2018年6月18日の理事長ブログ [2018年06月18日(月)]

今週は12日にトランプ大統領と金正恩の会談。予想通りというか、予想以上に双方が良かった良かったといっているが、共同演習取りやめと体制保証を取り付けた北のほうが判定勝ち。きっとアメリカはお金を出さないが、非核化を進めるため韓国と日本が援助するのは構わないよということになるのではないか。
6月11日月曜日は強い雨の中を北村さんと森井さんが会いに来てくれキャロットタワーで昼食。私の本や連載コラムを担当してくださった編集者だが二人とも元気なのに年齢で引退しなければならないのはもったいない。14時30分雑誌取材。月曜日は教員があまり出校しないので会議が少なく、たまった事務の処理。雨なのでわかなが車でお迎えに来たのに便乗して帰る。
12日火曜日午前中常勤役員会の打ち合わせや大学ミーティング。英コミの学生たちの英語力が顕著に伸びているデータを見て明るい気持ちになった。特に入学後、ボストン後と、着実に英語力をつけているのは頼もしい。12時40分アドミッション部長。13時10分雑誌取材。14時薬師寺の原さん。15時指定校説明会。大学ミーティングで英コミの現状を聞き明るい気持ちで高校の進路指導担当の先生方に説明できた。

そのあとすぐに旭化成の経営協議会。立派な業績を上げておられる。帝国ホテルで懇談会。
13日水曜日10時SMBC日興証券のインターンシップご担当者が来校。12時30分東京ロータリークラブへ。15時柏木国際連携本部学務担当部長、鈴木学生部長他とTUJとの学生生活のルール作りについて打ち合わせ。規則も大事だが学生たちの自立自律が不可欠。いろんな問題が想定されるがしっかり対応していかなければならない。16時武藤さんとダイバーシティ推進機構の打ち合わせ。夜、トランプの神経衰弱で5歳のあんちゃんに負けてしまう。
14日朝8時前にニューオータニで小泉進次郎さんの朝食勉強会。政治家の朝食会に朝の弱い私が行かなくてもよいと思ったのだが、講師の話も面白かったし、小泉さんも華があり、志があり、改めて将来が楽しみな政治家だと認識。植松さんの車に乗せてもらって大学へ。大学部局長会の途中から参加。終了後引き続き大学ミーティング。13時常勤役員会。終了後勤勉手当の会議。18時30分神楽坂で会食。
15日10時からMS&ADの株主総会リハーサル。13時10分虎ノ門ヒルズのGPIFの水野さんを訪問。有意義な意見交換。15時から現代教養学科の今後についてディスカッション。16時武川さん
16日土曜日午前中ベビーシッター。13時から光葉同窓会幹事会でごあいさつ。夕食にわかなとかぐみと子供たちがくる。
17日原稿を書いて、ジムに。夕食は5月生まれの二人の誕生日祝いで、全日空ホテルで17時から食事。

2018年6月11日の理事長ブログ [2018年06月11日(月)]

東京も梅雨入りが宣言されあじさいが色あざやか、その合間を縫ってスーザンと熊本、京都へ講演のない国内旅行。京都では冷泉家と山田松香木店での香道と別世界の体験。
6月4日月曜日。パーソルの方々。卒業生もたくさん採用していただいているが人間関係を大事になさるので感心。11時沼財務部長と各学科毎の収支について。13時30分博物館の収蔵品を見せてもらう。しっかり管理保存はされているが、活用しなくていいのだろうか。本当に歴史的、文化的価値のあるものととりあえず保存しておこうというものを仕分けしたり、展示やインテリアに活用することを考えたほうが良いのではなかろうか。15時東洋経済オンラインの方と江口さん。
5日火曜日は朝大学に行ってから農林中金、滝田会、福田事務所と次々に回る。夕方は川越に行って、毎年の西島さんたちと山屋で会食。
6日の水曜日は9時45分からキャリアデザイン入門の第1回の講義。14時30分にはスーザンや国際ジェンダー学会の上村会長やタンダムさんもみえて最終打ち合わせ。15時30分から記念講堂でスーザンとタンダムさんの英語の講演。スーザンの英語はきれいだし、これからの女性の生き方にかかわるので分かりやすかったと思うが、タンダムさんの講演は人間の安全保障についてで学生たちにはなじみのないテーマで、ついていくのが難しかったかもしれない。夕方のレセプションでは広中さんなど国際ジェンダー学会の歴史を改めて振り返り、昭和女子大関係者とも話が弾んでよかった。学長室はじめ皆さんが良く対応してくださった。

