2017年4月25日の理事長ブログ [2017年04月25日(火)]

ソメイヨシノが散り八重桜が咲き、若葉が輝く時期となった。
17日月曜日、午前中は雨の中熊本城の復興現場と阿蘇大橋を見に行く。熊本城は予想していたより被害を受けており、大工事。清正が築城した石垣は痛みが少なく後世補修したところのダメージが大きいそうだ。落ちた阿蘇大橋のそばの東海大キャンパスは無人で学生マンションも使われていないそうだ。行く途中車中で五百旗頭さんから、フビライを退けた後修好を図ったベトナムの英雄の話を聞き感動。午後羽田に着き、中途半端な時間だったので、荷物を家においてから高輪プリンスの城南信用金庫友の会の総会に出る。小泉元総理の講演はすべて反原発。終了後少しお話。
18日火曜日、朝秩父の守屋勝平さんが亡くなられたとの電話。副知事時代から20年、長い間応援していただいた方なので言葉もない。享年88歳。さぞ奥様も心落ちされているだろう。郷土を愛し、人を愛し、見事に生きられた。群馬の病院から帰還される日は桜が盛りだったという。
 秩父山河愛でたまいし守屋翁の帰りましし日ぞ桜いや咲け
大学へ行って打ち合わせ、ミーティングなど。13時打ち合わせ。15時雑誌取材。16時30分女性文化研究所の研究会で司会。主としてロシア戦線におけるナチ軍の性暴力について、ドイツ人のミュールホイザーさんの講演。外部の方も含め参加者多数。
DSC00704
19日水曜日、10時フレーミングハム州立大学の方がプログラムの売り込み。お昼ロータリーへ。14時30分学生たちの「ユメミルミズ」の撮影、共同プロジェクトについて世田谷区長と、副区長が見える。18時に出て霞が関ビルの会合。終了後太子堂。
20日木曜日、9時銀行によって大学へ。10時40分大学ミーティング。割と早く終わり、お昼留学生交流会へ。13時理事会、新プロジェクトにゴーサイン。15時に終わる。比嘉理事と少しお話。16時30分会計ファイナンスについて座談会。傍聴者も多く話しにくかっただろうが、関根公認会計士協会会長や白根日本FP協会理事長など皆さん的確に答えてくださる。終了後軽く懇談。
21日金曜日、10時井上さんの奥さんが会葬のごあいさつ。12時MOT振興協会の企画委員会。それから15時男女共同参画功労者選考委員会。大学へ帰ってから18時30分女性文化研究賞の最終選考会。有力な候補作に意見は分かれるが、良い結果になった。夜ジムへ。
22日土曜日、この週末は原稿が多いのでまずひとつかたづけてから鎌倉へ。小田急藤沢快速、江ノ電で行く。懐かしい相模大野、東林間、相模灘などを見る。鎌倉婦人子供会館の聴衆は100人ほどで少ないが、とても上品な女性たちで気持ちよく話せた。世話人の方たちもとてもご丁寧。帰りは品川まで横須賀線、それから広尾でGSWの最終打ち合わせ。六本木ヒルズでわかなたちと食事。帰宅してから原稿2本仕上げる。
23日日曜日、午前中はわかなが勉強会へ行くのでマー君の子守り。上二人は英毅さん。
そのあとジムによって六本木でGCグランドフェスティバルのフォトセッションへ。野田聖子さんの息子さんに久しぶりに会う。もう一年生。夕方はかぐみ、わかなの一家が来て夕食。原稿を仕上げずに寝る。

■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017年4月17日 坂東眞理子 理事長・総長
昭和ボストン
グローバルビジネス学部
国際学部
日経産業新聞 朝刊 17面
「国際・キャリア二枚看板」「女性の活躍語学で後押し」と題して記事が掲載されました。
=============================================
2017年4月18日 坂東眞理子 理事長・総長
公明新聞 6面
「若いうちから鍛え、育てる」と題し、記事を掲載しました。
=============================================

2017年4月18日の理事長ブログ [2017年04月18日(火)]

