2019年2月

2月7日(木)に特別講演会が行われました。 [2019年02月22日(金)]

2月7日(木)にグローバル化推進事業特別講演会が行われました。

 

今回は、ブルネイ工科大学の食品科学・工学プログラムの准教授である

Syazana Abdullah Lim氏をお招きして、

「Food Culture in Southeast Asian Muslim Societies」というテーマで、

東南アジアの食文化とハラルフードについてご講義をしていただきました。

東南アジアは文化の多様性が特徴の一つとして挙げられ、食文化はそれぞれの国の環境や地理的条件・歴史的要因が関係していていると学びました。

ハラルフードには食べようとしている動物が許可されているものであるかどうか、適切な方法で屠殺されているかどうか、アルコールが含まれていないなどの厳密な決まりごとが沢山あり、ムスリムが食べられる食品が限られていると知り、とても驚きました。

ハラルフードは厳密な決まりごとがある中で、ハラル認証を受けたものは清潔かつ安全に管理された、高品質で健康的な食べ物であるとして注目されていることも知ることができ、学ぶことが非常に多い有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学部1年生  NS

 

輝け☆健康美プロジェクトの報告会が行われました。 [2019年02月05日(火)]

1月16日(水)に輝け☆健康美プロジェクトの活動報告会が行われました。

健康美プロジェクトは食安全マネジメント学科と管理栄養学科と健康デザイン学科の3学科で一緒に活動しています。

報告会ではそれぞれのプロジェクトの目的 や活動状況、今後の活動予定などを発表しました。

 

私は宇宙食プロジェクトに参加し、日本科学未来館・遠藤プロジェクトと共同して宇宙食の開発プロジェクトを行っています。宇宙食への知識を深め普段の授業では体験できないことを学ぶことができました。

今後はJAXAとも共同して宇宙食をコンセプトにしたメニューの開発を行い、来年度中に日本科学未来館で提供することを目指しています。

↑宇宙食プロジェクトでの講義の様子。始めは資料をもとに開発に必要な知識を学んでいます。

 

この他にも企業と共同でメニュー開発をしたり、ドッチボール大会の企画などするプロジェクトがあります。

私たち食安全マネジメント学科は後期からの参加だったのですが、協力して取り組むことができました。

健康美プロジェクトでは楽しく実践的な学びができるので今後も積極的に参加していきたいです!

 

学部2年生 M・H