7日木曜日は保坂広報部長の父上の葬儀で初めて高幡不動に行く。お昼前に大学に行き、大学ブランディング事業についての打ち合わせ。13時30分出版社打ち合わせ、14時30分ボストンサマーセッションについての打ち合わせ、16時スーザンと野田聖子さん訪問。杏奈ちゃんが耳の手術で心配だったが無事終わる。私が面倒見れないので滋賀のお義母さんが来てくださる。
8日金曜日8時に家を出て羽田から飛行機で熊本へ。飛行機は少し遅れたが、雨も止んで県庁の人に案内してもらって熊本地震被災地を見学。東海大学の校舎が使われないで保存されているのが生々しい。益城町では熊本大学が行政と市民の中に入って町つくりを進めているのが斬新。サードパーティとして大学が良い役割を担っている。夜は蒲島知事とスーザンと会食。
9日土曜日は朝九州新幹線で熊本から京都へ。京都御所のすぐ近くに泊まる。河道屋でそばを食べてから銀閣寺、哲学の道、南禅寺を歩く。スーザンは昔北白川に3年間滞在していたそうで懐かしそう。夕食は宮川町で。
10日日曜日、朝早く目が覚めたので黒谷から岡崎まで散歩。そのあとスーザンと朝食をとってから、御所から寺町を散歩。古くからの神社、小さいお寺、趣のあるお店などが多い。スーザンを京都駅に送ってから、中作さんとお昼を食べ、冷泉家へ。ご当主のお話を聞きながらお茶をいただき、お屋敷を丁寧に案内してくださる。そのあと山田松香木店でお香の話を聞き、終日みやびの世界に触れる。新幹線は予約していたのには乗れなかったが席が空いていて無事帰京。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 毎日新聞が記事を掲載
2018年6月8日 坂東眞理子 理事長・総長
毎日新聞 朝刊 11面
論点に「男性とシェアする社会に」と題して記事を掲載しました。
=============================================

2018年6月4日の理事長ブログ [2018年06月04日(月)]

梅雨入り前のまぶしい太陽が木々の緑を輝かせている。テンプル大学ジャパンの卒業式にフィラデルフィアからイングラート学長や理事会議長など多数来日。昨年のアナウンスメントから1年たったのだ。
5月28日月曜日、10時から東京インターナショナルスクールの評議員会。発足して8か月の新しい学校法人の苦労と志に感銘するとともに、昭和女子大(日本女子高等学院)創設のころのご苦労を思う。こちらの決算や事業報告は聞いているのにBSTについては知らないのはおかしい。お昼前に大学につく。13時30分からMS&ADホールディングスの総合報告書のインタビュー。15時、広報部ミーティング。陣容が強化されたのでいろいろ問題意識を話し合う。マー君を連れて公文経由で太子堂。Qさま放映でいろんな方からメールが来る。
29日火曜日、10時40分大学ミーティング。14時30分来客、16時15分取材。夕方プールまでマー君を連れて行ってから恵比寿で会食。参加者は働き盛り、女ざかりの人たちなので近況報告が面白い。やはり情報系、外資系で活躍している人が多い。羽生さんが靭帯を切って松葉杖。
30日水曜日、記念講堂で実践倫理の授業。「これからの女性のリーダーシップ」について講義する。5月1日の創立記念式典同様、学生たちの受講態度が良くなってきているのを実感。12時20分、現代ビジネス研究所運営委員会。15時過ぎ女性教養講座に来ていただいた土井善晴さんにごあいさつ。15時30分から入校2,3年の新しい先生方と意見交換会。17時ごろリーダーズアカデミーの治部さんの話を聞いてから日中友好大学生訪中参加者募集について話す。
31日木曜日9時から大学部局長会。10時40分大学ミーティング。13時30分、島田淳子元短大学長がお見えになり、励ましてくださる。14時30分、外務省国連人材センターの本田さん他。国際公務員にチャレンジする学生が出てくれるといいのだが。16時東京工業大学の経営協議会。学生時代以来久しぶりに大岡山のキャンパスに行く。すっかり近代的になり見違える。指定国立大学法人になったので昭和女子大より積極的な資金運用が可能に。いろいろ刺激を受ける。
6月1日金曜日。桜井さん、比嘉さんとNPO昭和について打ち合わせ。日頃のエビデンスの積み重ねが大事なことを実感。テンプル大学の学長以下11名の方が来訪。きれいなキャンパスだと言っていただく。12時20分、光葉博物館で図書館70周年近代文庫60周年記念春の特別展のオープニングのあいさつとテープカット。

