秋桜祭展示当日のプロジェクトメンバー写真! [2018年11月13日(火)]

こんにちは、「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト」です。

展示準備があまりにもハードであり、秋桜祭前には情報発信の余裕が全くありませんでした。

やっと一息つけたので、じゃんじゃん情報発信していきますよ!

当日のメンバーの写真をアップします。

中心となって研究をリードした3年生4人組!秋桜祭2日目の晴れ晴れとした笑顔!準備日には全員目が死んでましたが笑

とってもお世話になった栗原淑江さん(ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会)と一緒に!

1年生、2年生も一生懸命頑張りました!和服の学生がいるのは着付けサークルと兼ねているから。

プロジェクトに参加するような積極的な学生ですので、だいたいが、なにか別の企画ともかけもちしておりまして、そうした意味でも、メンバー全員てんてこ舞いでした。秋桜祭実行委員会とのかけもち、ファッションショーモデルとのかけもち、演劇部とのかけもち、図書館ビブリオバトル運営とのかけもち、などなどです。そもそもプロジェクトリーダー自体が剣道部と学友会企画の「3足の草鞋」状態で、倒れかけていました笑

そんな超多忙な中で、動けない仲間がいるときにはサポートし合って、研究展示を成功にまで導けたのは大きな自信になりました。ミーティングも全員揃うのはとても難しかったですが、報・連・相をしっかりやって、小グループごとの活動にするなどの工夫をして、みんなが研究に参加できるようにしました!

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。