2017年10月16日の理事長ブログ [2017年10月16日(月)]

3連休の後なので平日はいろいろな行事が立て込む。雨の前は暑くて衣替えしてしまった中で洋服をやりくりしたが、金曜日から急に涼しくなってきた。大芦さんがずっと滞在しているので、いつもより睡眠時間が短い。
10日の火曜日は月曜代替ということで登校している教員は少ない。10時から後期の理事長・学長室の職務分担について話し合う。10時40分、常勤役員会打ち合わせ。11時40分鶴田准教授からサバティカルの報告。トルコよりポーランドのほうが今後の発展の可能性があるのではないだろうか。13時雑誌取材。14時来客、14時30分古田土さん、夕方はいろはをお迎えしてから公文書館のレセプションとForbesのシンポジウムのはしご。Forbesはベンチャー系の人が多く、いつもの世界と違う方たちと会う。菊池さんが亡くなったと聞く。
11日水曜日増澤、髙野先生から近畿大学出張報告を聞く。昭和ボストンも競争力はある。
11時40分から避難訓練、学園本部館の放送機器が不具合で訓練の必要性がわかる。Jアラートの場合はどうするか、など対応を考えておかねばならない。13時10分吉田、山本先生と日本語日本文学科の方針について。13時45分、日中韓セミナーについての報告。東京女子大の後を受けて今年初めてだったが、関係者の熱意と尽力で何とかできた。15時45分レスミー先生と友成さんのプロジェクトでカンボジアの国会議員の方たちが表敬訪問。18時30分から大学時代の友人たちと大芦さんも交えて広尾の和食。タイムスリップしたようにおしゃべりが弾む。
12日木曜日、大学ミーティング10時40分、案件がとても多く、12時半になっても積み残し多数。13時常勤役員会。比較的案件が少なくディスカッションができる。15時資金運用委員会。黒川紀章さんをしのぶ会は少し遅れるが知っている方が多い。かこさんの人徳だろう。そのあと東京ダンディウーマン100回目の会合でスピーチ。30周年記念会には行けなかったが、よく続いているのも橋本さんの熱意のたまものだろう。たくさん知っている人が来てくださった。加藤タキさんは相変わらず魅力的。
13日金曜日10時岩佐さんが訪ねてくれる。10時40分クイーンズランド大学のラブリーさん。研究熱心な方。12時20分日中友好訪問団報告会。2,3しっかり考えて報告してくれる学生もいたが、観光旅行的な感想を述べる学生が多く落胆。13時30分TRC社長、14時30分垣上さん、16時福祉社会学科。17時からタウンミーティング。ボストンについて。関心のない人に来てもらうにはどうすればよいか。

ゆっくり帰り、ジムでパンプを久しぶりで行う。
14日土曜日曇り時々で午前中は片付けや買い物、料理。14時からヨガをし、夕食を太子堂に届けてから、慶応の日吉へ。文系、理系2つの修士を取り、さらにPHDを取って研究者ではなく社会人を目指すという面白い取り組み。学生たちには14万円の給付型奨学金も出るそうで、社会人メンターやコーディネーターも配置して面白い取り組み。私の話がどれほど役に立ったかわからないが質問も多かった。東横線で帰り、太子堂に行ってひできさんと子供たちと夕食。
15日日曜日は雨。10時20分ジム、午後は原稿を書き、夕食にかぐみたち。

2017年10月10日の理事長ブログ [2017年10月10日(火)]

東京もきんもくせいの香りが漂いだし、秋が本格的になって、徒歩通勤によい季節になってきた。
キャンパスにも学生たちが戻ってきてにぎやかになった。
10月2日月曜日はゆっくり大学で事務処理をしてから、日暮里のホテルで日本語教育についてのシンポジウムにパネリストとして出席。私だけが門外漢でほかの人たちは日本語学校など関係者ばかり。それだけに私は新しい知見が得られたし、新しい視点での問題提起を感謝された。懇親会に出てから神田の学士会館で柳澤紀子さんの出版記念レセプション。伯夫さんもお元気で「テンプルの件よくやったね」とほめてくださる。紀子さんは全く変わらずお元気。島田晴雄先生にお目にかかる。
 3日、火曜日10時40分大学ミーティング。13時30分打林さん、14時雑誌インタビュー、15時谷川さん、ホイアンのルオンテービン小学校は5年になるが発展を続けているそうだ。15時30分アドミッション部長、GKPでいろはをお迎えして太子堂へ。
 4日水曜日9時からキャリアデザイン入門の講義で人見記念講堂。植松さんと新しいプロジェクトについて打ち合わせ。久しぶりにロータリーの昼食会。そのあとプログラム委員会。大学に帰って打ち合わせなど。16時20分、日経の阿部さん、リーダーズアカデミーの中間発表会。今年のグループはどういう活動をしてくれるか。
 5日木曜日、9時大学部局長会、そのあとクイーンズランド大学のMajella Fergusonさんが少し遅れてハローだけ。
先哲の慰霊祭であいさつしてから羽田空港へ。20分余りで到着。千歳まで席は満席。隣の人からサインを頼まれる。全国建設業労働災害防止大会で北海きたえーるという大きな会場で15時20分から講演。4000人の聴衆は見事におじさんばかり。銭高会長と話が弾む。
レセプションに冒頭出て、千歳空港から羽田へ。自宅には23時ごろ。
 6日金曜日。10時初等部の方と面談。11時半ベトナムホイアンの元市長スー書記と前松坂市副市長小林さん、日越大学の学生など。