河井酔茗や薄田泣菫、北原白秋や、「明星」など、昔親しんだ明治ロマン主義の文学者のコレクションが展示。吉田副学長の解説でみてまわる。14時過ぎBSTのアート展。クリエイティブな才能を育てようとしているのが印象的。STEMにART、私ももっと勉強しなければ。16時来客。18時竹橋会館で総理府OB会。懐かしい人たちがたくさん。19時からテンプル大学のダイアモンドディナー。たくさんの知人に会う。明石さんや藤崎さんや舘さんも。アメリカの大学のファンドレイジングはうまいと改めて感心。
2日、3日とベビーシッターや書類整理、ジム、読書とのんびり過ごす。土曜日はかぐみ、日曜日はわかなが夕食に来る。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 月刊「清流」7月号に記事を掲載
2018年6月1日 坂東眞理子 理事長・総長
月刊「清流」7月号
p52-53(2頁)
第31回「超高齢社会の人生設計図」に「『一人もまたよし!』― 一人暮らしを楽しむコツ」と題し、記事を掲載しました。
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」6月号が記事を掲載
2018年6月1日 坂東眞理子 理事長・総長
「楽しいわが家」6月号 全国信用金庫協会
p9-10(2頁)
連載「ホーム・ジャーナル」に「人材養成と企業」と題して記事が掲載されました。
=============================================

2018年5月28日の理事長ブログ [2018年05月28日(月)]

美しい五月晴れの日が続き正門脇や西門脇、8号館前に新しく植えてもらったバラが咲き、少し華やぐ。運動会は私たちのころは秋だったが、いまは5月に行われるところもあり、土曜日は初等部運動会。
21日月曜日午前中はMS&ADホールディングスのインタビュー事前打ち合わせ、13時キャピトル東急でアメリカ商工会議所のデボラさん、女性のロールモデルを紹介してくださる。15時30分品川のデロイトトーマツへ、女性活躍に男性委員たちがわがこととして発言されるのがうれしい。アフタースクールでいろはをお迎えして太子堂へ。
22日火曜日9時30分理事会前打ち合わせ、10時40分大学ミーティング。お昼に今年もハーバード大学インターンシップ生が二人挨拶に来る。13時10分からベネッセの大学ランキング日本版の担当者から話を聞く。見解の違うところもあるが、とても参考になった。14時、木間こども園統括園長。15時30分農林中金のかた。マー君をピックアップしてプールに。
23日水曜日10時農林中金の会議で日比谷へ。先週より時間帯が遅いがやはり小田急線の車内は混んでいる。思いがけず梅澤前理事と出会い立ち話。漁協の在り方について勉強会。14時前に大学。女性教養講座の堺屋太一さんの紹介をしてから教育会議へ。教職員表彰、名誉教授称号授与に少し遅れる。終了後また記念講堂。学生から質問が出ていてよかった。堺屋さんはお年を召してもお話しは明晰。夕方から久しぶりでテレビ朝日へ行ってQ様の収録。政治家や文学者なら知っているが、平成の芸能人やスポーツは私のレパートリーから欠落している。
24日木曜日10時、日中友好青年交流の選び方やダブルディグリーについて打ち合わせ。13時理事会、16時30分評議員会。18時30分なだ万で会食。
25日金曜日10時武藤さん、木下さん、いろいろなイベントを考えてくださってうれしい。イクボス宣言は育休配慮など私にはあまりにも当然な内容なので大学としての呼びかけにしてもらう。13時山崎総合教育センター長と東急電鉄の方たち、ラッシュ緩和にできることは何か。14時20分城南信用金庫顧問吉原さん。常喜教授の授業で環境について話をしていただく。16時30分、学園整備について打ち合わせ。
26日土曜日。少し曇りで運動会日和。オーロラホールで日本モンゴルの国際シンポジウムと初等部の運動会を行ったり来たり。

浅井久政・長政の首級をどくろ杯にした信長は月氏の故事を知っていたのだろうか、連想が飛ぶ。夕食はかぐみ一家とわかな一家。いろはは徒競争が一番だったのでご機嫌。
27日日曜日はのんびり過ごす。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 テレビ朝日「Qさま!!」に出演します(5月28日放送)
坂東 眞理子 理事長・総長
テレビ朝日
番組名:「Qさま!! 歴史のプロが選んだ! 新時代に伝えたい “昭和・平成のスゴい日本の偉人” ベスト20から出題スペシャル !」
2018年5月28日(月)20時00分~21時48分
回答者として出演します。
=============================================
坂東 眞理子 理事長・総長 日本経済新聞が記事を掲載
2018年5月21日 坂東 眞理子 理事長・総長
日本経済新聞 
朝刊 12面
「新卒一括採用、変える時期」と題してコメントが掲載されました。
=============================================

2018年5月21日の理事長ブログ [2018年05月22日(火)]

