2018年2月

2018年2月27日の理事長ブログ [2018年02月27日(火)]

今はベトナムのホイアンのホテルに滞在している。5年半ぶりのホイアン。ダナン空港へ直行便が飛び、ずいぶん便利になった。ちょうど旧正月で街中に鮮やかな旗がひらめき黄色の菊の鉢植えが目に付く。曇り時々晴れで気温もそう高くなく快適。 
2月19日月曜日10時人事打ち合わせ。10時30分西キャンパスの打ち合わせ。11時江口さんに紹介された来客。12時五十嵐さんとお昼を食べながらいろいろおしゃべり。13時打ち合わせ。
14時40分ごろ大学を出て品川のデロイトトーマツへ。女性活躍のいろいろなプロジェクトが進んでいる。そのあと公文によって太子堂。
20日火曜日9時15分から大学将来構想検討委員会、データがありすぎて現在の各学科の状況の確認で終わり、将来の方向性を議論するところまでいかず。10時40分大学ミーティング。13時30分櫻間さん。5月末のスウェーデンのお誘いは魅力的だが時間が取れるか?その後次々打ち合わせ。
21日水曜日10時武藤さん、ダイバーシティ推進機構アドバイザリーボードの進行について。12時早稲田の岡澤先生に来ていただきおしゃべり。相変わらずお元気でこちらも励まされる。教育者として聞くべき意見が多い。14時MS&ADホールディングスの方、そのあと打ち合わせが続く。18時30分佐藤玖美さんのお宅でマリアンさんを主賓にディナー。南麻布の岩垂さんの実家の近くで素敵なお宅。
22日木曜日9時大学部局長会。10時から大学ミーティング。12時から帝国ホテルで日経スマートワーク大賞の表彰式。岡田社長肝入りのプロジェクトで受賞企業もコニカミノルタをはじめほとんどCEOご本人が出席で、受賞者スピーチも気合が入っていた。このようにして日本の企業も変化していくといいのだが。私は乾杯の音頭。そのあと大学に戻り、15時30分ダイバーシティ推進機構アドバイザリーボードの第2回ミーティング。出席していただいた委員の皆さんのスピーチは素晴らしい。私は提言でなく、具体的な行動に結び付かせたいと思う。そのあと18時30分日本ベンチャー大賞の授賞式でホテルニューオータニへ。
23日金曜日朝7時に家を出て成田へ。デルタのラウンジで大学のテニスの先輩の浅尾さんと会ってびっくり。東大で特任研究員をしていらっしゃるがバリ島で気候変動の会議だそうだ。5時間余りの飛行でダナンへ。荷物が出てくるのが遅く少し心配したが、平井さん、谷川さんにも会えて無事ホテルにチエックイン。18時30分に約束していたつもりだったが18時にスー前書記が来てくださる。通訳がいなくて少し焦ったが、18時30分にみんな揃って農園レストランへ。ホテルでもレストランでもスーさんは大人気。貧しい街を豊かにしたいろいろな話を伺うがご本人はオートバイで移動。自分が豊かになるのを考える政治家が多いのに市民を豊かにすることに力を注いだ姿に改めて感心。
24日土曜日8時にホテルにViさんに迎えに来てもらってミーソン遺跡に。

7世紀から14世紀まで栄えたチャンパ王国の遺跡でヒンズーの影響が強い。ベトナム戦争のころの爆撃のあとが残っている。平和になって観光客がこんなに来ているのは良いことだ。船で川下り。いったんホテルに帰ってからまたショッピングへ。採寸してもらってドレスをオーダー。ホテルでは、中国や韓国の観光客のほうが多いということで日本円の両替ができず。旧正月最後の週末で大変な人出。ランタンが明るく華やかで灯篭流しの船が行きかう。
25日日曜日、ゆっくり10時にホテルを出て平井さんたちも一緒にダナンへ。五行山は仏教とヒンズーが混在。大変な観光客で、エレベーターに乗らず、階段で登る。お昼ドンズー日本語学校の方々とお昼。まじめな志のある校長のタンさんは千葉大学に留学し、斎藤修教授に指導受けたというのでまたびっくり。そのあと平井さんとダナンのまちでショッピングや観光。そのうちにワイキキのようになるのだとダナンからホイアンまでの海沿いはいくつもの大規模リゾートホテルが建設中。夕食はみんなで海沿いの海鮮レストラン。韓国の団体旅行客が盛り上がっていた。
26日月曜日午前中はゆっくりして午後、6年前に校舎を寄付したルオンテービン小学校へ。ホイアン一の人気校になって生徒数が増えたのに教室が足りず、困っているそうだ。校長先生は前と同じ方。15時から生徒たちが歓迎と感謝の歌と踊り。そのあとダナンへ行き、平井さんユンさんと夕食。

2018年2月19日の理事長ブログ [2018年02月19日(月)]

