日本近現代史ゼミ企画・餃子パーティ! [2016年09月10日(土)]

こんにちは~、日本近現代史担当の松田忍です。

4年生の夏休みは卒論作成に向けての山場であります。夏休みまでにしっかりと土台を築いておけるかどうかが、最終的な論文の完成度に大きく影響します。

ということで、今年も夏ゼミを3回開催しています。昨日も卒業論文中間報告(4年生)6本、卒論テーマ発表(3年生)3本をおこない、長時間にわたって、しっかりと議論をいたしました。

しかし!!せっかくの夏休みなのに、ただ集まるだけではもったいない!!そこで、ゼミ終了後、近くの貸しキッチンを借り切って餃子パーティーを開催しました。お店で食事会を開くのもいいですが、自分たちでつくるのもまた良し。松田ゼミでも初めての試みです。

Party (3)

餃子ツツミーズのみなさま。こういうの本当に楽しいよね!

Party (2)

焼き手は、餃子の本場・宇都宮出身の学生!今回の企画の幹事でもあります。ご準備本当にありがとう!

Party (5)

餃子でお腹が一段落したら、お次はスペイン風オムレツ!スペインでのホームステイ経験のある学生(左)が完全再現してくれました。現地では「じゃがいものトルティージャ」っていうらしいです。外はカリッと中はふんわり。ほくほくのジャガイモが入っていて、めちゃうまです!

そして飲食店でのアルバイト経験を生かし、プロ顔負けの動きで業務用食洗機を回し続けてくれた学生(右)。そういや料理サークルにも入っていたな。お見事です。おつかれさまでした!

Party(10)Party(7)Party(8)

松田も作りましたよ。左は前日からつけ込んだ煮卵と玉蒟蒻。右は秋の味覚、新物さんまの炊き込みご飯。

Party(10)Party(9)Party (6)

10席ほどのカウンターがあってとても良い雰囲気の貸しキッチンです。お値段もお店で食べるよりもリーズナブル。

この企画は、もともと『家の光』とか『主婦の友』などの婦人雑誌に掲載されている戦時期レシピを再現して食べてみたいねというところから始まりました。すいとんとか、芋や南瓜を使った料理とかね。とりあえず今回は貸しキッチンの偵察を兼ねての餃子パーティになりましたが、また機会をみつけて、戦時期レシピ試食会もやりましょう!メンバー募集中!

さてさて、みなさまリフレッシュもできたかと思いますので、また気持ちを入れ替えて、あと3週間の夏休みしっかりと研究を進めていって下さいね!

ではでは。