今週は桜がまだけなげに咲き続けてくれたので、春の心はのどけさにほど遠くすぎた。
10日月曜日はこども園の入園式、3歳児ではじめて入園する子どもたちが阿鼻叫喚、どうなることかと思われたが、だんだん落ち着く。
DSC00671
子どもより保護者向けに「やればできると自己効用感のもてる子、体力のある子、知的好奇心のある21世紀に生きていける子を育てたい」とごあいさつ。あんなちゃんもおとなしく座っている、英毅さんも休んで来ていたらしい。夕方は照山さんに感謝の会食。
11日火曜日、9時半打ち合わせ。10時40分大学ミーティング。13時出版社の編集者、新著について打ち合わせ。14時半ダイヤモンドオンラインの取材。16時半中高部将来構想検討委員会で安田さんの話をきく。女子中高をめぐる厳しい状況に粛然、同時に30年前と比べ偏差値ランキングの変動の大きさを見ると昭和も「やればできる」と思う。
12日水曜日、9時実践倫理にて昭和女子大学の理念、多くの機会を提供していることを話す。新入生はとても真面目に聞いてくれる。12時15分女性文化研究所所員会議、もっと多くの人に関わってもらい、もっと活動しなければと思う。13時半ブックエンド北村さん。14時ビジネスデザイン学科特殊研究講座で吉田晴乃さん、従来の日本にいない新しいタイプの女性経営者で魅力的。15時テンプル大学の副学長補佐のO’Connor教授、とても真面目で学究肌の女性。16時半大学を出て越谷へ、地下鉄で1時間余り。副知事時代からの知人もたくさん来てくださり、サンシティで講演。終了後、江原さん、関根さん、戸塚さんと食事をして帰る。たくさんお花をもらったので、江原さんがタクシーを手配してくれ1時間で帰る。
13日木曜日、9時大学部局長会。10時頃から大学ミーティング、12時前に終わる。13時常勤役員会。16時ミャンマー女子学院の土屋さん、昭和女子大学として関わるには時期尚早だが、なんとか人的な交流を深めるのが先。夕方太子堂へ、猫の手要員。
14日金曜日、10時外出。12時経済同友会の昼食勉強会、世界の金融情勢についての森口さんのスピーチはとても考えさせられた。15時経済界の新しい雑誌の取材。16時日本看護協会の井伊さん、看護フォーラムの打ち合わせ。17時ダイバーシティ推進機構の産学連携ダイバーシティ研究会であいさつ。18時半熊本震災一周年の日に非常食イベントであいさつ。その後太子堂へ。
15日土曜日の朝、神田川沿いの桜を見にサイクリング、花いかだ花吹雪で、行く春をおしむ。
川水はゆたかににごり桜花 月と散る日に春惜しむかな。
12時ジムで運動した後、現代ビジネス研究所の研究員の発表に遅れて参加。新しい研究員の方も加わり発展を期待。19時国際文化会館で赤松政経塾で講演。私の前の講演が高橋ひとみ北海道知事。付き添いの県職員が5人、高校の後輩だが、久しぶりに会うと、通産官僚だった頃とまったくイメージが異なっている。
16日、朝7時に家を出て熊本へ、復興会議。益城町を訪問。まだブルーシートは残っているが、木材の復興住宅は魅力的。
益城町のきばに髙くこいのぼり 青葉の光あつめて泳ぐ。
夜、久しぶりに蒲島知事はじめ復興会議の皆さんと公邸で歓談。御厨さんのご苦労を聞く。私は「退位」でなく「譲位」とすべきという意見だが、日本の皇室制度はガラス細工のようなフィクションの上に成り立っているので、少し動かすにも細心の注意が必要とわかる。

2017年4月10日の理事長ブログ [2017年04月10日(月)]