光の春という言葉がふさわしい日と寒い日が交錯する。3連休と外部の会議で大学滞在時間が少ない週だった。平昌オリンピックで羽生選手の金メダル、小平選手の金メダルに皆沸き立っている。
13日火曜日、3連休の後で大学に行く。10時30分はある企業が学園の緑化プロジェクトを提案。費用負担を出入りの業者にお願いするのは釈然としないし、スポンサーになってくれる企業はいるか、半信半疑。11時採用候補者面接。11時30分雑誌の取材。13時30分理事長学長講話。先日鈴木寛さんに言われたとおり、昭和女子大の改革をまず内部の学生から理解してもらわなければならないとテンプルや上海交通大学の話をする。先日附属中高部の教員に広報部長が昭和女子大の現状を説明したのも、遅ればせながら必要な良い試みだった。続いて沖縄ファミリーマートの方とのプロジェクトの発表会。学生たちに良い経験をさせていただき感謝。15時30分学内の打ち合わせ。

太子堂へ。
14日水曜日、9時MS&ADホールディングスの取締役会。久しぶりにラッシュアワーの地下鉄に乗る。いろいろな勉強会が続く。13時30分資生堂パーラーで久しぶりに内海さんと会食。相変わらずお元気で国際人脈も素晴らしい。15時大学で打ち合わせ、16時来客、17時学内面談。
15日木曜日、アサヒグループホールディングス取締役会。13時30分大学の理事会。いろいろ有益な議論。16時30分来客、17時から打ち合わせが続く。公文経由で太子堂。
16日金曜日は10時から農林中金、13時30分過ぎに終わり、1時間余り銀座を歩く。春節休暇で中国の人がもっと多いかと思ったがそこそこ。15時から帝国ホテルで山上の光賞の検討会。75歳以上を対象として活躍されている人を勇気づけるとても良い試み。18時30分から藤本家のワインパーティ。素晴らしいワインとピアノ連弾、テノール、カンツォーネ、シャンソンとぜいたくな時間。
17日土曜日は午前中ジムでホットヨガをしてから大学へ。12時キャリアカレッジの同窓会であいさつしてから少し事務処理。寒冷前線が通り過ぎたのか一時的な雨の中を帰る。夕食にわかな一家。
18日日曜日朝ブリスベンのマーガレットから長い電話。ジムへ行って、メールや原稿を書いてのんびり過ごす。夜キャンドルでわかなとかぐみたちと食事。

2018年2月13日の理事長ブログ [2018年02月13日(火)]

立春が過ぎ、三寒四温で寒い日と暖かい日が交互に来る中で梅がほころび日脚が伸びていく。2月は一番好きな季節の一つであるが福井は大雪。
2月5日月曜日、10時からダイバーシティ推進機構や記念講堂について、リーダーズアカデミーなど学内の打ち合わせ。11時来客、12時30分教育の取材。幼児期だけでなく小学生、中高生と子供がまともに育つのは本当にいろんな課題や困難があるのだと改めて考えさせられる。自分の子育ての時はとにかくまともに育ってくれればよいと思っていたが、現在の母親たちは様々なプレッシャーにさらされているのだ。14時農林中金の方。15時から女性文化研究賞の選考委員会。今年も力作が多く選考は大変になりそう。専門でなくともいろんな本が読めるのは楽しい。太子堂へ。
6日火曜日9時15分常勤役員会の打ち合わせ。10時大学ミーティング。11時40分アドミッション部長からB日程入試の結果説明。終了後すぐに法テラスの顧問会議に出席。14時30分に出て農林中金の経営協議会へ。タクシーが明治生命ビルに着けて少し遅刻。終了後懇談会。
7日水曜日、福井の中井さんと話すが雪が1メートル20センチも積もり、車も全く動かないので夫君は診療所の近くのホテルで泊まったそうだ。大学で人事の検討、そのあと東京ロータリークラブで卓話者アクティブラーニング社の得能さんの紹介。15時大学で保育士のステップアップ研修について打ち合わせ。16時30分からダイバーシティ推進機構の公開講座白河桃子客員教授のコーディネイトで。味の素の高倉さんと働き方改革についてパネルディスカッション。とても的を射た良いディスカッションができた。単に残業を少なくするだけでなく、人事評価の在り方、仕事の優先順位など考えなければならないことは多い。AIも作業は効率化するかもしれないが優先順位をつけるのは人間。