13時30分かながわ中小企業同友会の卒業生の方。講演依頼。18時からテンプル大学の方たちとアメリカンクラブで懇談。
 7日土曜日、朝は大掃除。気候はいいし、時間はかけたがやはりきれいにならない。15時如水会館で吉住さんの出版記念会で乾杯の音頭、豊田章一郎さん、茂木さん、片岡仁左衛門夫人などそうそうたる参列者で着物がお似合いの方が多い。それから大学へ帰り、キャリアカレッジの受講生と懇談会。18時半ごろ帰宅。
 8日日曜日、ヨガに行き、原稿を書き、食事の準備をして世田谷公園に。夕方は岩村家、若奈たちでにぎやか。
 9日月曜日、布団干しや衣更え、夕方大芦さんが来てしばらく滞在。

2017年10月2日の理事長ブログ [2017年10月02日(月)]

しばらく海外に出て、帰ってからもバタバタしていてブログを書かないうちに10月になってしまった。9月は11日から14日まで日本にいて、それからピースボートに乗り、24日に帰国してから、また1週間が慌ただしく過ぎた。出発するときは解散のかの字も聞かなかったのに留守中にすっかり選挙モード。小池さんの希望の党立ち上げで、どこへ行ってもその話題で持ちきり。
9月11日は13時ロイ・ファウチさん。ヘルシーソサエティの審査員を依頼されるが不思議な力を持つ人。14時日本商工会議所の広報誌取材、15時男女共同参画センターらぷらすの桜井さんとNPO昭和の比嘉さん。
16時内山さん。夏休みはブリスベンに行っていたそうだ。18時から住友会館で女子会。
東京タワーといい、内部の光のインテリアといい素晴らしい。
12日火曜日10時半、今後の非英語系での英語教育について検討、12時からMS&ADの会議に出てから、国交省の現地視察に遅れて参加して鶴見川遊水地へ。見えないコントロールで水害が減っているのを聞き、水を治めるものは・・と納得。帰路大きな虹。
13日10時来客の後、浜松町でボードセミナーの講演に。大企業の役員クラスの方で、良い質問が多く楽しい。早く帰って太子堂へ。
14日、11時読売新聞取材。13時理事会。お忙しい校外の理事の方たちが全員参加でありがたい。そのあと丸の内で会食を途中で失礼して成田空港へ。トルコ航空でイスタンブール経由でアテネからクレタ島へ。イスタンブールもまだ行ったことがない街だが、空港の中だけで時間をつぶす。クレタ島でピースボートに乗船。乗り継ぎに時間がかかり午後遅くなったので全く見学できず。昨年と同じ船だが中国、韓国、シンガポールなどのアジアのシニアの方々と、30歳以下の若者が多く乗っていたのですっかり様変わり。
16日は素晴らしい晴天で船の上で講演。夕日もきれい。
17日午後はモンテネグロのコトルという港に寄港。小さな町だがすぐそばの山頂まで頑張って上る。眺めがよく感動。
18日は続いてドブロブニクに寄港。評判通り美しい街。ウォーキングのガイドさんは英語もきれいでキリスト伝来以前のバルカン半島の歴史を語ってくれて楽しかった。農家レストランで船の上でダンスを教えている方と話す。ツアー終了後一人で城壁を一周する。クロアチアはユーロ圏。
19日2回目の講演。
20日ナポリに入港。ポンペイとエルコラーレの遺跡見学のツアーに参加。ベスビオの噴火で埋もれていた町は予想以上にインフラの整った都市生活が行われていたのに感動。当時日本は縄文から弥生時代だったのだ。16時ごろにナポリに帰り着いて町を少し散歩して買い物。赤く染まるベスビオ、ソレント半島が美しい中出港。
21日船上で3回目の講演。
22日バルセロナに入港。船の人たちと別れ、一人で街を観光する。サグラダ・ファミリア教会はテロの面影もなく観光客でにぎわっている。スペインの国旗よりカタルーニャの旗が目立つ、ガウディとモダニスモの建築物が個性的で予想以上に魅力的な街。これも大航海時代の富の蓄積の賜物だろうか。夜はタクシーの運転手さんの紹介でフラメンコの劇場へ。なかなか水準が高かった。
23日も午後空港へ行くまでバルセロナの町を歩く。ピカソ美術館も魅力的。カタルーニャ独立の集会も。イスタンブール経由で成田に24日の夜19時に帰国。
25日は時差で睡眠不足だが、9時30分から大学ミーティング。13時大学部局長会、18時教育懇談会と後期スタートに向けての会議が始まる。
26日昼食、アメリカ商工会議所主催のカサノバさんの講演に招かれてアメリカンクラブへ。昭和女子大の学生がインターンシップをしていた。16時30分からBSTの改装の内覧会。改装でこれだけ素晴らしくなるのだと感動。夜、赤坂で会食。
27日午前中はアサヒグループホールディングスの取締役会。大学に戻って小林照子さんと対談。80歳を超えておられるがその美しさだけではなく、新たに会社を作られたエネルギーに感動。私もメークアップをしていただくが、いつもこうあらねばならないのにと深く反省。

