2017年10月

2017年10月30日の理事長ブログ [2017年10月30日(月)]

先週に続きまた週末に台風が近づき、下北沢、三軒茶屋のハロウィンの仮装も雨に濡れている。気温は低いが時雨というにはふさわしくない激しい雨である。
23日月曜日は藤崎前駐米大使が理事長をしておられる北鎌倉女子学園に講演に行く予定だったが、雨はやんだが交通が乱れていて取りやめになり、午前中は大学。大学基準協会の実地調査の方々にごあいさつ。午後はアサヒビールの消費者ダイアログ。朝日山酒造の社長細田康氏の話を聞いた後、皆でディスカッション。消費者や国民の嗜好、流通チャネルが変わる中でどのように生き延びていくか、面白い議論ができた。
24日火曜日は10時錢高組の銭高会長が来訪してくださり、いろいろなお話を伺う。10時40分大学ミーティング。13時生天目さん、14時渡辺さん、15時プロジェクト説明で若い方たちと議論。16時40分から中高部のスーパーグローバルハイスクール、スーパーサイエンスコースの取り組みについて聞く。このように新しい取り組みに精一杯取り組んでいるのになぜそれが外部の評価、内部の自信につながらないのだろうか。いろはさんを迎えに行ってから南麻布のスイス大使館。
25日水曜日午前中は秋冬の衣料の入れ替えなどしてゆっくり出勤。12時20分現代ビジネス研究所の運営委員会。14時来客、15時冷泉先生、15時30分教育会議。雨なので若奈の車で太子堂へ。
26日木曜日、銀行によってから大学へ。10時40分大学ミーティング。お昼、地域連携センター、デザインオフィス、などプロジェクトをどのように進めていくか意見交換。13時立山町の舟橋町長。立山町を何とか活性化しようと努力しているのがよくわかる。

14時来客。16時半過ぎに大学を出て下北沢から泰野市へ。保育の日の集いで「保育プロフェッショナルへの期待」と題して講演。迎えに来てくださった園長さんの娘さんが英コミだったり、駅で講演を聞いた卒業生に声をかけられたりする。学生の通学圏なのだ。
27日金曜日、美しく晴れているので代々木公園経由で行こうかなと思ったが、帰りのお迎えの自転車を考えて世田谷公園経由で農林中央金庫へ。13時前に大学へ。15時藻谷さん、
マー君のお迎えをして赤坂で会食。笹林さんの抗がん治療が成功したお祝いだが、寺沢さんのいないのが寂しい。鈴木さんは娘さんが初めての出産を控えているが双子だそうだ。
28日土曜日、オープンキャンパスに行こうかと思ったが雨なのでやめてヨガに。いつも通り買い物をし、夕食に若奈たちが来る。
29日日曜日も激しい雨で掃除も洗濯もせず、原稿を書いたり、本を読んだりして過ごす。
夕食にかぐみたちが来る。

2017年10月23日の理事長ブログ [2017年10月23日(月)]

