2019年8月

2019年8月26日理事長ブログ [2019年08月26日(月)]

 『逝く夏』は自分が誕生日を迎えることもあって、心がざわつく季節である。しかし17日の誕生日には意外な方からお祝いを頂き、力づけられた。
 8月16日金曜日一斉休暇明けで久しぶりに大学へ。長い夏休みだと思うのだが教員も職員もまだ休暇ムード。あまり教職員が来ていないので仕事は少ないかと思ったが、そこそこ打ち合わせなど。18時30分目黒でオール5グループの夕食会。思いがけず寄せ書きと花束をいただく。皆さん働き盛りでエネルギーに満ちている。読売新聞に東京学校支援機構理事長としての記事が大きく掲載。
 17日土曜日ひっそりと誕生日と思っていたが、花が届いたり、電報が来たり、プレゼントの本が来たり、この歳で祝っていただけるのはありがたく感謝でいっぱい。東京学校支援機構の方からも。午前中に桜新町で自転車を引き取って大学へ。暑くてオープンキャンパスに来る方が少ないのではないかと心配だったが、昨年に比べ約2割増し。ありがたいことだ。アドミッションや各学科の教員、学生も頑張っている。12時半表参道で江口さんと一緒に故堺屋太一さんのお宅へ。奥様も急になくなられたので大変だが、素晴らしい方に愛されてお幸せ。
 18日日曜日11時半ごろ家を出て甲府で富山から来たかぐみたちの車に乗って中込農園へ。ブドウやモモを取って楽しむ。曇りから雨になって土地さんのところに寄らないで山中湖のホテルへ。夕食は東大の山中寮の近くで。子供たちとプールで泳いだり、ゆっくり。
 19日月曜日、東京への高速バスの予約が取れず、富士急の駅まで裕文さんに送ってもらい、大月経由で帰る。12時保坂区長と昼食。14時30分文化放送で志の輔さんのラジオ収録。橘高さんが来てくださる。早く終わったので一旦大学に寄ってから、今野さんの番町の会社へ。会社設立50周年。夕食は行きつけの店がKKRホテル東京なのでびっくり。
 20日火曜日10時 跡見学園女子大学の笠原学長。立教大学でセカンドステージ大学を成功させた方だけあって素晴らしい行動力。女子大の復権をリカレント教育に求めるというのはまさしく正論。元経団連にいらした小山さんも。11時NPO昭和の桜井さん、角田さん。13時30分雑誌取材。別のテーマで同じ雑誌の方に来ていただけるのは嬉しい。15時社会変革推進機構の方たちと打ち合わせ。16時夕立の中、内閣府 官民人材交流センターの池田さん。機構を作るだけでなく担当者が熱意をもって推進して初めて機能するのだと実感。夜久しぶりに渋谷で竹内さん、浜野さん、照山さんと夕食。
 21日水曜日10時吉田副学長、10時40分大学ミーテング。13時雑誌の取材。
 15時農林中金、16時女性誌の取材。とても良い記者さん。19時新宿で星野さんたちと夕食。1年に1度の会だが坂巻さんが亡くなられて寂しい。
 22日木曜日。まず大学へ寄ってから11時農林中央金庫。早く終わったので松方コレクション展を見てから表参道の歯医者へ。15時から東京学校支援機構の方々。16時30分、皇室関係の取材。昨日と同じカメラマン。18時過ぎ木本さんが来校。
 23日金曜日10時~11時半広報部、12時30分植松理事長室長、13時30分出版社の対談。16時北村さんと森井さん。18時30分高輪で前日本公認会計士協会会長の関根さん、前会計検査院長の小林さんたちと出所(退任)祝い。
 24日土曜日午前中「かりん」の歌を出し、お昼にジムに行ってから14時過ぎ大学へ。14時半から日中韓プログラムの学生向けに講義。16時15分修了式、谷野作太郎客員教授、吉田様、竹中様も来てくださる。