28日9時30分から来年度採用候補者の面接。13時30分来客。15時からダイバーシティ推進機構のアドバイザリーボードの会合。素晴らしい方たちの議論は本当に刺激的で楽しかった。18時からキャリア支援センターの女子大就職率7年連続全国1位のお祝い会。たくさんの関係者が出席してくださる。この人たち一人一人の奮闘の結果なのだと改めて感謝でいっぱい。

29日9時教育会議。そのあとMS&ADの取締役会事前説明。14時朝日広告の取材。15時から昨日に続いて来年度の採用候補者の面接。30歳前後の働き盛りの優秀な人たちが、昭和女子大で働きたいと言っていただけるのは、なんてありがたいのかとただ感謝。採用できない人たちに申し訳ない気持ち。18時から経済の勉強会。談論風発でとても面白い。
30日はこども園の運動会。まだお遊戯が多いが昨年よりだいぶ体力がついてきた。17時から社会人メンターの集い。こちらも皆さんが協力していただけるのにただ感謝あるのみ。夜かぐみの誕生会で目黒のおしゃれなレストランへ。
10月1日8時20分に家を出て大阪へ。奈良学園大学が読売新聞と共同で行われた教育の未来を拓くシンポジウムで基調講演とパネルディスカッション。会場は小さいが満員で皆さん熱心に聞いていただいた。大阪大学の柳田さんはとても面白い議論。光葉同窓会の大阪支部の方も来ていただく。20時過ぎに帰宅。

2017年9月11日の理事長ブログ [2017年09月11日(月)]

 もうかすかに紅葉が始まっているオタワとボストンから日本に帰ってきたら8月より暑い。その中でいろんなイベントが行われている。
9月1日金曜日、帝国ホテルで行われた日本MOT振興協会の朝食会で榊原経団連会長の話を聞き質疑応答の途中から失礼して羽田に。
道路が空いていたこともあり、20分ほどで着き感動。いつもモノレールか京急で行くので、UAと全日空のコードシェア便でシカゴに。入国審査も空いていて荷物のリチェックもスムースに済んだが乗り継ぎでかなり待たされる。ボストン直行便ができるまではいつもシカゴ経由だったのだが。夕方17時過ぎオタワにつき、リチャードが迎えに来てくれる。夕食は手作りの料理で歓迎してくれる。坂本さんとビジェの夫婦も来て、1978年モントリオールで出会った頃の昔話も弾む。ビジェはカールトン大学の教授を来年で退き、ITビジネスに専念するそうだ。日本も働き方改革の中でもっと兼業を奨励すればよいのにと思う。
2日土曜日、ゆっくり寝て朝は1時間ほど散歩。グリーンベルトに接し、美しい郊外の住宅地で、人口もゆっくり増え、新しい家も建っている。なぜ日本はこうした美しい住宅地を作ることに失敗したのだろうか考えさせられる。この家は時間がすべてゆっくりと過ぎている。もちろんテレビはない。ブランチに坂本さんたちが新たに買ったコンドミニアムを訪問。17階で南と西に開けており、地平線が見える。午後は眠くなり、2時間ほど昼寝。そのあと夕食まで雑木林の中を1時間半ほど散歩。夕食も手作り。ほとんど外食はしないそうだ。少し私もレパートリーを増やさねば。二人はシリア難民の青年を1年間ホームステイさせるそうだ。
3日日曜日は朝から雨。木々の紅葉が進む。15時ごろに二人に送ってもらってオタワ空港へ。飛行機は少し遅れて18時半ごろに着陸したのだが、そのあとも駐機場に入るのに時間がかかり、結局予定より1時間遅れてボストンキャンパスにつく。金子学長、フランクボストン校学長、アビューザさんと夕食をとる。
4日月曜日はもう時差にもかなり慣れ、6時前に起きて公園の丘の上まで散歩。少し秋めいている。ブランチ、そのあと美術館へ。国貞国芳の特別展。少し早めに郁子さんが迎えに来てくれてよしえさんのお宅へ。郁子さんは酸素吸入器装着で少し痛々しいが、思ったより元気でほっとする。いろんな馬鹿話でたくさん笑う。
5日火曜日、朝に植松さんも来てフランクボストン校学長のオフィスでミーティング。そのあとサマープログラムの授業参観。ランチの後マネージャーたちとミーティング。ずいぶん新しいスタッフが増えている。そのあとルーシーが来てブルックラインの町でお茶をする。いつもルーシーと話すと元気が出る。相変わらずおしゃれ。16時からボストン理事会。浅野さんも出席され活発に議論。17時半過ぎに終わり、みんなでリーガルシーフードにて夕食。
6日水曜日は朝散歩し、朝食の後エマニュエルカレッジを訪問。ボストン中心街の立地を活用してキャンパスにオフィスビルを建てて、賃貸収入を確保しているそうだ。スタディグループなど参考にすべき取り組みをしている。2001年に女子大から共学に代わったそうだが理事長はシスターで渡辺和子さんの話などをする。そのあと空港へ行き、シカゴ経由で羽田に帰る。機内で眠ったこともあり、荷物も軽いので京急で帰る。
8日金曜日、時差で1日損をした感じ。朝、銀行へ寄ってから大学へ。まだ夏休みで理事長室も3人しか出勤していない。10時、英コミの今後について打ち合わせ。ダブルディグリープログラムもできそう。経済同友会の昼食勉強会。谷本有香さんがスピーチ。そのあとMSDAの方と打ち合わせ。大学に戻って15時30分理事会前打ち合わせ。住民説明会の報告。18時からキャピタルホテル東急で会食。とても楽しく話が弾む。
9日土曜日は久しぶりにジムへ行き、夕食にはかぐみたち。大芦さんのレシピの料理は好評。
10日日曜日はTOMODACHI generation 2017、大使館関係者やたくさんの知り合いと会う。オープニングのあいさつをしてから、パネルディスカッションを聞く。