今週はほとんど毎日冷たい雨が降った。日が沈むのが早くなり、もう晩秋という風情。
今日は総選挙の投票日だが台風21号の接近ですごい雨。
10月16日月曜日は国際ソロプチミスト久留米40周年の講演。朝7時過ぎに大芦さんを残して家を出る。スマホを忘れたのに駅で気が付き、取りに帰るかどうか迷ったがそのまま羽田に。予定より少し早く福岡空港へ着き、お迎えの西村さんと車で久留米まで。思っていたより早く40分余りで着く。初めて訪問した町だが会場のホテルから外出せず。スマホがないと何かと不自由。
皆さんがたくさんお声をかけてくださったので雨の中600人以上の方でぎっしり熱心に聞いてくださる。紹介者の久原さん、吉野淳子さんのおばさまの柳さん、光葉同窓会の支部の方々などたくさん訪問してくださる。女性の人生100年時代という視点で話す。帰りの飛行機は予定より遅くなったがタクシーは20分余りで東京アメリカンクラブに着く。新日本有限責任監査法人の会長交代のパーティーであいさつ。男性も多数。22時過ぎに帰宅。
17日火曜日、朝から帝国ホテルに行き、ちふれ化粧品70周年の記念講演。担当の本井さんが本学卒業生で引き受けたのだが、メイクをしてくださった人も娘さんが在学生だという。聴衆は取引関係の幹部で男性がほとんどなので「経営戦略としての女性活躍」という題で話す。懇親会は失礼して、東京プリンスホテルのAJCCのシンポジウムへ。日本の女性活躍について関心を持ち続けてくださるのはありがたい。英語のうまい日本人の前で英語を話すのはつらいので同時通訳者に敬意を表して日本語で。16時半ごろに大学に戻る。事務打ち合わせをしてからいろはを迎えに行き、そのままタクシーで下北沢に。野坂さん、大芦さんと学生時代に戻って我が家で23時までおしゃべり。野坂さんの市長の間の活動を聞くと、こういう奥さんに支えられている康夫さんの幸せを思う。お姑さんへのサポートといい、見事としか言いようがない。私はまだまだ。
18日水曜日、大芦さんは今日でカナダへ帰るが私のほうが先に家を出る。9時半アドミッション部長、打ち合わせを何件かしてから新御茶ノ水のガーデンパレスで東京外国語大学の経営協議会。いったん大学に帰り、マー君のお迎えをしてから蜷川さんのお友達の集う赤坂のライブハウスへ。
19日木曜日、9時大学部局長会。雨の日はタクシーも捕まらず、バスで大学へ。日本語日本文学科の採用面接。その後大学ミーティング。昼は女文研の紀要編集会議。論文にエントリーしていた人が辞退され残念。13時15分髙野国際学部長。14時ちふれ化粧品の方々、15時30分我謝さん。アメリカでのグリーンカードを持っている強みを生かしてほしい。16時30分「トビタテ!留学JAPAN」で留学した川村真由さん。すっかりたくましく見事に成長しているのでうれしい。みんなのロールモデルになってほしい。

そのあとキッコーマンの百周年記念パーティーに帝国ホテル。とても参加者が多く、またたくさんの方のご挨拶が続き、乾杯の後失礼するが、タクシー待ちの行列が長く、地下鉄で次の会の近くの飯田橋まで行ったのだが時間切れであきらめて帰宅。
20日金曜日9時過ぎに大学に行き、10時から開成中高の校長の柳沢先生と対談。私と大学で1年間くらい被るらしい。秀才の男の子を持った教育ママへのアドバイスをお願いする。
午後はMS&ADの現場を視察。現場の人の意見は参考になる。四谷のコールセンターでは本学の学生もアルバイトしているそうだ。雨の金曜日で渋滞が激しくお迎えには間に合わず。太子堂へ行ったあと久しぶりにジム。
21日土曜日10時ジムでヨガ。そのあとお昼TUJの関係の方々と三茶のイタリアンレストランで。私は初めてだったが植松さんは来たことがあるそうだ。14時からTUJ35周年のシンポジウム。初めて聞くことも多い。改めて皆さんの努力に敬意。帰りもタクシーが捕まらず歩いて帰宅。愛媛の松本さんと電話。抗ガン治療はうまくいっているそうで一安心。
22日日曜日、台風が近づいていて激しい雨。朝早めに選挙に行き、そのあとジム、買い物をして帰宅。午後ラジオのクラシックを聴きながら料理。若奈もかぐみも早めに夕食に来て20時過ぎに帰る。選挙は予想通り自民大勝だがこれでいいのだろうか。

2017年10月16日の理事長ブログ [2017年10月16日(月)]

