2019年6月

【授業紹介】食品安全学A(2年生) [2019年06月28日(金)]

本日は、2年生の授業「食品安全学A」について紹介します。

 

食品安全学Aの授業は、食品の安全性に関する全体像を把握し、化学物質や微生物などによる健康被害の詳細を学び、安全性確保の方法について理解することを目的としています。

食中毒についての最新のニュースを取り上げて下さるため、具体的に学ぶことができます。

例えば、みなさん2日目のカレーをそのまま食べていませんか?

2日目のカレーを常温で放置してしまうと、ウェルシュ菌が発生し、食中毒につながります。

2日目のカレーは、作ったあと放置せずに冷蔵庫で冷やし、食べる前には全体に火を通すことを心がけましょう。

また、この授業では小テストを数回行うため、知識が定着できます。

これからもたくさん学び、多くの知識を得たいです。

 

学科2NN RS

特殊研究講座が行われました。 [2019年06月14日(金)]

6月5日(水)に食安全マネジメント学科の特殊研究講座が行われました。

今回は、科学ジャーナリストの松永和紀氏をお招きして、

「健康・美容情報を信じますか?〜メディア・リテラシーを身につける〜」

というテーマでご講義をしていただきました。

多くの健康・美容情報は、複雑で多面性のある事実の一部を単純にわかりやすく編集されているため、私たちには魅力的に映っているのだと知りました。

利用者は無意識のうちにTwitteなどのSNSの謝った情報を拡げてしまい、実際には間違いなのに”天然・自然や安全・健康的”という言葉に惹かれてしまったりする。こういったことを防ぐために情報通信機器を使いこなす力や多くの情報を自らの判断で正しく評価し、活用する能力を身につけていくことが大変重要であることを学びました。

今回学んだことを家族や祖父母など身近な人から伝えていき、少しずつでもこのことを知ってほしいと思いました。

 

学部2年生 N・S