今日は満開の桜に1日雨が降り注ぐ。今週は桜と入学式ウィークだった。今年の桜は開花が早かったが、寒さや雨に耐えなければならなかった。
4月3日月曜日新入生がキャンパスにあふれている。午前は転任のあいさつの来客と清流のインタビュー。竹内さんはヒマラヤトレッキングに行ってきたそうだ。Someday 私もいけるといいのだが。14時30分内閣府の武川局長。シンポジウムの打ち合わせ。16時職員の集い。新しいポストに就いた人も多いが、ぜひプロデューサーとして仕事をしてほしいとお願い。夕方5分咲きの桜の花に激しい雨。福島さんに頼まれていた富山県の小矢部の方々の会合で「地方創生とシニア」と題して短い講演。野上、橘、堂故、山田など地元国会議員が勢ぞろい。乾杯のあと失礼して20時過ぎに太子堂へ。
4日火曜日は晴れて桜の開花が進みそう。8時40分から中高部の教員会議でスピーチ。3つの危機意識を共有してほしいと話す。10時40分大学ミーティング。13時アドミッション部長。入学者が定員の101%というのは神業に近い。経営的にはもう少し多く取りたいところだが質の上昇を期待しよう。15時30分公認会計士協会。関根会長は初めての女性で話が弾む。靖国神社から北の丸は桜見物の人でいっぱい。いろはをピックアップして太子堂へ。
 5日火曜日、10時宮内さんとブロードリンクの方たち。朝日生命からドロップアウトした方が創業した企業なので関係者多数。10時半シュワルツさん、そのあと世田谷区と連絡。お昼は東京ロータリークラブへ。14時30分日経新聞。15時30分ビジネスデザイン学科の教員。
夕方帝国ホテルで社会情報大学院大学の開学パーテイ。盛会で改めて感銘。
6日木曜日9時半から初等部の入学式。子供の名前がみんなユニークで読めない。保護者席はいっぱい。10時40分大学ミーティング。13時から15時までJAFEと日経DUALとタイアップして行ったアンケートについてディスカッション。18時30分からGSWのコアメンバー会議。アイリーンとせめぎあい。ユースフォーラム、スカラシップどちらも応募者が予想以上に多い。かえり桜を見て帰るが22時ごろから雨。
7日金曜日は理幸君が熱があるというので太子堂へ寄ってから井上さんの告別式。まだ56歳と若い。生天目さんが心のこもった弔辞。12時過ぎに大学へ帰る。14時読売。15時週刊誌のインタビュー。本についての感想だがどれを挙げるか迷う。いろいろ読んでいるはずだが「心に残る」本というとどうも日本文学に偏っている。18時国立公文書館で日本国憲法成立関係の展示。尾崎さん、羽入さん、加藤さん、菊池さん、石原さん、河村さんなども見えている。19時過ぎに日本橋で会食。
8日土曜日は小雨のなか中高部の入学式。
DSC00670
11時30分理事の皆さんと昼食。山崎監事が良く出席してくれる。13時30分と15時に在学生への講話。白河さんも来訪。17時過ぎわかな達。雨も上がり子供たちも運動したいのだろう。食事のあと一緒に太子堂まで行きお手伝い。3人の世話は本当に大変だからできるだけ手伝う。
9日の日曜日は1日中雨。午前中は校正と短文を書いてからジムへ。美容室でカット。原稿を3本書き、夕食にわかなも香久美も英毅さんも来る。夜、雨が上がったので目黒川まで桜見物。

2017年4月3日の理事長ブログ [2017年04月03日(月)]

4月2日は入学式、3,4分咲きの桜のもと新入生を迎えた。日曜日なので保護者も多く人見記念講堂は午前、午後ともぎっしり。
今週は年度末から年度初めで節目の行事が多く、中身の濃い1週間だった。
DSC04957
3月27日は氷雨の中、鎌倉から帰り、五十嵐さんとお昼をとった後大学へ。3時から日経産業新聞の取材
3月28日は午前10時から文科省で会議。お昼からホテルニューオータニで株主総会。たくさんの株主が出席されているが、欧州ビールの買収についての質疑は出ず、優待についてのご要望が多い。終了後同じホテルの同じ階で私立大学連盟懇談会に出席、政治家の方たちが多数。
理科大の本山さんなども出席。
29日は10時からSDとして若手職員から100周年の迎え方の提案を聞く。とても意欲的。提案したチームを核に実行委員会を作ろうと人事部長に言うが動いてくれるかな?14時少し前、小池知事が東京都の交通安全の集いにご出席のため人見記念講堂へ来られたのであいさつ。
DSC00401
15時30分、16時、16時30分打ち合わせが続く。17時ダイバーシティの企業総会。ぜひ参加企業を増やしたい。懇談会に19時半過ぎまで。太子堂へ。
30日9時半から内部監査についての報告を聞く。膨大な報告書と資料。10時40分大学ミーティング。比較的早く終わったので12時20分ごろに出てわかなと九段下で待ち合わせ、北の丸公園、国立近代美術館、大手町から千代田線で乃木坂の国立新美術館。草間彌生さんの展覧会はすごい人だが、ミュシャ展もそこそこ。「スラブ叙事詩」の連作、大作はまったく彼のイメージを変える。同時にフスとハプスブルグ家以外は東欧の歴史の教養の欠如を痛感。桜は2分咲きだが暖かくなった。私は平日の昼間に私用で外出するのはまだ罪悪感があるのだが、どこもシニアを中心に人出が多い。豊かな高齢社会なのだ。いろはを迎えに行き、公文まで。早めにジムに行って大塚トレーナーの最後のレッスンに出る。長い間、親切にしてもらったので感謝。区立保育園に勤務するそうだ。
31日は退職退任式。45年間の槍田さんはじめ関口先生、久下先生など長い間誠実に昭和女子大学を支えてくださった方たちがご退任。自分が年を取っているせいか、この方たちはまだまだ仕事ができるのにと思う。高齢者のNEXT STAGEは重要な課題。
木下さんがサバティカル終了報告。みんな異動でかたづけ整理をしているが私は相変わらず。保坂さんから「THE世界大学ランキング日本版2017」の説明。きっと100位以内に入れるかどうか競争が始まる。18時から理事長室の打ち上げ。そのあと異動者と懇談。