8日木曜日9時大学部局長会、10時10分から大学ミーティング。常勤採用候補者面接。13時常勤役員会。15時30分元インドネシア大使の塩尻さん。16時30分から女性文化研究所の研究員発表会。クイーンズランド大学からきているラブリーさんの研究発表は面白かった。理事長室・学長室のメンバーと新年会を兼ねた夕食会。
9日金曜日10時工業倶楽部の喫茶室でレクチャーを受けた後鈴木寛さんの話を聞く。いつもながら論旨明快、情熱あふれ、こういう人に活躍してもらえないのは日本の政治の貧困を示している。12時経済同友会産業懇談会で餌取章男さんの卓話。地球外生物の話も面白かったが地球上に繁殖しすぎた人類の未来はどうなるか、今読んでいる「人体600万年の歴史」とも通じる問題。
大学に戻って打ち合わせ数件、18時前にマー君をお迎えして公文経由で太子堂へ。
10日土曜日午前中はわかなのサポート、夕方ジムに行ってから裕史さんとマー君の誕生会で日本橋の鉄板焼き。帰り雨になる。
11日日曜日、書類整理でもたもた過ぎる。原稿は一本だけ。駒場キャンパスでは梅がちらほら。
12日月曜日、ヘーベルハウスのアフターサービスのあとアメリカンクラブでさくら女子中学の今後について打ち合わせ。帰宅して掃除。夕食にわかな一家。いろはがレシピを見て作ったというお菓子をプレゼントしてくれる。

2018年2月5日の理事長ブログ [2018年02月05日(月)]

1月から2月に月が替わり今日は立春、暦の上では春だが寒い中、B日程入試が行われた。
29日月曜日は10時30分から経済産業省で日本ベンチャー大賞の審査会。いろいろな新しい企業が生まれているのは心強い。大学に戻って13時30分UBS銀行、14時アジア教育友好協会谷川さん、15時国土交通省の担当官と委員会の打ち合わせ。早めに終えて熊谷の野中さんのお通夜へ。お花だけでよいかと迷ったのだが皆さんとても喜んでくださる。到着してすぐ何の用意もしていないのに挨拶を頼まれ、心情だけ述べる。最後まで頭はクリアで、みんなから愛されての旅立ち。22時前に帰宅。
30日火曜日10時からMS&ADホールディングスの取締役会、大学に帰って13時30分橋田さんと松本和子(愛媛の松本さんと同姓同名!)さんが訪ねて見える。そのあと学内打ち合わせ、16時資金運用委員会。アメリカの金利が上がっているのに円高なのかなど常識が通じない。今日はマー君の誕生日で英毅さんが早く帰るというのでお迎えだけして、ジムへ行く。
31日水曜日、9時45分キャリアデザイン入門、45分間2か月前と同じ話をするのは難しい。10時40分A日程入試の結果をアドミッション部長から聞く。入試問題が精緻になりすぎているのではないか。定員管理は厳しくなっているが、23区内はどうせ定員を増やせないのだからとたくさん学生を取る大学も出てくるだろう。そのあといろはの発表会に親の代わりに顔を出すがすでに出番は終わっていた。13時30分からアサヒグループホールディングスの取締役会。17時前に大学に戻って打ち合わせなど。17時インターネット協会と本学が人材育成の面で提携することをプレスリリースで発表した。(https://www.u-presscenter.jp/2018/01/post-38783.html)
2月1日木曜日附属中学の入学試験。9時30分付き添いの保護者にごあいさつ。10時40分教員の採用候補者面接。大学ミーティング。お昼セルリアンタワーで芹澤ゆうさんと食事。フランスで教育を受け自分で英語を勉強した話など感銘。大学まで車で送ってもらう。14時ビジ研の小森さん、16時から国土交通省の社会資本整備審議会、18時30分六本木で会食。雪になる前のみぞれのうちに帰宅。
2日金曜日。朝はうっすら雪が積もっているが先週の月曜日ほどではなく、交通も乱れず。

9時30分から昨日に続いて中学入試の付き添いの保護者にごあいさつ。10時30分法テラスの方、総務部長と2/6会議の事前打ち合わせ。14時50分富山市のUJI就職のフォーラムで講演。17時前に大学に帰り、打ち合わせなど。わかなをサポートしてから三宿で会食。
3日土曜日確定申告の資料整理。13時過ぎからジム。夕食にわかな。夜かぐみも。
4日日曜日B日程入試、8時過ぎに大学へ行ってあいさつ。12時30分東京立山会。夕食にわかな一家。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(「SHOWA ON MEDIA」より)
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 「SMBCマネジメントプラス」2月号に寄稿
2018年2月1日 坂東眞理子 理事長・総長
会報誌「SMBCマネジメントプラス」2月号 SMBCコンサルティング
p3
「オーストラリアの年金制度」と題して寄稿しました。
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 月刊「清流」3月号に記事を掲載
2018年2月1日 坂東眞理子 理事長・総長
月刊「清流」3月号
p52-53(2頁)
第27回「超高齢社会の人生設計図」に「和歌をたしなんで、教養を磨きましょう」と題し、記事を掲載しました。
=============================================
坂東眞理子 理事長・総長 「楽しいわが家」2月号が記事を掲載
2018年2月1日 坂東眞理子 理事長・総長
「楽しいわが家」2月号 全国信用金庫協会
p9-10(2頁)
連載「ホーム・ジャーナル」に「教育無償化の前に」と題して記事が掲載されました。
=============================================