3連休の後なので平日はいろいろな行事が立て込む。雨の前は暑くて衣替えしてしまった中で洋服をやりくりしたが、金曜日から急に涼しくなってきた。大芦さんがずっと滞在しているので、いつもより睡眠時間が短い。
10日の火曜日は月曜代替ということで登校している教員は少ない。10時から後期の理事長・学長室の職務分担について話し合う。10時40分、常勤役員会打ち合わせ。11時40分鶴田准教授からサバティカルの報告。トルコよりポーランドのほうが今後の発展の可能性があるのではないだろうか。13時雑誌取材。14時来客、14時30分古田土さん、夕方はいろはをお迎えしてから公文書館のレセプションとForbesのシンポジウムのはしご。Forbesはベンチャー系の人が多く、いつもの世界と違う方たちと会う。菊池さんが亡くなったと聞く。
11日水曜日増澤、髙野先生から近畿大学出張報告を聞く。昭和ボストンも競争力はある。
11時40分から避難訓練、学園本部館の放送機器が不具合で訓練の必要性がわかる。Jアラートの場合はどうするか、など対応を考えておかねばならない。13時10分吉田、山本先生と日本語日本文学科の方針について。13時45分、日中韓セミナーについての報告。東京女子大の後を受けて今年初めてだったが、関係者の熱意と尽力で何とかできた。15時45分レスミー先生と友成さんのプロジェクトでカンボジアの国会議員の方たちが表敬訪問。18時30分から大学時代の友人たちと大芦さんも交えて広尾の和食。タイムスリップしたようにおしゃべりが弾む。
12日木曜日、大学ミーティング10時40分、案件がとても多く、12時半になっても積み残し多数。13時常勤役員会。比較的案件が少なくディスカッションができる。15時資金運用委員会。黒川紀章さんをしのぶ会は少し遅れるが知っている方が多い。かこさんの人徳だろう。そのあと東京ダンディウーマン100回目の会合でスピーチ。30周年記念会には行けなかったが、よく続いているのも橋本さんの熱意のたまものだろう。たくさん知っている人が来てくださった。加藤タキさんは相変わらず魅力的。
13日金曜日10時岩佐さんが訪ねてくれる。10時40分クイーンズランド大学のラブリーさん。研究熱心な方。12時20分日中友好訪問団報告会。2,3しっかり考えて報告してくれる学生もいたが、観光旅行的な感想を述べる学生が多く落胆。13時30分TRC社長、14時30分垣上さん、16時福祉社会学科。17時からタウンミーティング。ボストンについて。関心のない人に来てもらうにはどうすればよいか。

ゆっくり帰り、ジムでパンプを久しぶりで行う。
14日土曜日曇り時々で午前中は片付けや買い物、料理。14時からヨガをし、夕食を太子堂に届けてから、慶応の日吉へ。文系、理系2つの修士を取り、さらにPHDを取って研究者ではなく社会人を目指すという面白い取り組み。学生たちには14万円の給付型奨学金も出るそうで、社会人メンターやコーディネーターも配置して面白い取り組み。私の話がどれほど役に立ったかわからないが質問も多かった。東横線で帰り、太子堂に行ってひできさんと子供たちと夕食。
15日日曜日は雨。10時20分ジム、午後は原稿を書き、夕食にかぐみたち。

2017年10月10日の理事長ブログ [2017年10月10日(火)]