4月1日は8時45分辞令交付式、まずは新しい役職者、次いで新任者に辞令交付。役職者には覚悟を求め、新任者には少し優しくはなす。10時半教育会議、11時半大学部局長会議。13時理事会。と次々と会議。

理事会は素晴らしい方たちに加わっていただき、メンバー一新。
4月2日はうららかに晴れて入学式。日曜日だということもあり父上の参列も多い。フランクさんに入学式で話してもらう。比嘉さんだけでなく川平さん、平尾さん、小島さんも列席。客員教授になっていただいた鳥飼さんも来てくださる。藻谷さんは羽織袴。
我が家の大事件としては未明にチエリーが死去。享年20歳と10か月。この3か月余はだいぶ弱っていたがこれまでとても元気で、母の相手をし、子供たちの成長を見守ってきてくれたので寂しい。きっと天国の母のもとに行っているだろう。

2017年3月27日の理事長ブログ [2017年03月26日(日)]

東京の桜の開花宣言は21日だったがそのあとも気温は低めで開花はゆっくり。どうか4月2日の入学式まで持ちますように。
 
 3月21日(火)は雨の中、開花宣言。朝11時からNPO昭和の理事会。子育て系と「らぷらす」の男女共同参画系とそれぞれ性格は違うが、スタッフの献身に支えられて何とか回っている。保育人材の確保が難しくなっている中でもやっていけるのはありがたい。それにしても重要な仕事をしていても行政からの業務委託なので十分な労働条件を提供できないのが申し訳ない。お昼は桜井さんとおしゃべりしながら一緒に。鹿島さんが入院するそうだ。13時、14時、15時と来客。18時からプレスセンターで勉強会。トランプ政権以降の世界経済・政治の動きについて。ここはなかなか上質な議論が行われて楽しい。
 22日(水)は横浜国大の経営協議会。片道1時間余りだが遠い。大学によって雰囲気は違う。14時30分頃ごろに大学に着く。夕方、公共政策調査会の30周年パーティ。村上さんや五十嵐さんが気を使ってくれ長官とも話ができてよかった。終了後太子堂。
 23日(木)10時40分の大学ミーティングの前に2,3打ち合わせ。昼食をとってからまた半蔵門で犯罪被害者支援基金の評議員会。大学に戻って週刊誌の対談。相手の方はセールス・トレーニングの専門家で感心すること多々。わたしには生まれつき営業能力が欠けていると思っていたがトレーニングで変わるのだろうか。16時20分アドミッション部長。入学者を定員100%に抑えるというのは至難の業。三軒茶屋で前半はわかな達と、後半は大学の人と夕食。太子堂による。
 24日(金)は9時10分から1時間半新任者研修の講義。初心を忘れず頑張ってほしい。質問も多くよかった。私がいつも「言われたことを言われたとおりにやるだけではだめ」というのはAI時代だからこそ必要な資質なのだと質問によって気付く。
DSC00367
11時椎野さん。退職されるが今までキャリア支援で本当にお世話になった。14時過ぎにいろはが顔を出してびっくり。
16時30分。世田谷区の方。夜太子堂へ。
 25日(土)附属合同研修会であいさつ。附属校の取り組みをきく。お昼ジムに行くが、よく指導してくれた大塚さんが3月末で転勤するそうだ。15時30分産経志塾。17時30分に帰って夕食の用意にぎりぎり間に合う。わかなもかぐみも来る。タイミングよくホタルイカの刺身が届く。
 26日(日)朝ジムでヨガをしてから天風会で講演。雨の中たくさん集まってくださり熱心に聞いてくださる。それから鎌倉に行き岩男先生などと一緒にそば懐石。

2017年3月21日の理事長ブログ [2017年03月20日(月)]

3月は旅立ちの季節。16日は大学の卒業式、18日にこども園卒園式そして20日は小学校の卒業式。この子たちが21世紀を担うのだ。天下の秀才を集めて教育する君子の三楽ではないが、「天下の普通の子をしっかり社会を支える人材にするのはまさに経世済民の最たるもの」でないかと思う。

