諏訪原遺跡発掘調査だより~前半終了~ [2013年08月14日(水)]

山梨県北杜市諏訪原遺跡の発掘調査報告第2弾です。

今年度新たに掘り始めた地点から土器がまとまって出土しています。他にも土器片や石器が出土することから、この地点にも縄文時代中期の住居跡があると思われます

まずは最近の作業写真を。

左は出土した土器の文様が見やすいように洗っているところです。右は夕食後のミーティングと整理作業。

発掘調査自体は8月5日に開始し、2週間行う予定ですが、参加学生は前半組(1週間)と後半組(1週間)で入れかわります。

前半は8月10日に終了し、最終日には恒例の打ち上げをおこないました。作業を終えた後、明野町のひまわり畑を観光し、整理作業を終えたあと花火もしましたよ。

懇親会の一こま

調査前に教職員、院生、OGでお揃いのTシャツを作りました。

背中には諏訪原遺跡で出土した土器を持った歴まるくんが書かれています。

前は「01-014」!?これなんだかわかりますか?

「01-014」は北杜市がつけている遺跡番号でして、諏訪原遺跡を示します。

8月11日、前半参加の学部生が帰路につきました。 学生さん達の感想はまた後日の調査参加記にて!

8月12日からは後半の調査が始まります。

発掘調査だより第3弾もお楽しみに!