研究展示「被爆者に『なる』」多くのみなさまにお越し頂きました! [2018年11月10日(土)]

こんにちは、「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト―被団協関連史料―」です。

秋桜祭での研究展示「被爆者に『なる』」、秋桜祭開場直後から多数の方にお越し頂き、最終的に289名もの方にご覧頂くことができました。心より感謝申し上げます。

さまざまな温かい感想や励ましのことばもいただくことができ、ほっと一息安心すると同時に、メンバー一同、力をあわせてプロジェクトを準備してきて本当に良かったと思っています。

展示は明日も10時から16時まで1号館3階3S07教室でおこなっています。たくさんのご来場者をお待ちしております。

私たちが展示を作るにあたっての問題関心は以下のパネルが一番よく分かるかと思います。どうぞご参考になさって下さいませ。

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。