東京もきんもくせいの香りが漂いだし、秋が本格的になって、徒歩通勤によい季節になってきた。
キャンパスにも学生たちが戻ってきてにぎやかになった。
10月2日月曜日はゆっくり大学で事務処理をしてから、日暮里のホテルで日本語教育についてのシンポジウムにパネリストとして出席。私だけが門外漢でほかの人たちは日本語学校など関係者ばかり。それだけに私は新しい知見が得られたし、新しい視点での問題提起を感謝された。懇親会に出てから神田の学士会館で柳澤紀子さんの出版記念レセプション。伯夫さんもお元気で「テンプルの件よくやったね」とほめてくださる。紀子さんは全く変わらずお元気。島田晴雄先生にお目にかかる。
 3日、火曜日10時40分大学ミーティング。13時30分打林さん、14時雑誌インタビュー、15時谷川さん、ホイアンのルオンテービン小学校は5年になるが発展を続けているそうだ。15時30分アドミッション部長、GKPでいろはをお迎えして太子堂へ。
 4日水曜日9時からキャリアデザイン入門の講義で人見記念講堂。植松さんと新しいプロジェクトについて打ち合わせ。久しぶりにロータリーの昼食会。そのあとプログラム委員会。大学に帰って打ち合わせなど。16時20分、日経の阿部さん、リーダーズアカデミーの中間発表会。今年のグループはどういう活動をしてくれるか。
 5日木曜日、9時大学部局長会、そのあとクイーンズランド大学のMajella Fergusonさんが少し遅れてハローだけ。
先哲の慰霊祭であいさつしてから羽田空港へ。20分余りで到着。千歳まで席は満席。隣の人からサインを頼まれる。全国建設業労働災害防止大会で北海きたえーるという大きな会場で15時20分から講演。4000人の聴衆は見事におじさんばかり。銭高会長と話が弾む。
レセプションに冒頭出て、千歳空港から羽田へ。自宅には23時ごろ。
 6日金曜日。10時初等部の方と面談。11時半ベトナムホイアンの元市長スー書記と前松坂市副市長小林さん、日越大学の学生など。

13時30分かながわ中小企業同友会の卒業生の方。講演依頼。18時からテンプル大学の方たちとアメリカンクラブで懇談。
 7日土曜日、朝は大掃除。気候はいいし、時間はかけたがやはりきれいにならない。15時如水会館で吉住さんの出版記念会で乾杯の音頭、豊田章一郎さん、茂木さん、片岡仁左衛門夫人などそうそうたる参列者で着物がお似合いの方が多い。それから大学へ帰り、キャリアカレッジの受講生と懇談会。18時半ごろ帰宅。
 8日日曜日、ヨガに行き、原稿を書き、食事の準備をして世田谷公園に。夕方は岩村家、若奈たちでにぎやか。
 9日月曜日、布団干しや衣更え、夕方大芦さんが来てしばらく滞在。

2017年10月2日の理事長ブログ [2017年10月02日(月)]