5月19日東京大学の五月祭のシンポジウムに出てから新潟に行った。国境のトンネルを抜けると寒かったが、次の日は快晴で同窓会総会も盛り上がってよかった。
5月14日は日程の調整ができたので同窓会副会長の稲穂さんの母上のお葬式に伊豆の河津まで行く。快晴で緑も海も美しい。朝一本早い新幹線に乗れ、時間に余裕ができたので福田家を見せていただく。川端康成の伊豆の踊子の舞台がそのまま保存されており、たくさんの写真や遺品も展示してある。皆さんに気を使っていただき恐縮。15時過ぎに大学に行き、事務処理。18時コロラド大学ビジネススクールの学生たちとのジョイントプロジェクトのオープニングリマーク。
15日火曜日9時30分常勤役員会前打ち合わせ。10時40分大学ミーティング。13時柏木さん。テンプル大学とのダブルディグリーの進捗状況、14時山崎総合教育センター長、14時45分久しぶりに会津泉さん。相変わらず新しい分野にチャレンジされているので、話を聞いているとアッという間に時間が過ぎる。15時30分雑誌取材。マー君を昭和ナースリーでピックアップして太子堂へ。わかなが疲れているので心配。
16日水曜日10時笹川平和財団の方。10時30分MS&ADホールディングス取締役会の事前説明、昼ロータリークラブ、少し大学に帰るのが遅れ14時40分ごろから安蔵先生、金子学長とトルストイ展について打ち合わせ。15時食安全マネジメント学科の先生方と今後の方向についてディスカッション。もう少しビジネス分野の強化と広報が必要。16時30分久しぶりに谷野作太郎さんとお話。教養ある大人の風格。6月23日の上海交通大学の日本研究センターの式典に行っていただくことになった。
17日木曜日9時大学部局長会。iPadの調子が悪いので冒頭に上海出張報告など。大学ミーティングに出てから小原白梅奨学基金の理事会へ。昭和女子大の学生を二人奨学生に採用していただき感謝。13時から常勤役員会。15時30分内部監査の話を聞く。18時から渋谷で実践女子、津田塾、東京家政などの理事長等と会食。
18日金曜日朝9時からMS&ADホールディングス。久しぶりで本格的なラッシュアワーの地下鉄に乗る。12時過ぎに終わったので女性たちでランチ。そのあと公認会計士協会で雑誌収録用に会計検査官の小林麻里さん、関根会長と鼎談。16時大学に帰り少し事務処理。いろはさんの7歳の誕生日なのでケーキを買って太子堂へ。
19日土曜日東大の五月祭へ。私たちの時代と違ってタテカンもアジ演説もなく、焼き鳥、牛串の煙とにおいが立ち込めている。蒲島知事が震災対応できたのはそれまでに財政再建と県庁の活性化ができていたから。まったく同感でポルトガルがリスボン地震から立ち直れなかったのは衰退期に入っていたからだ。日本が1000兆円の国債を抱えたまま震災に見舞われたらどうなるか。そのあと一本早い新幹線で新潟へ。気温13度で寒い。支部長会の懇親会でご挨拶。懇談会は予定より短くあっという間に終わる。

20日日曜日は快晴。ホテルの部屋は29階なので日本海、佐渡島がきれいに見える。総会は300人近くの出席で盛会。川平さん、平尾さん、小島さんも。11時30分から12時30分まで講演。池田弘さんも講演を聞いてくださる。15時の新幹線で帰京。わかなたちが夕食に来る。

2018年5月14日の理事長ブログ [2018年05月14日(月)]

連休の後寒いと言いたくなる日が戻ってきて本当に今年は気候が不順だ。
土曜日は鹿児島、日曜日は熊本で講演。
7日月曜日は連休明けで久しぶりに大学へ行く。上海交通大学はもう私たちの訪問をホームページにアップしているのにうちは出遅れ。10時30分クイーンズランド大学のファーガソンさん来校。14時初等部の幹部の方たちと話し合う。保護者の給食当番は働くお母さんにとっては負担。食育が大事だというなら子供たちに家で料理の手伝いをするよう呼び掛ける、2回のうち1回はお父さんに参加してもらうようにお願いするとか工夫が必要。16時、30%クラブを日本でも立ち上げようと塚原さんとデロイトの只松さん。18時東京倶楽部でミクロネシア連邦のレセプション。TUJの人たち、佐藤さん、堀田さんなど落ち着いていい会だった。
8日火曜日はMS&ADホールディングスの人事報酬委員会があるので8時前に家を出る。取締役会は早めに終わったので12時前に大学に着く。14時毎日新聞の取材。記者の方が私の2004年に書いた旧著を読んでくださっているのがうれしい。16時、学生を採用してくださる情報産業の方が来訪。18時赤坂で小宮山元東大総長と懇談。プラチナの会の趣旨には大賛成。小中学校の生徒のプログラミング教育などやっていただけないだろうか。話が盛り上がる。
9日水曜日お昼日本MOT振興協会の女性活躍委員会。日本経済新聞社の橋本圭子さんの講話。財務次官のセクハラ事件などのディスカッションも。15時30分女性教養講座安西祐一郎さん。お話になりたいことが山のようにおありになる。学生も3人質問してよかった。17時15分来客。17時40分リーダーズアカデミー開講式であいさつ。少し長く話してしまった。