 13日(月)は東京医療センターでピロリ菌の除菌結果の検査。たくさんの重い患者さんたちが来ているのに私のような人間が行って負荷を高めてはいけないと自省。大学で14時、14時30分と来客、15時10分福島教授の最終発表を聞きに行く。その後いろはをこども園に迎えに行く。夕方目黒雅叙園で邦楽のディナーショー。初めて参加したが、長唄あり、津軽三味線あり、車文楽あり、なかなかのものだった。主催者の夫君は元経産省。同じテーブルに昔からの知人が集まり、いろいろおしゃべりもでき、有益な情報も得られた。
 14日(火)9時30分理事会前打ち合わせ。10時40分大学ミーティング。14時から霞が関クラブで講演。霞が関ビル1階にこんな講演ができるスペースがあるとは知らなかった。理事は霞会館や尚友クラブなどの上品な方々。200人余りだが観客と距離が近い。小雨も終わるころには曇り。大学に帰り、そのあと太子堂。
 15日(水)は11時北本教授、午後来客。太子堂。
 16日(木)はうららかに晴れて大学・大学院の卒業式。今年からは学長でないのでアカデミックガウンは着ないで、昨年買ったロングドレス。午前と午後の2回。卒業式で学生一人一人に証書を手渡す形はやめることになった。午後グローバルビジネス学部の第1期生が卒業。新しいタイプの学生が加わり新しい分野に巣立っていく。18時30分ヘルシーソサエティの表彰式ディナー。ジョンソン&ジョンソンがスポンサーだが豪華。いろんな方と会う。
 17日(金)9時30分、10時、10時30分と来客。お昼グローバルラウンジでU-MASSの学生を迎えてKAKEHASHIプロジェクトの交流会。ちょうど謝恩会用の着物袴の学生もいたので連れていく。ポール渡辺さんのような知己を今後とも大事にしなければと思う。司会していた学生もとても積極的で英語もうまく、こんな学生が増えてきてくれてうれしい。2年生の子も第1志望ではなかったが昭和女子大に来てよかったといっている。
P1110403

P1110440
13時評議員会、14時30分近くまでかかる。15時から理事会で、評議員の方とあまり話ができず。15時から14時間余り理事会。18時から退任される方の送別もかねて夕食会。本当にいい方が多かっただけに退任されるのは寂しい。
 18日(土)、こども園の卒業式。ナーサリーの卒業式の時は赤ちゃんがここまで大きくなってと感慨深かったが、こども園はどうだろうと危ぶんでいたが一人一人はかわいく、立派に夢をかなえてほしいと思う。ジムで運動した後立山町の物産展に日本橋に行くが別会場に昭和の製品があったそうでがっかり。連絡不足。夕食はかぐみたち。長女のゆいりちゃんの小学校の卒業式、こども園の卒業式と重なり出てあげれなくてごめんなさい。
 19日(日)原稿を書き、ジムに行き、のんびり過ごす。夕食にわかなと子供たち。
 20日(月)は小学校の卒業式。みんなきちんとしている。夕食に小山さんご夫婦も。
=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017/3/14
坂東 眞理子 理事長・総長 「公明新聞」 
====
「企業は新しい発想を利用して」と題し、記事を掲載しました。
=============================================
2017/3/17
坂東 眞理子 理事長・総長 「RFラジオ日本」 
====
番組名:「こんにちは!鶴蒔靖夫です」(1422kHz)に出演しました。
放送日時:2017年3月17日(金)11時30分から11時50時
=============================================

 

2017年3月13日の理事長ブログ [2017年03月12日(日)]