いったん自宅に帰ってからハンズオン東京のイベントで六本木ミッドタウンへ。ここでもたくさんの知り合いに会う。いったん帰ってから大学でレセプション。河野雅治さんなどたくさんの方と再会。テンプル大学ジャパンのストロナク学長も来てくださる。新駐日米国大使のハガティさんも来てくださり、初めてお目にかかる。

2017年8月31日の理事長ブログ [2017年08月31日(木)]

 不順な夏だったが「夏の終わり」は何か寂しい。大学はまだ夏休み気分で理事長室の出勤者も3人程度。その中で日中韓サマープログラムなど関係者は奮闘。週末に行った富山の稲田はすでに早稲の香。
 21日月曜日朝一番で阿部理事から住民説明会の様子を聞く。11時小原常務理事。12時ヒロモリの橋本さんと昼食、10月の100回目のダンディウーマンのスピーカーを頼まれる。14時取材。夕方太子堂へ。
 22日火曜日代沢クリニックで久しぶりに膝を見てもらう。13時日経の方たち、14時来客。時間があるのでいろいろメールなど。
 23日水曜日朝9時20分にジムのヨガクラスに出たら、たくさんの参加者のほとんどが60から70歳代の女性。平日の昼間はこうなのだ。11時45分、MS&ADホールディングスの臨時取締役会。大学に戻って日中韓サマープログラムで講義、そのあとお別れ会にも顔を出す。中国の上海外国語大学の学生はしっかりしており、韓国の誠信女子大学の学生もよかった。わが昭和の学生は社会的問題意識などが少し弱い。
 24日木曜日午前中は大学。お昼過ぎから二子玉川の教習所で視力の検査と運転実技。実技は何年ぶりだろう。一応修了証明書をもらって世田谷警察署で免許の書き換え。青山のおしゃれなレストランで日本航空の大川さん、大学の飴善さん、小森さんと会食。日本航空破たんの経験が皆さんの宝になっている。
 25日金曜日銀行に寄ってから農林中央金庫へ直行、大学に戻り14時30分朝日エルの岡山さん、伊藤さん。15時30分藻谷さん。一回太子堂へマー君を連れて行ってから、いろはとビジ研の研究会へ。飛田さんのGDP統計についての発表はなかなか良かった。
 26日土曜日朝ジムで一通り運動してから新幹線で富山へ。獣医師さんの中部地区大会で講演。「和のこころ―女性と持続的発展―」というお題をいただいたのだが、アニミズムや銃・鉄・病原菌などを引用して話す。久しぶりに北村直人さんに会う。終了後、地元の方と趣深い一風庵で食事。それから立山町の家に。
 27日日曜日朝墓参り。墓に蜂が巣を作っている。岩井さん来訪。お昼前に滑川の坂東家へ。誠さんと喜和さんと磬子さんが歓待してくださる。14時からコミュニティセンターで講演。終了後、光葉同窓会の支部の方たちが10人余り来てくださる。立山町に帰って夕食。岩井さんと遅れて由里ちゃんも。初孫で大喜び。子供たちは次々と結婚しておめでたい。
 28日月曜日富山の海岸寺の渡瀬の墓でお経をあげてもらう。住職さんも息子さんに代わっている。幼稚園をこども園にするそうだ。そのあと北岡の姉の家に。義兄さんは心臓が悪くて入院したそうだが栄子姉は元気。13時過ぎの新幹線で帰京。夕方、大学に戻り30分ほど仕事をして、マー君を連れて太子堂へ。
 29日火曜日9時30分から中高部の全教員にこれからの方向について話す。30分のはずが時間超過。
ファイル_002
13時30分役員会打ち合わせ、終了後人事部長。18時30分から大久保の山野愛子さんのお屋敷を改装したレストランで阿部さん、斎藤さん、代慶さんと会食。話が弾んで楽しかった。
 30日水曜日朝7時40分に出て仙台のウィスキー工場でアサヒホールディングスの取締役会。煉瓦造りの素晴らしい工場。マッサン人気は落ち着いても見学者は多いらしい。ウィスキーのモルトをブレンドしてマイウィスキーを作る。19時過ぎに東京につき、太子堂へ。

2017年8月21日の理事長ブログ [2017年08月21日(月)]