10日木曜日、10時40分大学ミーテング。12時15分キャピトルホテルで野田聖子さんと会食。16時30分人事部長などとテニュア制度の見直しについて。テニュアトラックでもテニュアでも、良い大学から声がかかり転職したいという人は止めることができないのが現実。太子堂でゆっくりと孫たちとトランプに付き合う。
11日金曜日、初等部の公開授業を見学。この機会にいろんなクラスの授業を少しずつのぞいてみたがクラスによってずいぶん雰囲気が違う。お昼経済同友会で茨城県知事になった大井川和彦さんの話を聞く。かなり新風を巻きおこしているらしい。
12日土曜日7時前に家を出て鹿児島に。照国神社の前の立派な本願寺別院の本堂で話す。島津藩の隠れ念仏迫害のことは全く知らなかった。岩崎さんに知覧の平和会館を見学させていただく。18歳から20歳の特攻の隊員たちの写真は本当に若い。公式な遺書はみな判で押したように七生報国、至誠、轟沈、捨身、などの言葉が並ぶ。皇国教育の浸透に考えさせられる。まだ結婚もしていない若者なので親や妹弟にあてた手紙が多い。戦死した叔父の手紙が92歳で亡くなった叔母の仏壇に大事にしまわれていたのを思い出す。この人たちの死を覚えている日本人が多い間は戦争忌避が世論だったがその世代が消え、記憶が薄れ行く今後どうなっていくのだろう。それにしても制空権の失われている戦場にみすみす片道飛行で突入させるなどという作戦を立案し実行させたのは誰だったのだろうと怒りを覚える。夜、指宿のホテルで岩崎さんとゆっくり話す。
13日日曜日、朝初めて砂風呂に入る。昨日はクルーズ船の客が来て大変混雑したそうだ。ホテルを9時に出て鹿児島中央駅から初めて九州新幹線に乗る。熊本の尚絅学園130周年記念式で1時間講演、1時間パネルディスカッション。九州も女子大学はみな悩んでおられる、それにしても補助金は出さないのに規制だけをする私学行政は問題。雨の激しい熊本空港から帰京。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 北國新聞に記事を掲載
2018年5月8日 坂東眞理子 理事長・総長
北國新聞 北風抄 7面
「男性の『当たり前』を変えよ」と題して記事が掲載されました。
=============================================

2018年5月7日の理事長ブログ [2018年05月07日(月)]

5月2日から連休後半は上海に行ってきた。9年ぶりの上海は目覚ましい発展で、高層ビルが増えているだけでなく、スマホで現金決済がどこでも行われ、シェア自転車が街角の至る所にある。なぜ中国にできて日本にできないことがこんなに多くなってしまったのか。一方でGoogleは使えず、メールもできないので不自由した。
5月1日火曜日は創立記念日。式典には名誉理事や学外理事や同窓会の方々、そして奨学金受給者の保護者の方もたくさん参加してくださる。1年生の学生たちの話を聞く態度もしっかりしていた。学長の時は、卒業式に一人ひとり学位記を手渡す機会があったが、今回、奨学金受給者に一人ずつ手渡して握手し、久しぶりに学生と触れ合えた。14時中高部生の代表がスクールカラーデーのカードを渡しに来る。14時30分会計ファイナンス学科、15時30分国際交流課の打ち合わせ。
5月2日水曜日、7時前に家を出て羽田に。日本航空で11時30分に上海着。実質飛行時間は2時間余り、本当に近い。時差も1時間遅れなのでボストンより楽。チェックインまで待たされる。17時ジェトロ上海事務所の飯田さん。中国経済のブリーフィングを受け、夕食を取りながらいろいろおしゃべり。ご家族が日本から見えるので早めに終わる。特徴あるデザインの高層ビルが増えているが空気も思ったよりきれいで緑も多い。
5月3日木曜日早めに目が覚めフィットネスクラブで運動してから朝食。8時に迎えが来てまず市内の旧キャンパスで姜総書記と会見。