春の訪れを感じさせるものは桜の開花予想と就活学生の黒スーツ。
東日本大震災からもう6年、小学校に入学した子供が卒業する。

  六つとせはいと疾く過ぎぬ幼子は乙女となりて未知に踏み出す

 3月6日(月)は朝、中野の税理士さんの事務所へ。1年に一回の年中行事。早く終わって大学へ。13時30分来客、15時、沼さん、16時来客、17時に時田さんと大学を出て広尾でGSWのミーティング。アイリーンに中村さんも負けてはいない。ユースフォーラムについては責任をもって準備するつもりだが、お金集めはみんなどうしてこんなに上手なのか感心するばかり。終了後懇親会。
 7日(火)9時30分アドミッション部長。定員をオーバーしないようにという保守的な合格者数なので辞退者が多いと定員割れするのではないかと心配。10時40分役員会打ち合わせ。12時20分現代ビジネス研究所の運営委員会。13時拡大大学部局長会で卒業査定、進級査定。15時30分教育会議。退職教員の紹介とごあいさつ。3、40年の長い間勤務してくださり、昭和女子大学の苦しい時を知っている方がどんどん退任していかれるのは寂しい。19時30分からテンプル大学との合同で八代教授の講義。質疑応答も活発でとても良かった。若手でも英語で講義してくださる方が続々出て来てくださるといいのだが。子供たちが一緒に行きたいと言ってきかないので、杏奈ちゃんだけいい子にしていると約束でくる。ほんとにいい子だった。
 8日(水)国際女性デーなので、朝日新聞にキャリアママインターンシップの紹介記事。
いろいろ反対があった中、頑張ってくれた担当者に感謝。10時30分来客。お昼ロータリークラブ。久しぶりで武藤敏郎さんとおしゃべり。15時「毎日が発見」の写真撮影。いったん太子堂に行って食事を手伝ってから、いろはちゃんと渋谷のヒカリエの「Happy Woman Festa 2017」のトークセッション。カジュアルな会だと思っていたのだがマスコミも取材。
image2
いろはが緊張してはじめは泣きそうだったが川崎さんに助けてもらってそのあとはいい子。昭和の中高部を卒業してNYで活躍している人や、ケニアからバラを輸入している女性などパネリストもユニークな方が多く、聴衆も熱心に聞いてくださった。終了後毎日新聞の明珍さん。中国大使館で会ったという人たちもたくさん。
 9日(木)中学の同級生の酒井さんの教え子だという女性が大学院で勉強しているというので会う。富山出身で頑張ってきたのだと感心。10時40分大学ミーティング。13時常勤役員会。16時採用予定者面接。17時次期監事予定者来訪。太子堂。
 10日(金)10時30分来客。経済同友会金曜昼食会、出席率15%は我ながら低い。大学に行き、女性文化研究所の運営委員会。続いて女性文化研究賞の選考委員会。同じ候補作でも読んだ人により評価が分かれるのが面白い。今年は優秀作が多い。18時ダイバーシティ研究会の中間発表。予備調査の分析なのだが皆さんなかなか優秀でよい発表だった。太子堂に寄る。
 11日(土)午前中ジムへ寄ってから群馬県長寿財団のイベントで講演。良い天気で秋間梅林などへ足を延ばすとよいのだが直行直帰。皆さん熱心に聞いてくださる。新幹線の中で外山さんの本を読み、「朝散歩、予定表、招く」は真似たいが朝はやっぱり無理か。
 12日(日)は朝寝坊。ジムに行き、本を読み、わかなの誕生会で外食。
 

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017/3/7
坂東 眞理子 理事長・総長 「公明新聞」 6面
====
「多様化するリーダーシップの形」と題し、記事を掲載しました。
=============================================
2017/3/8
坂東 眞理子 理事長・総長 現代ビジネス研究所 「キャリアママインターンシップ」参加学生 「朝日新聞」 朝刊39面
====
「共働きの育児 学生が体験」「家庭にインターン『体で理解』」と題して、「キャリアママインターンシップ」の取り組みと参加学生が紹介されました。

2017年3月6日の理事長ブログ [2017年03月05日(日)]

2月は逃げてもう三月、梅は盛りを過ぎ沈丁花が香る。啓蟄というとおり植物も動物も新たに動き出し、高校生は卒業。

 2月27日(月)は何も予定が入っていないので女性文化研究所の整理。絵や、書などの額や人形などの整理はあまり時間をとらないが40歳代、50歳代の自分の寄稿やインタビューが乗っている雑誌や新聞や写真がダンボロールに10箱近く。引退したら昔を懐かしみながら整理しようと思っていたのだが、まだ手付かず。当時は写りが悪いと思っていた写真も今見ると懐かしく、なかなか捨てることができない。
 夜は、わかなが英毅さんが早いので来なくてもよいというのでジムへ行ったりのんびり。
 28日(火)は石間夫妻も見えて石間奨学金交付式。こうした給付型の奨学金を設けていただく同窓生には心から感謝。10時40分大学ミーティング、13時30分現代教育研究所の次期所長と将来の構想について。もっと教育に関心を持つ方に研究員になっていただく工夫が必要。14時増澤さん、山崎さん。グローバル人材育成推進事業が今年度終わるのでそのあとの体制つくり。この事業のおかげで大学は本当に国際化が進んだ。
 3月1日(水)9時30分アドミッション部長。入試の全体像が見えてきた。英語コミュニケーション学科、国際学科、ビジネスデザイン学科、心理学科、環境デザイン学科が1000人以上の志願者を集めて健闘。全体で1万2千人にほんの少し届かず残念だが来年こそと明確な目標。津田塾大学の総合政策学部が成功したのは女子大全体にとって良かった。11時NHK文化センターの方が講演の打ち合わせ。お昼はロータリークラブへ。北城さんと大学経営協会の話。奥山元公認会計士は今は共立の監事だそうだ。大学に戻り15時アビューザさん。ボストンのサマーセッションに参加者を増やすにはどうすればよいか話し合い。まず現代教養、心理などの学科と話し合い、希望を聞いてプログラムを作成してはどうかと提案。なぜせっかくの機会を活用しないのかと怒っているだけでは参加者は増えない。夜マー君に食事をさせてから男女共同参画室時代の人達との同窓会。もう18年だが皆それぞれ頑張っている。帰り、雨に降られる。
 3月2日(木)朝、アサヒグループホールディングスの取締役会。13時30分北陸電力の方々がフォーラムの御礼。16時読売新聞の稲沢さん。18時過ぎ久しぶりで秋篠会。フルメンバーが集まる。梶谷さんはもう80歳だそうだがお元気。
 3日(金)は中高部の卒業式で8時45分記念講堂。森監事も来てくださる。厳粛で生徒もしっかり。同窓会からの祝辞で人見楠郎先生の厳しいけれど真摯な教育が生徒たちに伝わっているのに感動。
DSC00268
13時30分コロラド大学との交流について。外国人学生に日本料理を体験させたいが調理室は実習以外では使わせていないという。こんなところにも既得権。
15時30分、16時と面談。18時30分中国大使館で国際婦人デーのパーティー。政治家、友好協会の方が多数。汪婉大使夫人からの依頼でご挨拶。皆さんがとても良い挨拶だったと言ってくださるので気をよくする。色々な方とお話ししておいしそうな中華料理を一口も食べられず。
 4日(土)は3月期入試には出ず、午後、寺田倉庫と健康デザイン学科のグルテンフリーの料理の発表会。中野社長は相変わらず個性的。学生に温かいコメントをいただきホッとする。グルテンフリー協会の方のコメントが正鵠を得ていた。
DSC00304
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