八月に入ってから連日雨が降っている。空梅雨だったのに、梅雨明け宣言してから梅雨のような日が続いており、せっかくの学園のひまわりも太陽の光を浴びず頭を下げている。9日から16日は夏休みで学校も一斉閉鎖。
8月7日月曜日は学生の補講なども終わり夏休みモード。秋たつとはまったく目にもみえず、耳にも聞こえない。14時西キャンパスの建設について打ち合わせ。15時、7日の大阪での講演結果について報告。17時からオーロラホールでSDの若手グループの提案を受けてタウンミーティング。沼財務部長が大学の財務情報について説明。50人以上の職員が出席してくれて質疑も活発だった。いくらネットで公開していますと言ってもわざわざ見ないし、説明なしではよくわからないだろうから良い試みだった。
8日火曜日、10時40分から大学ミーティング。案件多数で13時近くまで。13時島田淳子先生が見えるが、お昼を食べながらで失礼する。相変わらずお元気で生き生きとされている。14時雑誌取材。16時デロイトトーマツの林さん。女性活用について取り組んでおられるらしい。18時30分きゃんどるで学長・理事長室のスタッフ全員で暑気払い。楽しく話が弾む。
9日水曜日、朝7時に家を出て羽田経由で高松へ。こちらは夏らしい青空。香川県長寿健康機構の方が空港に出迎えてくださる。うどん県らしく、栗林公園近くの釜揚げうどんで昼食。
13時から14時30分まで講演。
20170821125139
会場が駅のそばだったので予定より1時間早く14時50分発の松山行きに間に合う。17時34分に松山駅に着いて松本さんと和田さんが迎えてくださる。
道後温泉のフナ屋へ。温泉に入ってから夕食。塩崎さんも来てくださり久しぶりにゆっくりおしゃべり。政治家の妻、大学の学長とよく頑張っていると感心。WiFiが通じるので原稿2本送る。
10日木曜日、9時に松本さん、和田さんが見えてくるまで遊行上人の寶源寺に参拝してから道後温泉に。丁寧に案内していただく。漱石の「坊ちゃん」がとても影響力が大きかったのだ。思いがけず松本さんの主治医の赤松明先生のお宅を訪問。写真集の通りとても暖かい誠実なお医者様ですっかり長くお話を伺う。わかなや英毅さんにも聞かせてあげたい医療観、人間観、生命観。お昼八幡浜まで。白田さんとおいしいちゃんぽんをいただく。韓国のクルーズ船が止まっていたのでびっくり。そのあと宇和島で西田さんの車に乗り換える。伊達博物館によってから愛南町の大下民宿へ。愛媛県がこんなに広いとは思わなかった。戸数の少ない海浜の部落だが、夕食はいやというほどたくさんの刺身、貝、煮魚で昨日に続いておなかがいっぱい。
11日金曜日9時過ぎに出発して愛南屋さんによる。オーナー家族の話も身に染みる。宇和島へ。天赦園でさつま汁定食。和田さんの車に乗り換えて松山空港へ。14時25分の便で帰京。17時過ぎに帰宅。
12日土曜日、一日原稿書き。松本さん、白田さんからちゃんぽんが届く。礼状を書く。夕食にわかな達。
13日日曜日、ジムに行ってヨガやいつものリーベル運動。午後から夜は原稿書き。
14日月曜日、朝わかなから電話があり、こども園に行って杏奈ちゃんを引き取る。熱はないが目が赤くなっているので感染を疑うというのだが。私が夏休みでよかった。小児科に行くが無罪放免。休みたいというので一緒に渋谷へ行ったりして過ごす。夕食にわかな達。
15日火曜日、杏奈ちゃんは無事こども園にいく。原稿書きの合間にゆっくりジムへ。夕食にわかな達。
16日水曜日、朝ジムでヨガをしてから原稿書き。せっかく時間の余裕があるのに夏休みにするはずだった懸案の断捨離大掃除は後延ばしで好きな原稿だけ書いていると反省。夕食はかぐみ達、わかな達も来て、大賑わい。
17日木曜日、私の誕生日。たくさんの方からお祝いメールやカードをいただく。あっという間の1年だったが健康に過ごせたことに感謝。久しぶりで大学へ行く。理事長室も出勤は3名のみ。阿部さん、植松さんと打ち合わせ。時間に余裕があり、いろいろな案件が処理できて気持ちよい。太子堂へ行く。
18日金曜日、大学でゆっくり仕事。朝日新聞に食文化の全面広告。お昼川崎さん。夕方新宿で星野さん他埼玉県庁時代の人たちと夕食。
19日土曜日、ジムのあと大学へ。オープンキャンパスがにぎわっているので一安心。午後原稿を書いていたら16時半ごろから激しい雷雨。多摩川の花火大会は中止。
20日日曜日、ジムと原稿書き。夕食後英毅さんは担当の患者さんが重篤というので病院へ。わかなと子供たちが先に来る。2日間のオープンキャンパスは昨年の5割増しの来場者。

2017年8月7日の理事長ブログ [2017年08月07日(月)]

