なもので日本の大学生活では、体験できない事を体験したと思っています。失敗を恐れず、前に進むって事が大切だと思うので、ぜひ、勇気を出して大学生活で一度は留学をしてみるのが良いと思います。

——————————————————————————————————————————————————-

たくさんお写真も頂いておりますので、お写真をみながら具体的なお話しをうかがってみましょう!

——————————————————————————————————————————————————-

最初の頃のエピソードってありますか?

では、写真をみながら。上段左の写真は上海に出発するときの写真ですね。出発日は2012年9月5日です。期待もありながら不安の方が大きく見ての通り笑顔がひきつっています上段右の写真が私たちが暮らしている寮の写真です。3時間のフライトを経てようやく上海に着きました。虹橋空港からバスに乗って15分ほどで寮に到着です。バスの中から町並みを見ているときに、漢字が目に入りホッとしました。

それで下の写真は最初にいった買い物です。到着した日に昭和女子大学から留学している先輩が地元のスーパーに連れて行ってくださいました。そこで携帯電話や生活用品などを買いそろえました。このときは本当に何もしゃべれなく、ニーハオ・シェシェ・笑顔でのりきりました

ありがとう。そういえば、昭和女子大学の他学科の学生も一緒に留学しているんだよね。今回のメンバーを紹介してください。

この写真は国際学科の同級生です。今回は、国際学科が18名、3年生(2回目の留学)が1名、日本語日本文学科1名、歴史文化学科2名が参加しました。日本のキャンパスより中国のキャンパスの方が大きく、校内にはグランドや一般人も遊べるような場所もあります。これは入学式の日の写真ですね!みんなでおそろいの交通大学のTシャツを着て写真を撮りました。「明日から授業だ!気合を入れて頑張るぞ!」って写真ですよ♪

この写真は良い写真だね~!ちなみに、向かって一番左でババーンとピースしているのが遠藤さんです。右から2番目が野村さん。積極的にいくぜ!という気合いが伝わってきますよね。

——————————————————————————————————————————————————-

さて、留学生活もスタートするぞ!ってところで「歴文生の留学だより~上海交通大学より~ 前編」は終了です。のちほど「後編」もアップしていきますので、しばしお待ち下さいませ。