3年前訪日された時にお目にかかって以来。日本研究センターが6月23日オープン。福田元総理が基調講演される。私も顧問の委嘱状をいただく。皆さんで記念写真。法科大学院を見学。新しいビルで常務副院長の孔さんは知財の裁判官だったそうだ。新キャンパスへ行って、林学長と留園で昼食。卒業式に来てくださった劉党書記は先週から薬学院のほうに異動になり、後任の祭党書記も同席。素晴らしく広いキャンパスで立派な建設が増えている。人見楠郎理事長が寄付された菁菁堂は立派に改修されて、学生たちのパフォーマンスや演劇、コンサートに活用されていたが日本文化センターの本は少し古くてシャビー。

そのあと人文学院の方たちと話す。学院長も宋代の文学の研究者で立派な著書もいただく。劉書記がダブルディグリーの実現に尽力してくださったのに改めて感謝。こちらも坂東眞理子基金で若手研究者を招聘することを提案。そのあと市内に帰って徐家匯公園を散歩してから立派な恒悦軒というレストランで夕食。20品ほどの料理で初めて食べる食材や料理が多くおいしい。皆さんインテリで話が楽しい。1日中上海交通大学から丁寧にアテンドしていただき、100周年の記念になるような品々をいただく。昭和女子大とアカデミックなレベルも規模もけた違いなのに大事にしてくださったことに感謝。
5月4日金曜日、朝9時にお迎えが来て浦東のブリティッシュスクールへ。2001年開校、生徒数は600人だそうだがクリエイティビティを養う試みをたくさん行っており学力水準が高い。日本人児童も日本人学校と違ってここは自由だといっていた。保護者とは徹底的にコミュニケーションをとる、駐在員の妻である母親の居場所を提供しているそうだ。見学自由でそれが募集活動になっている。そのあと高速道路で1時間ほど離れた虹橋近くのブリティッシュスクールへ。高級住宅地の中にある大きな施設で1500人もいるそうだ。どちらもIBの試験が行われていた。こちらはテレビスタジオ、ジュリアードとMIT が協力した音楽作曲の教室など素晴らしい設備の数々で感心させられる。校長先生も本当に子ども好きな教育者。15時30分前にホテルに戻る。夕方はインターンを受け入れていただいている富士ゼロックスの事務所へ行き、黄浦江に面したレストランで会食。

5月5日土曜日は朝食後近くのお店で買い物をしようとするが、VISAは使えず、スマホ決済はできないので断念。空港へ行くタクシーの中で雨が降り出す。帰りは偏西風が弱かったのか、2時間半ほどの飛行時間。16時30分に羽田。やっぱり近い。21世紀の世界から懐かしい20世紀に戻ってきたような感じ。
5月6日日曜日は子どもたちの予定があるというのでだれも来ず。ジムに行って明治神宮へ行き、原稿や手紙を書きのんびり過ごす。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 月刊「清流」6月号に記事を掲載
2018年5月1日 坂東眞理子 理事長・総長
月刊「清流」6月号
p52-53(2頁)
第30回「超高齢社会の人生設計図」に「老後一人暮らしの楽しみはお金も時間も自由なこと!」と題し、記事を掲載しました。
=============================================

2018年5月1日の理事長ブログ [2018年05月01日(火)]

美しい新緑の連休は天候に恵まれ家にいるのがもったいないような3日間。
23日月曜日は8時から帝国ホテルで林文科大臣が講師の朝食勉強会。安西さんや、鎌田さんなども。そのあと週刊誌で報道があったがこの時は気配もなし。そのあと銀座の佐々成美さんの版画の遺作展に行く。初日で準備が終わったところだったが息子さん、娘さんにお目にかかれてよかった。総理府で採用された時の人事課参事官でそのあともいつも温かく見守ってくださった恩人の一人。懐かしい作品の中に新しい作品も。13時大学に戻って来客。15時30分監事打ち合わせ。16時30分こども園の幹部と打ち合わせ、保育士さんの笑顔のために私ができる負担軽減策は何か。
24日火曜日9時30分ボストンのアビューザさん。10時40分大学ミーティング。12時20分アドミッション部長。13時30分PWCの担当者が厚生労働省のリカレント教育のプロジェクトの説明。労多くして補助金はでない。本学にとってプラスになるか。15時内閣府の南さん。16時中高部の在り方について。子どもの迎えをサポートしてから乃木坂の大岡さんの会へ。平林寺の住職が来て座禅について話された後実習、参加者多数。サイボウズの青野さんや精神科医の大野さん、山崎外務審議官も。
25日水曜日10時20分公認会計士審査会長ほか。ビジネスデザイン学科の1期生が金融庁に入っているのがお付きで随行。11時阿部理事、14時女文研で6月30日の第10回女性文化研究賞のシンポジウムの打ち合わせ。15時リーダーズアカデミーのファシリテーターを引き受けてくださった4人の方と話し合い。15時30分教育会議。言わずもがなかもしれないが「教員は学生に対して優越的地位にあることを自覚するよう」注意喚起。もちろんマクロン大統領のようなケースもあろうが。終了後海原さんが女性教養講座で話してくださったのにお礼。新しい講座の提案があり感動。キャリアママの説明会は申込者からキャンセルの連絡があったのでそのままいろはと帰る。
26日9時大学部局長会、10時過ぎに終わりすぐ大学ミーティング。これも議題が少なく早く終わる。13時30分来客、15時小原常務理事、阿部理事、垣上人事部長の3名と打ち合わせ、16時から来客18時30分からパークハイアットで会食。なかなか料理もメンバーもよくて楽しく話が弾む。
27日金曜日大学へいったん寄ってから農林中金へ。経営協議会。14時前に大学に帰る。14時30分東京大学五月祭の打ち合わせに学生3人来訪。15時ダイバーシティ推進機構の打ち合わせ。16時上海出張打ち合わせ、宿泊先のホテル名を教えてもらう。17時ダイバーシティ推進機構の総会と懇親会。