もう今日は立秋、曇りがちで週の前半は涼しく後半は蒸し暑い日が続くが、南の海には台風。
夏休みで学生が少なくなったキャンパスにはひまわりがあざやかにさいている。
7月31日朝一番にMS&ADの取締役会で新川へ。新しいビルが川端に並ぶ東京の別の顔のエリア。12時半前に終わり大学へ。14時来客、15時打ち合わせ。ミスインターナショナルの来訪イベントは文化的なものだけでなく、ディスカッションも入れたらと要望。18時30分から赤坂で警察OBの方々と会食で話が弾む。
 8月1日火曜日大学ミーティング。来年度の教員人事計画で時間を長くとったが、お昼ごろまでで終わる。15時30分奨学金を寄付してくださった卒業生の方に感謝状。シングルマザーとして働いてこられた方のご芳志にただ感謝。
マー君をお迎えに行って太子堂。歩けるようになって急に言葉も増えてきた。
 2日水曜日、大学将来構想検討委員会。主として現代教養学科と福祉社会学科の今後について議論。11時から大学ミーティング。13時30分新聞の座談会。初めての中北さん、大嶽さんと古屋副大臣で、女性の政治進出について座談会。そのあとすぐ大学に戻り、フジテレビの収録。メークアップしていただいたので続いて日経トレンディのインタビュー。18時六本木で会食に少し遅れる。谷内さんが昼のニュースで富山県宮崎海岸のプロジェクトが出ていたと教えてくださる。数土さんは相変わらずお元気。
3日木曜日アサヒグループホールディングス取締役会。売上利益とも好調。14時から富山のいずみ高校の生徒さんに講演。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新幹線で来て都内を見学して自力で昭和女子大まで来てくださった。北条さんや北川さんも来てくださる。17時テンプル大学のストロナク学長と世田谷区長を訪問。みんなアメリカの大学の話を興味深く聞いている。マー君を迎えて高橋さんのマンションでのワインパーティ。素晴らしいワインの蘊蓄を聞き、遅くまでおしゃべり。
4日金曜日、英毅さんが当直でいけないので朝、こども園に送るのを手伝ってから大学へ8時半ごろつく。3人の送り迎えは車がないと大変。そのあと農林中金へ。大学に帰り、15時、16時と来客。マー君のお迎えをして太子堂へ。
5日土曜日。ジムに行き、原稿を2本書いて新幹線で富山へ。馬場あき子さんも富山文学館五周年記念の講演だそうで駅でごあいさつ。涼やかな着物姿でさっそうとおひとり。神通会総会は約500人出席して盛会。終了後会長や知事などと二次会。富山第一ホテルで泊まる。
6日日曜日午前中はとても暑そうなのでホテルで原稿を書き、お昼新幹線で帰京。ほとんど満席。東京も暑い。夕食を代官山で唯璃ちゃんの誕生日のお祝いの会食。香久美から私へリゾートハットのプレゼント。

2017年7月31日の理事長ブログ [2017年07月31日(月)]

梅雨に戻ったような曇りや雨が続くが、猛暑日よりは過ごしやすい。しかし太陽光発電は砂漠などの湿気の少ないところに向くのだろうと思う。人手不足のご時世というのに大学職員若干名募集に2,000名以上の応募で感動。
24日月曜日は蓼科で過ごし、原稿を3本書く。お昼前に管理人さんに送っていただき茅野の駅前の市民館に。そこで長野県女性校長、教頭の方たちに講演。5月の岡谷市での講演にも来てくださった卒業生の下井早苗さんが熱心に誘ってくださったので行ったのだが、講演も皆さんまじめで熱心に聞いてくださる。長野県は初等教育がしっかりしているのだろうと思い込んでいたが、家庭で生活習慣が教えられていない子供たちもいてご苦労も多いらしい。中央線で帰って小田急で下北沢に行き、中華料理のお店で坂野さん、寺尾さんなどとご一緒する。私は下北沢のお店ではほとんど外食しないので、はじめての店。アメリカで教育を受け活躍している人たちは明るく、社交的で楽しい。
25日火曜日は大学へ。10時パノスさん。慶応ビジネススクールで教えているそうだが、日本の女性のリーダーシップ教育への危機感を共有できて話が弾む。10時40分大学ミーティング。13時高尾学部長、14時中高部のこれからについて金子校長、飯田さん、五十嵐さんと話をするがやや話が拡散。15時来客。18時アークヒルズで公認会計士協会の関根会長と会食。人間的にとても立派な方。
26日水曜日。9時前期最後の実践倫理の講義。45分で6月と同じことを言えと言われてもね。記念講堂で席はたっぷりあるのになぜ全員一緒にできないか不思議。11時日中韓の合同プログラムについての打ち合わせ。1週間ずつ3か国の大学で学ぶのもよいが、1セメスターずつならもっと良いだろう。12時10分過ぎ現代ビジネス研究所で運営委員会議。13時30分雑誌取材。16時30分青木消防庁長官の退官あいさつ。ナースリーでマー君のお迎えをして太子堂へ。ついに一人歩き、私の子どもも他の孫たちも一年前後で歩いたので、とても心配だったため喜びもひとしお。
27日木曜日9時大学部局長会。10時10分から大学ミーティング。来年の人事計画。12時上海交通大学の段先生。ダブルディグリー一期生が10人でるというのでとてもうれしい。関係者にただただ感謝。13時30分入間の東野高校山尾さん他12月の講演の打ち合わせ。14時30分東京外国語大学の立石学長がお見えになり、広報誌の対談。グローバル人材とか、女性の活用とか話はたくさん。16時小原常務理事と生天目さん、宮山さん。太子堂へ。
28日金曜日11時資金運用委員会。12時、就職率7年連続1位を感謝するためキャリア支援センターへ。
DSC02379
13時30分熊平さんと武藤さん。ダイバーシティ推進機構の運営について打ち合わせ。15時若手職員のプロジェクト発表。意欲のある職員たちを伸ばしていかなければならない。16時からの「働き方改革が経営の力へ」のワークショップであいさつに中座。SD終了後そちらに行ってパネルディスカッション。なかなか良い議論だった。18時30分麹町で巌さん、弘中さんと会食。お二人ともお元気でいろいろな話が弾む。
29日土曜日。10時ジムへ。そのあと買い物にスーパーへ。だいぶ髪の毛が伸びているので美容室でカット。結局大学に行くのは15時近くになる。原稿を2本書いてダイバーシティの修了式でごあいさつ。そのあとアサヒビールで花火を見るが、雨でびしょ濡れ。
30日日曜日、朝ジムへ行ってヨガ。そのあと原稿書きをしていたら、かぐみがレイナちゃんのバレーボールの試合を見てくれというので太子堂中学で少し観戦。帰って原稿は一本だけしか書けなかった。夕食にかぐみ一家と、わかな一家全員集合。