 17時20分からの懇親会を早めに切り上げて帰宅し、宅急便を受け取る。
 25日日曜日午前中わかなのリクエストの物資の買い出し。ジムに行った後、自宅で網戸の引き取り、美容院、宅急便に荷物を出すなど順調に対処。夕食にかぐみ一家。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(大学ウェブサイト「ニュース」掲載情報より)
=============================================
2019年8月13日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
WEB
東洋経済ONLINE「私が見た、企業トップの女性活躍への”及び腰”」(外部リンク)

2019年8月16日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
読売新聞 15面
東京学校支援機構(7月1日設立)理事長就任の件でインタビューが掲載されました。
=============================================

2019年8月16日理事長ブログ [2019年08月16日(金)]

 台風10号が四国から広島県島根県を横切り日本海に出てお盆の交通網は大混乱。東京はとにかく暑い。
 8月5日(月)テンプル大学ジャパン(TUJ)へ貸し出す西キャンパス10号館の竣工式。昨年3月13日の起工式、その前のいろいろな交渉や曲折を思うと感無量。立派な校舎が完成した。TUJのブルース学長、古橋建築事務所の古橋所長、東急建設㈱の浅野副社長とテープカット。そのあと中を見て回る。

学生ラウンジや図書館も立派で学生募集にも良い影響があるだろう。全体的に予想していたよりも広く感じる。プールではこども園の園児たちが泳いでいてすみれ組の園児たちからは「あんちゃんのおばあさん」と声をかけられる。11時半から本部館3階で直会のパーティー。そのあとブルースTUJ学長と打合せ。13時30分メイクをしてもらって小学館のプロモーションビデオの撮影。売れると出版社も力を入れてくださる。15時30分植松理事長室長、16時30分木間こども園総括園長。「日本一のこども園にしよう」と私が言っているのがプレッシャーになっているそうで反省。18時30分渋谷で鹿嶋さんなどと会食。有馬さんは津田塾大学の理事としていろいろ考えておられる。
 6日(火)銀行で振り込みをしてから10時30分農林中央金庫の経営管理委員会に出席。大学に戻って14時東洋経済オンラインの吉川さん。15時東急建設㈱の社長以下がご挨拶に来校。15時30分熊平さん、塚原さん、30%CLUB JAPANとダイバーシティ推進機構がタイアップできればよいのだが。18時30分から渋谷で学長室・理事長室のみんなと暑気払い。若い人たちが仕事を楽しむ機会を作らねば。
 7日(水)10時消費者庁井内前次長、飛田教授、樋口特命教授、11時日本公認会計士協会の新任の会長がご挨拶。11時45分からロータリークラブへ。お誕生日を祝ってもらう。卓話は室伏お茶の水女子大学学長。国立の小規模大学として研究大学を目指すというのはよい方針だと思う。補助金は少なく運営交付金のない私立中規模の昭和女子大学は教育に力を入れざるを得ない。14時歯医者、歯のクリーニングだけのはずだったのに少し傷んでいて治療。15時半大学に帰り、谷野さんから声をかけてもらった会合に出席するために麻布へ。新任の韓国大使はまだお若く温厚そうな方。
 8日(木)大学は夏休みだが、事務処理のため午後登校。朝日新聞朝刊28面に全面広告。川崎さんも出校してくれて、事務処理はほとんど終わる。いったん帰宅してから代々木上原で古田土さんたちと会食。いろんな話が聞けて楽しかった。
 9日(金)新幹線で金沢へ。中央線が途中安全確認のため12分遅れてハラハラしたが東京駅の出発時間に無事間に合う。13時から北國新聞政経懇話会で講演。政治家や経済界の方の話が多いので私は変わり種だろう。北陸先端科学技術大学院大学の浅野学長が聞いてくださる。また能登から大徹さんがわざわざ来て漆器を届けてくださる。終了後新幹線で富山へ。高齢ドライバーの姉が迎えに来てくれる。富山も暑いが墓参り。