28日土曜日、昼食から17時過ぎまでベビーシッター。世田谷公園はゴーカートやミニSLもあり、子育て家族でいっぱい。夕食は知人の家でディナー。産まれて5週間の赤ちゃんは人に希望を与えてくれる。22世紀まで生きてねと祝福。
29日日曜日、一日ゲラと原稿。昼にジム。夕食に若奈一家。
30日月曜日、衣更えと納戸の整理、すっかり疲れてしまう。夜、香久美一家。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」5月号が記事を掲載
2018年5月1日 坂東眞理子 理事長・総長
「楽しいわが家」5月号 全国信用金庫協会
p9-10(2頁)
連載「ホーム・ジャーナル」に「高等教育は何のため」と題して記事が掲載されました。
=============================================

2018年4月23日の理事長ブログ [2018年04月23日(月)]

今年は季節の歩みが早くもうさつきやハナミズキが咲いている。バジルやしそなどのハーブの苗を買って植える。ぺチュニアやバラも。通勤時の日差しも強くなり帽子が必要となる。

4月16日月曜日朝いちばんで生命保険の審査。私もいわゆる健康数値は全く正常なのはありがたいことである。午後は来客が続く。13時アサヒの信夫さんには10年間お世話になった。14時イオンのインターンシップの件。女性がたくさん働く大企業なので何か共同作業ができるといいが。15時、三鷹ネットワーク大学は面白い試みをいろいろされているので感心。本学も多くを学ばなければならない。
17日火曜日、午前中は理事会打ち合わせ、大学ミーティング、13時30分取材など。日程に余裕があるのでいろんな懸案を話す機会を作りたいのだが、なかなか埋まらず。小人閑居して不善ではないが、暇だと居心地が悪い。16時30分学友会の役員。正副委員長とも日文。とても良い学生たち。

18日水曜日午前は日本語基礎の担当者と打ち合わせ。英語では4技能といわれるが、日本語も同じ。特に話す、書く力をどうすれば強化できるだろう。それと能力差も大きいのに十分対応できていない。12時15分女性文化研究所で叢書の編集委員会。7月に中間発表をすることになる。13時10分、英コミの今後の方向について。TUJとのダブルディグリープログラムを早くスタートしてほしい。14時30分、久しぶりで石倉洋子さん。グローバルビジネス学部で話していただく。14時50分から奨学金候補者の学生の面接。15時30分小原常務、阿部理事などと打ち合わせ。太子堂で21時からホットヨガ。
19日木曜日は10時日本MOT振興協会の橋田さん。テレビ朝日の記者の件でおしゃべり。Politicaly correctではないがいろんな感想が飛び交っている。10時40分増澤副学長、11時30分金子校長と打ち合わせ。
13時理事会。今年度入試について報告。大学はまずまずだが中学を何とかしなければならない。16時30分創立100周年委員会。まず日程を決めるのが先決。18時30分から女性文化研究賞の最終選考会議。大沢さん、武川さんも入っていろいろな観点から受賞作を決定。20時過ぎに終わり、太子堂へ。
20日金曜日7時45分、IBM「21世紀を考える会」の朝食会で仮想通貨の話を聞く。いまだによく呑み込めないが、これは有価証券でなく、無価証券という言葉が印象的。ここ1年の間に円が相当流入しているがまたたくさんけが人が出るのではないか。10時国立公文書館を訪問。加藤館長とおしゃべりをしてから展示「江戸幕府最後の闘い-幕末の文武改革-」を見る。幕臣たちは当時の最高のインテリで有能な人も多かったのに時代は薩長へ流れた。私が小説家ならば書きたい人がたくさん。12時から日本記者クラブで日本MOT振興協会の運営委員会。今回は説明時間を短くして議論の時間をたくさんとったのでいろいろ話せて楽しかった。私は経営者の賃金を上げる必要はないと思っていたが技術者も優秀な人は欧米や中国企業のほうが高いと聞くと考えさせられる。15時資金運用委員会。16時広報部との打ち合わせ。やるべきことは多いのだが歩みは遅い。18時30分から恵比寿で警察OBの方たちと懇談。
21日土曜日9時30分にこども園の保護者会であいさつ。ぜひ男児に昭和小学校に来ていただきたいとお願い。そのあと家でゲラ校正や読書。夕食に全員集合したが、かぐみだけはテニス合宿で欠席。蟹が2杯届いたがあっという間になくなる。
22日日曜日、午前中に古本をクスノキ募金用に箱詰め。読んだ本はすべて愛着があり、本は「人生の歴史」のように思うのであまり出せない。ジムに行ってから新国立美術館で光風展。事務局長の方のお母様が戦前の本学のご卒業だそうで優しくしていただく。83歳の作家の方が負けるものかと精魂込めて書いているという話に感激。唯璃ちゃんとルノアールを見て軽く食事をして帰る。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東 眞理子 理事長・総長 日本経済新聞が記事を掲載
2018年4月18日 坂東 眞理子 理事長・総長
日本経済新聞 朝刊 25面
大学トップ入学式メッセージに「7つの力を身につけてほしい」と題してメッセージが掲載されました。
=============================================