2017年7月24日の理事長ブログ [2017年07月24日(月)]

 夏のような暑さが続いていたがようやく18日に梅雨明け宣言。連休にわかな達とバリ島に行ってきたが赤道直下なのに東京より涼しかった。
 7月10日月曜日11時海原さん来訪。高尾教授に少し会っていただく。お昼SSIPの最終日の懇談会であいさつ。グローバル人材育成支援事業の補助金で始めた事業だが何とか継続したい。13時30分メットライフの平田さん。久しぶりにGSWで会ったのを機会に訪ねてきてくださった。外資系ではこうした優秀な女性たちが活躍しているのに比べ日本企業はまだまだ。14時30分横浜国立大学の方が来訪。15時30分武藤さん。18時前マー君を迎えに行き、18時30分まで預かる。そのあと五十嵐さんの会へ。上杉さんなど何人かに会う。
 7月11日火曜日。9時30分常勤役員会の打ち合わせ。10時40分大学ミーティング。お昼休み女性文化研究所紀要編集会議。13時30分来客。14時30分UBS本社のアラン・ロベール副会長。とても素敵な紳士で、今後アジアで女性の台頭が始まると自信をもって断言。日本でも女性の活躍を支援するそうだ。夕方太子堂へ。
 7月12日水曜日は10時から進学関係者懇談会。冒頭あいさつと最後の懇談会に顔を出す。しっかり発表できる学生たちを見てもらうのは意義がある。12時20分創立者記念講堂運営委員会に出席。14時30分ベスタ―教授ご夫妻。中野さんも早めに見える。15時30分記念講堂でシンポジウム。ベスタ―教授にわかりやすく英語で話していただいたが学生は理解できたかどうか。土井さんの講演は「料理の哲人」ともいうべき日本料理について洞察に満ちたものだった。倉庫・レストラン経営者の中野さんを含め、複数のパネリストに異文化比較の視点から和食について語っていただいた。17時40分昭和女子大出身の教職員によるあけぼの会であいさつ。そのあと少し遅れたが表参道の中野さんのレストランでベスタ―教授ご夫妻も交え夕食。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 7月13日木曜日9時大学部局長会、10時40分大学ミーティング、終了後100周年委員会が開催され、100周年事業企画委員会が発足。13時常勤役員会。18時30分ニューオータニの千羽鶴で江口さん他と会食。
 7月14日金曜日10時10分学長と大学院の改革について。11時高尾教授、14時30分藻谷さん、15時雑誌取材、16時理事会打ち合わせ。いろいろな宿題を片付けて18時西麻布で会食。とても気の利いた料理を少量ずつ出すお店で大満足。
 7月15日土曜日朝5時過ぎに英毅さんの車でわかな達と成田へ。朝早くでまだひっそり。飛行機は比較的空いており、子供たちもそれほど騒がなかった。デンパサールは入国審査が長い列、道は混雑しているしそれほど感心しなかったがホテルは広く施設も整って素晴らしい別世界。
 7月16日日曜日は1日ホテル内で過ごす。オーストラリア人、ヨーロッパ人、アジアの人が多く日本人はそれほど多くない。子どもたちは広いプール。ビーチも美しく、風は心地よくゆっくり過ごす。
 7月17日月曜日午前中はホテルで午後はウブドへ。空港からの道に比べ空いてはいたが、やはり混雑。その点ハワイのほうが道路などのインフラは整っている。ヒンズー寺院がいたるところにあり、人は穏やかだがまだ30年前のバンコクの感じ。
 7月18日火曜日午前中子供たちはプール。午後は買い物など。夕食を一緒にしてから私だけ先に帰ってくる。飛行機は空いていてまあ眠れたが、飛行時間7時間足らずで4時間ほどしか眠れずやや睡眠時間は短い。成田に19日午前9時につき、11時30分下北沢に荷物を置いて12時過ぎ大学へ。日本は暑い。12時30分学部長。15時30分教育会議。改めて1年生の前期にはきちんと採点してくれと依頼。18時からグローバル人材育成推進事業グループの懇親会。ゆっくりいろんな人と懇談。
 7月20日木曜日は9時30分過ぎ、湯川教授などビジネスデザイン学科のICTコースについての打ち合わせ。10時40分大学ミーティング。お昼は給食。前回より少し時間をかけていただく。13時理事会。16時30分増澤教授、伊藤准教授、19時外務省の人たちと恵比寿で会食。とても話が弾み盛り上がる。
 7月21日金曜日、銀行に寄ってから大学へ。11時雑誌の取材。「子どもをグローバル人材に育てるには」というテーマだが英語より体力や好奇心という、期待に背くコメントをしてしまう。13時柏木教授、14時メディアビューの酒井さんと打ち合わせ、15時30分化粧品会社広報誌の取材。18時過ぎに帰宅。まだわかな達はバリから帰ってこないので、ゆっくりジムに行ってヨガとパンプ。お礼状など書く。
 7月22日土曜日9時30分に家を出て蓼科に。わかな達は無事帰国したようだがすれ違い。2日間にわたって女性エグゼクティブの定性調査。人数は多くなかったが、なかなか個性的な方が多く刺激的。外資系で活躍している人が多いが苦労して日本企業で頑張っている人も。いわゆる女性管理者のイメージ以上にパワフル。このレベルの女性が増えれば日本企業も変わるのではないか。皆さんが帰った後残って原稿書きをしながらもう一泊。