DSC00290
そのあと押谷教授の最終講義と懇談会。講義は遅れて聞けなかったが押谷さんの人脈の広さを反映してたくさんの方が参集。
 5日の(日)はうららかな梅日和でどこかに出かけてもよいのだが相変わらず自宅で女性文化研究賞候補の本を読んだり、原稿を校正したり、料理をしたり、花の苗を植えたり、自転車で豪徳寺まで出かけたり、のんびり過ごす。夕食にかぐみ一家、わかな一家全員集合。

2017年2月27日の理事長ブログ [2017年02月26日(日)]

この1週間は春一番に続いて、春2番、春3番が吹き荒れそのあと寒気が流れ込み冬に戻りまた南風が暖気を運んでくる繰り返しだった。黒い冬のコートがふさわしくない季節が近づいている。大学は授業が終了し、学内にいる教員も少ないため会議や打ち合わせが少なく時間に余裕がある。

 2月20日(月)日経新聞の原稿が掲載され外部の方からは共感したとのメールも来るが大学の人はノーコメント。10時からオーストラリアのクイーンズランド大学とテレビ会議。坂東真理子基金から若手研究者を招聘する案について大変喜んでくださっているのでこちらもうれしい。11時30分からラジオ日本で番組収録。10年ぶり。いったん大学に帰って打ち合わせなどをしてから三井住友海上へ。そのあと少し早めに首相官邸に行き日本ベンチャー大賞の授賞式。女性部門の山口さんは立派な和服。ニューオータニで懇親会だが19時30分過ぎに失礼して広尾でGSWのコアメンバー会議。大企業から1000万、500万円と寄付を集めているのに感心。
 21日(火)は10時40分からミーティング。13時30分アドミション部長の説明。定員を超過しないために厳しい綱渡り。今年定員増をしていない大学は新学科、学部も作らず、改編もしないつもりなのだろうか。14時30分富山県朝日町の町長さん。若くて張り切っておられる。
DSC00237
15時産経新聞、18時過ぎに大学を出て駒場東大内のレストランへ。平尾さん、小島さんなどの送別会。終了後太子堂へ行き少し手伝い。
 22日(水)11時、鈴木雄二さん、ヨーロッパから朝帰国したそうだがとてもお元気。少しずつ理解していただければよい。13時写真撮影。14時古田土さんと段谷さん。15時30分から同友会の人材育成委員会。そのあと西麻布で江口さんや毎日出版の方と会食。
 23日(木)、大学へ行ってから日本工業倶楽部で「歴史文化から見た日本の家族」と題して講演。尾崎さんや島田さんなどそうそうたる方が聞いていらっしゃるが専門外のテーマで楽しく話す。父系主義の中国、韓国と異なり双系主義の日本は財産を娘に社会的地位は息子に伝えたことなど継体天皇から江戸の商人まで礼をあげる。お昼は和食堂で本田さん、増岡さん。そのあと岡崎奨学財団、一度大学にもどり18時から東麻布で会食。
 24日(金)朝、白河さん。お昼から渋谷でジャパンライフシステムズの谷口さん。お年を召しても発想が新鮮で刺激的。15時30分カタリストの塚原さん。早めに公文から太子堂へ。
 25日(土)朝8時過ぎに家を出て大阪へ。タクシーで会場の大阪ガスのハグミュージアム。
13時30分から講演。食育について。雑誌のインタビュアーは「手間暇かけて本物の味を」という主義。ハレの食、ケの食とメリハリを利かせなければならないという私の説と少し違う様子。18時30分に東京駅。そのあと野坂さんと夕食。おしゃべりをたくさん。大学時代に戻ったよう。
 26日(日)1日家にいて原稿を書き、ジムでヨガをし、布団を干し、洗濯をし、買い物をして、料理を作る。夕食にわかな一家。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017/3/1
坂東 眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」3月号 全国信用金庫協会 p9-10(2頁)
====
連載「ホーム・ジャーナル」に「高齢者は七十五歳以上」と題して記事が掲載されました。
=============================================
2017/3/1
坂東 眞理子 理事長・総長 「VERNALISTA」3-4号 株式会社ヴァ―ナル p24-25(2頁)
====
「女性らしい知性を磨きましょう」と題して記事が掲載されました。
=============================================