2018年4月16日の理事長ブログ [2018年04月16日(月)]

秩父の山川は新緑で輝いていた。守屋勝平さんの1周忌に行ってきたが4年前に羊山公園の芝桜を案内していただいたのを思い出す。
4月9日月曜日。13時と14時30分の2回、在校生に対する講話。みなキチンと聞いてくれ学生たちの質が上がってきていると感じる。学生たちに自信を持たせる一助になればと昭和女子大学が3冠女王となった話をする。15時30分ビジネスデザイン学科から国際交流基金のプログラムでインドネシアに行っていた学生が帰国のあいさつ。ぜひ就職はチャレンジしてほしい。16時30分アサヒビールの消費者ダイアログの担当の方々。10年間貴重な経験をさせていただいた。今消費者対応は製造業は進んでいるがサービス業がまだ戸惑っている段階らしい。大学もその一つか。
10日火曜日。10時からこども園の入園式。初めてで泣き叫んでいる子供もいたが年長児はしっかりしている。私は3分間だけのあいさつということだったので主として保護者に話す。

そのあと11時から大学ミーテング。13時役員会打ち合わせ。15時内閣府で男女共同参画功労者選考委員会。17時大学に戻ってから18時半西麻布で会食。皆さん私の友人だが、お互いは初対面にも関わらず楽しく会話が弾む。
11日水曜日9時から実践倫理で新入生に話す。在学生と同様新入生も熱心に聞いてくれる。10時40分営業の来客。12時半東京ロータリークラブへ。ハガティ駐日米国大使。14時歯医者。大学へいったん帰ってから18時ホテルニューオータニでレセプション。そのあと太子堂へ。
12日木曜日。9時大学部局長会。10時40分大学ミーティング。13時常勤役員会。15時ビジネデザイン学科の浅田ゼミの白鳳堂プロジェクトの報告。とても魅力的なポーチができた。
→ブログはこちら:“昭和女子大学 with 白鳳堂 化粧ポーチ開発プロジェクト”

18時から銀座で会食。楽しく話が弾む。
13日金曜日。金曜日と月曜日は教員があまり来ていないので時間に余裕。12時、経済同友会。トランス・コスモス(株)の向井宏之副社長の話。成長分野の企業は勢いがある。16時30分来客。サイバーセキュリティなど、ICTの専門家。いろんな分野に才能ある女性がいるのだと感心。
14日土曜日はジムに行った後、現代ビジネス研究所の報告会と交流会。立派なタケノコを買ってゆでてタケノコ飯、若竹煮など。わかなたちが来る。
15日日曜日雨風が強かったが7時半に家を出て、西武レッドアロー号で秩父へ。駅に娘さんが迎えに来てくださる。雨がやんで日も出て若葉が美しい。100人ほどの方が列席して法要。喪主はじめ皆さんが喜んでくださり、葬儀に出られなかった私もホッとする。改めて守屋さんの冥福を祈る。まさしく布施、利行、愛語の実践者でお世話になったことに心から感謝。そのあと稲葉さんの家に寄り、片倉さんも来てくださり、たくさんのお土産をいただいて帰る。