2017年7月10日の理事長ブログ [2017年07月10日(月)]

豪雨が北九州を襲っているが、東京は夏のような暑さ。今週は関西を2回往復した。関西で仕事をしている人にとって東京往復は当たり前だろうが、できるだけ移動の時間を減らす工夫をしている私としてはTOO MUCH.しかし得るものは多かったので良しとしよう。
3日月曜日はインターネット会議システムを利用してユースフォーラムのフォローアップの打ち合わせ。技術は日進月歩。大学・大学院がこのシステムを活用すれば、新しい教育スタイルを生み出すことも可能になる。14時フォーカスシステムという会社の森社長と対談。情報システムの新しい会社では女性が活躍している。15時45分韓国の誠信女子大学副総長他来訪。政治的関係は良くない日韓両国だが学生たちの交流は進めたい。
誠信集合写真
アメリカンクラブに寄ってから19時渋谷で共同通信の方々と懇談。浦和支局時代の仲間だが長く友人として付き合えるのはうれしい。
4日火曜日、ボストン教員との打ち合わせには遅刻。10時40分から大学ミーティング。終了後、ベスター教授の12日のシンポジウムに企業を呼んだほうがいいということで招待状の文案を急遽作った後に給食の試食へ。10分余りで食べるという申し訳ない食べ方。13時奈良学園大学の方々。関西の大学は生き残りのためにしのぎを削っていると実感。15時から東京都庁で会議。1時間ほどで終わり憲政記念館で宏池会60周年のシンポジウムへ。岸田大臣、林芳正さんといい誠実な政治家と政策論議ができて楽しい。終了後は豪雨。何とか太子堂に行く。
5日水曜日、大阪で開催される大学セミナーに出席。リクルートの小林さんはいつも情報が多く、情熱的に大学改革の方向を訴え。近畿大学、関西学院大学の学長さんたちもそれぞれいろんな試みをしていらしているのがよく分かり、大いに参考になる。3日に会った朝日新聞の古川編集局長も来てくださる。19時の新幹線に乗り22時頃家に着く。
6日木曜日、10時筒井優子さんが素敵な琉球紬の着物姿で。P&Gを退職して英語で日本文化を発信する仕事も軌道に乗りつつあるようだ。10時40分大学ミーティング。12時過ぎに終わり日本MOT振興協会の勉強会に遅刻して出席。大学に帰って15時毎日新聞の記者のコメント取材。
18時30分渋谷オーチャードホールでオペラ「鑑真東度」をみる。程中国大使には日中交流に20人の学生をご招待いただいたことに感謝。朝比奈会長も素晴らしい演奏にほっとされている。
7日の金曜日は午前中大学。10時半卒業生が企画している講演関係のあいさつ。12時渋谷で竹内葵さんの快気祝い。それから品川から新幹線で京都、そして山科。京都についてから一転にわかにかき曇り、すごい夕立。山科駅に一燈園の相さんが迎えに来ていただき園内見学。生活共同体の維持は難しいと思うが1学年10人の少人数で全人教育をしておられる姿には頭が下がる。新学社の新免さんが来て一緒に木屋町の幾松というお店に。維新の当時の部屋が残されている。維新の三傑のうち畳の上で死んだのは危地を潜り抜けた桂小五郎だけというのも不思議。はじめは夕立で濡れているからというので座敷で食事をしていたが途中から鴨川の床で。満月が雲の合間から顔をのぞかせ、趣き深い七夕の夕食となった。
8日土曜日朝、山科毘沙門堂まで散歩。8時半の新快速に乗り米原へ。草津、近江八幡、彦根などの距離が近いのを実感。大愚塾で講演した後、名古屋の熱田神宮へ。文化講座で講演。光葉同窓会名古屋支部の鈴木さんの声掛けで同窓生の方がたくさん来てくださる。熱田神宮に皆さんと参拝。日本刀が今も作られているのに感動。そのあと蓬莱亭でひつまぶし。アジアからの観光客で大繁盛。そのあと新幹線で帰京、21時過ぎ帰宅。
9日日曜日は暑いのでジムと買い物のほかは、家で礼状書きや原稿書き。書類整理。夕食にわかな達。