2012年8月

前期終了 [2012年08月06日(月)]

 今週で前期も終わるが、暑い日が続く。

 7月30日(月)午前中は朝日生命取締役会。お昼は昭和ボストン理事のハントさん。奥様の裕子さんのご縁もあってとてもよいアドバイスが頂けそう。投資家だけあって資産活用にも積極的。夜は久しぶりで「筧」に行く。7月末で閉店というのでさびしい。精養堂というパン屋さんも閉店するというので、アンパンを頂く。小さな個人の店がどんどんなくなっていく。
 31日(火)は試験の答案を返すとともに、現在の日本の課題について話す。その後、学長室打ち合わせ、3時間目試験の後、15時からP&Gの方たちとインターンシップについて打ち合わせ。夜は、銀座で江利川さん、辻元さんらと会食。久しぶりに国家社会を論じて楽しい。
 8月1日(水)1時間目は、前期最後の『実践倫理』。短大の学生と、学部の学生と態度が違う。11時NWEC検討会の最終案について文科省の担当官の説明。13時西本願寺系の雑誌のインタビュー。14時30分から齋藤ウィリアムさん来室。チーム、成功などの定義が新鮮。
 2日(木)午前中はアサヒビール取締役。その後、プレスセンターでMOT学会と協会の懇談会。大学に戻り、イロハをピックアップして長岡へ。渡辺さんのマンションで豪華な花火を堪能。
 3日(金)は、秘書の川崎さんがダウン。みんながかわりに支えてくれる。人事案件も決着し、今学期中に処理すべき事務は大体終わる。角川の編集者から催促のメール。そろそろ書き始めなければ。
 4日(土)は富山中部高校同窓会の総会へ。久しぶりで懐かしい人に多数会う。
 5日(日)、紀尾井ホールで足立禮子氏の新作能「ひめゆりの乙女たち」。能は鎮魂の芸術だと改めて確認。夜、ユリちゃんの誕生日のお祝い。