しばらく海外に出て、帰ってからもバタバタしていてブログを書かないうちに10月になってしまった。9月は11日から14日まで日本にいて、それからピースボートに乗り、24日に帰国してから、また1週間が慌ただしく過ぎた。出発するときは解散のかの字も聞かなかったのに留守中にすっかり選挙モード。小池さんの希望の党立ち上げで、どこへ行ってもその話題で持ちきり。
9月11日は13時ロイ・ファウチさん。ヘルシーソサエティの審査員を依頼されるが不思議な力を持つ人。14時日本商工会議所の広報誌取材、15時男女共同参画センターらぷらすの桜井さんとNPO昭和の比嘉さん。
16時内山さん。夏休みはブリスベンに行っていたそうだ。18時から住友会館で女子会。
東京タワーといい、内部の光のインテリアといい素晴らしい。
12日火曜日10時半、今後の非英語系での英語教育について検討、12時からMS&ADの会議に出てから、国交省の現地視察に遅れて参加して鶴見川遊水地へ。見えないコントロールで水害が減っているのを聞き、水を治めるものは・・と納得。帰路大きな虹。
13日10時来客の後、浜松町でボードセミナーの講演に。大企業の役員クラスの方で、良い質問が多く楽しい。早く帰って太子堂へ。
14日、11時読売新聞取材。13時理事会。お忙しい校外の理事の方たちが全員参加でありがたい。そのあと丸の内で会食を途中で失礼して成田空港へ。トルコ航空でイスタンブール経由でアテネからクレタ島へ。イスタンブールもまだ行ったことがない街だが、空港の中だけで時間をつぶす。クレタ島でピースボートに乗船。乗り継ぎに時間がかかり午後遅くなったので全く見学できず。昨年と同じ船だが中国、韓国、シンガポールなどのアジアのシニアの方々と、30歳以下の若者が多く乗っていたのですっかり様変わり。
16日は素晴らしい晴天で船の上で講演。夕日もきれい。
17日午後はモンテネグロのコトルという港に寄港。小さな町だがすぐそばの山頂まで頑張って上る。眺めがよく感動。
18日は続いてドブロブニクに寄港。評判通り美しい街。ウォーキングのガイドさんは英語もきれいでキリスト伝来以前のバルカン半島の歴史を語ってくれて楽しかった。農家レストランで船の上でダンスを教えている方と話す。ツアー終了後一人で城壁を一周する。クロアチアはユーロ圏。
19日2回目の講演。
20日ナポリに入港。ポンペイとエルコラーレの遺跡見学のツアーに参加。ベスビオの噴火で埋もれていた町は予想以上にインフラの整った都市生活が行われていたのに感動。当時日本は縄文から弥生時代だったのだ。16時ごろにナポリに帰り着いて町を少し散歩して買い物。赤く染まるベスビオ、ソレント半島が美しい中出港。
21日船上で3回目の講演。
22日バルセロナに入港。船の人たちと別れ、一人で街を観光する。サグラダ・ファミリア教会はテロの面影もなく観光客でにぎわっている。スペインの国旗よりカタルーニャの旗が目立つ、ガウディとモダニスモの建築物が個性的で予想以上に魅力的な街。これも大航海時代の富の蓄積の賜物だろうか。夜はタクシーの運転手さんの紹介でフラメンコの劇場へ。なかなか水準が高かった。
23日も午後空港へ行くまでバルセロナの町を歩く。ピカソ美術館も魅力的。カタルーニャ独立の集会も。イスタンブール経由で成田に24日の夜19時に帰国。
25日は時差で睡眠不足だが、9時30分から大学ミーティング。13時大学部局長会、18時教育懇談会と後期スタートに向けての会議が始まる。
26日昼食、アメリカ商工会議所主催のカサノバさんの講演に招かれてアメリカンクラブへ。昭和女子大の学生がインターンシップをしていた。16時30分からBSTの改装の内覧会。改装でこれだけ素晴らしくなるのだと感動。夜、赤坂で会食。
27日午前中はアサヒグループホールディングスの取締役会。大学に戻って小林照子さんと対談。80歳を超えておられるがその美しさだけではなく、新たに会社を作られたエネルギーに感動。私もメークアップをしていただくが、いつもこうあらねばならないのにと深く反省。

28日9時30分から来年度採用候補者の面接。13時30分来客。15時からダイバーシティ推進機構のアドバイザリーボードの会合。素晴らしい方たちの議論は本当に刺激的で楽しかった。18時からキャリア支援センターの女子大就職率7年連続全国1位のお祝い会。たくさんの関係者が出席してくださる。この人たち一人一人の奮闘の結果なのだと改めて感謝でいっぱい。

29日9時教育会議。そのあとMS&ADの取締役会事前説明。14時朝日広告の取材。15時から昨日に続いて来年度の採用候補者の面接。30歳前後の働き盛りの優秀な人たちが、昭和女子大で働きたいと言っていただけるのは、なんてありがたいのかとただ感謝。採用できない人たちに申し訳ない気持ち。18時から経済の勉強会。談論風発でとても面白い。
30日はこども園の運動会。まだお遊戯が多いが昨年よりだいぶ体力がついてきた。17時から社会人メンターの集い。こちらも皆さんが協力していただけるのにただ感謝あるのみ。夜かぐみの誕生会で目黒のおしゃれなレストランへ。
10月1日8時20分に家を出て大阪へ。奈良学園大学が読売新聞と共同で行われた教育の未来を拓くシンポジウムで基調講演とパネルディスカッション。会場は小さいが満員で皆さん熱心に聞いていただいた。大阪大学の柳田さんはとても面白い議論。光葉同窓会の大阪支部の方も来ていただく。20時過ぎに帰宅。