コロナ新時代の展覧会 [2020年05月26日(火)]

西洋美術史担当の木下亮です。

昨年4月このブログで、私が関わりました「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」の紹介をさせていただきました。ご記憶の方がいらっしゃれば嬉しいのですが。

 この展覧会は20194月から長崎県美術館を皮切りに、姫路市立美術館、札幌芸術の森美術館、静岡市美術館と全国を巡回した後、2020年2月8日に最後の会場にあたる東京ステーションギャラリーで開幕しました。
ところが展覧会は18日間一般公開されてから、新型コロナのために美術館が臨時休館となり、その後再開することなく45日に観客のいないまま閉幕を迎えました。

休館のまま最終日を迎えた東京ステーションギャラリー

とても残念な幕切れだったのですが、それでもひとつ喜ばしいことがありました。「バルセロナ展」でご一緒した企画会社の皆さんが、東京ステーションギャラリーの展示を記録した動画を制作してくださったのです。

「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」 動画URLhttps://curators.jp/barcelona/

展覧会を見逃したという方がいらっしゃいましたら、ぜひ視聴してみてください。

ちなみにバルセロナの美術館からお借りしている多くの作品は、契約していた航空会社の貨物便が運航しないため、いまだ都内の倉庫に保管されたままだそうです。
これまでに私たちが経験したことのなかった、コロナ×アートの話題でした。