2017年2月20日の理事長ブログ [2017年02月19日(日)]

春一番が吹き荒れたかと思うとまた寒の戻り、三寒四温という通り、春と冬が行ったり来たりしながら日の光は日増しに力強くなっていく。
 13日(月)は少し寒さが緩む。10時農林中央金庫の方々、11時ボストン校のカレンとジョン。レベルの違う学生たちに教え方を変えてくれるように頼む。伸びる学生を伸ばさず、手間のかかる学生にエネルギーと時間をかけすぎるのは考え直すべき。13時30分理事長・学長講話。学生たちがたくさん出席してくれる。14時30分英語コミュニケーション学科、BLIPの今後の方向について。3学期目は海外の大学の科目履修をさせるのに賛成。15時30分清流出版、16時30分テンプル大学ストロナク学長。18時30分ごろ予定より遅く羽田からわかな達がやってくる。みんな元気で鹿児島を楽しんできたようだ。早めに帰ったのでジムのパーソナルトレーニングでフォームを直してもらう。
 14日(火)はバレンタインデー、オーストラリアのチョコレートを持っていく。10時から地域連携センターのプロジェクト型インターンシップの発表会。協力してくださった企業の方、自治体の方も見えてありがたい。いろんなところでプロジェクトが行われている。統一したほうがすっきりするかもしれないがいろいろ多様なやり方があってよいだろう。13時から文部科学省の会議。14時30分に退席して大学に帰って大学ミーティングへ。16時30分ベトナムハノイ国家大学の学長と学部長。とても国際的なバックグラウンド。17時武藤さん。ダイバーシティ推進機構について。19時30分半蔵門で外務省の方たちと会食。本当に気持ちの良い人たち。皇居の森の向こうに丸の内のビル街、そこに月が出て美しい。
 15日(水)は8時に迎車でアサヒグループホールディングスへ。指名委員会、報酬委員会。取締役会。12時過ぎに終わったのでロータリーの例会へ。その後、多田さんとお話。15時から熊平さん。今後のことをいろいろと話をする。太子堂へ。
 16日(木)9時大学部局長会。その後大学ミーティング、将来構想委員会と続く。ビジネスの定員をどうするか。13時理事会。議題は多かったが2時間で終わり、新しい理事も承認していただく。16時山田さん、保坂さんと新学科の広報についてディスカッション。公文によって太子堂。
 17日(金)10時読売新聞の稲沢さん。学生の半数以上が定年まで働くと答えるようになったそうだ。12時日比谷で野田聖子さん福田さんと会食。15時ヴァ―ナル取材。テーマが「服装について」なのであまり得意ではないため話せず。16時公明新聞。18時30分理事長室の人たちと食事。
 18日(土)朝8時前に家を出て新幹線で広島へ。1500人ほどの国際会議場のフェニックスホールが満員。熱心に聴いてくださる。帰宅は20時30分を過ぎる。広島滞在は3時間、新幹線乗車時間が8時間。帰りの大阪と京都の間で虹。飛行機よりまとまった時間が取れるので女性文化研究賞の候補作を読む。
 19日(日)10時30分光葉同窓会新支部設立総会でごあいさつ。安西さんや加藤さんも御出席。
DSC00236
13時帝国ホテルでオーストラリアのタウンズビルのスーザンといわき市の矢内さんと久しぶりに会う。昨日は二人で歌舞伎を観たそうだ。私は何十年と観ていない。ジムによって買い物、わかな一家が夕食に。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
2017/2/16
坂東 眞理子 理事長・総長 WEB 日経DUAL
====
「『脱いい子』で新リーダー像」と題して、インタビュー<前編>が掲載されました。

=============================================
2017/2/20
坂東 眞理子 理事長・総長 日本経済新聞2月20日版 朝刊 22面
====
「私大の自己改革 評価を」と題して記事が掲載されました。

=============================================