 10日(土)姉、由里ちゃん、由美ちゃんと立山高原ホテルへ。特別室が取れてラッキー。3年前の古稀登山の時と違って素晴らしい晴天。みくりが池のほうまでひとりで散歩してから夕食。夕食後日没を見る。19時半ごろから星空観賞。半月で「月明らかに星まれに」だが眼がなれてくると天の川や夏の大三角形。流れ星も。3年前に付き合ってくれた笹林さんががん再発との知らせ。歳歳年年人同じからず。
 11日(日)朝日を見てから朝食。好天だったので一人で一の越までハイキング。新しいルートで登ろうと思ったが、けがをしてはいけないので往復とも登山者の多い正規ルートで。姉は室堂で山の日のイベントに付き合い、由里ちゃん、由美ちゃんはみくりが池方面へ行く。バス、ケーブルカーを乗り継いで下界へ。涼しい天国から地獄の暑さ。夕方姉とスーパー農道経由で滑川の坂東家へ。磬子さんも足が悪くなっているのによく世話してくださる。ベトナムランタン祭りが大変な人出なので驚く。今年で10回目だそう。7月に会った県議会議員の大門さんに会う。誠さんの家の長男はもう高校1年生、次男は中学2年生。よその家の子供の成長は早い。
 12日(月)、のんびり朝寝。姉は見合いの世話でお昼外出。午後岩井文子さんの田添の家へ。一人でのんびりし静養するには良い趣のある建物。坂井啓子さんもお孫さんを連れて会いに来てくれる。県立富山高校の副校長まで務めたのだがとてもやさしい。見舞いに言ったつもりだがすっかり世話になる。姉の家に帰ってから富山市のホテルグランテラス富山に光葉同窓会富山支部の方々が22名も集まってくださる。県立美術館の学芸員や高岡万葉館の学芸員をしている卒業生も張り切って働いている。
 13日(火)お昼富山市で北条さん、杉本さん、北川さんと昼食。そのあと深見さんの家へ。資料館も立派で感心する。そのあと姉の家に。陽子ちゃんと亮人君、それに俊行一家も加わって大賑わい。みんなでおばあちゃんの墓参り。おばあちゃんがなくなってからこの子たちは産まれたのだ。お店は予約が取れないというので、家で刺身などを買って夕食。福井県庁は保守分裂選挙の後遺症で大変らしい。陽子ちゃんの長男の裕紀君はケアンズにホームステイに行っているそうだ。
 14日(水)のんびり14時ごろに家を出て新幹線で東京へ。18時からかぐみたちと唯璃ちゃんの誕生日会。みんなで明日から富山に行くそうだ。久しぶりに自宅に帰ったが、やはりバジルは枯れてしまった。しそは何とか。
 15日(木)朝からクスノキ基金に寄付する本を出し整理掃除するはずだったが、かえって面白い本を見つけて時間がかかり掃除は全くできず。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(大学ウェブサイト「ニュース」掲載情報より)
=============================================
2019年8月1日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
雑誌「清流」9月号
p94 「著者に聞く」
著書「70歳のたしなみ」をもとに生き方について語っています。

2019年8月1日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
雑誌「ゆうゆう」9月号
p44
「人生相談」として読者の相談に答えました。

2019年8月8日
大学 坂東眞理子 理事長・総長 読売新聞が記事を掲載
朝日新聞 朝刊 28面
=============================================

2019年8月4日理事長ブログ [2019年08月05日(月)]

 7月29日に梅雨明け宣言が出され、本格的な夏がやってきた。夏は夏らしくあってほしいと思うのだが、やはり暑い。わかな一家がベルギーに発ち、台風が去ったように静かになった。
 7月29日(月)9時30分食安全マネジメント学科。10時30分MS&ADの説明。12時15分現代教養学科の学生たちのプロジェクト学寮のプレゼンを聞く。環境デザイン学科を嚆矢として他の学科にも少しずつ広がってきたが、まだ提案がない学科もある。いつ頃提案があるか、楽しみだ。
 13時20分人事面接。14時30分、アメリカのboarding schoolの話を聞く。IBスクールにして頑張っているそうで、中国、インドからの留学生が増えているという。15時植松理事長室長、15時45分野村證券の担当者が異動の挨拶。16時30分デンマークの大学とのジョイントプログラムBAA(Business Academy Aarhus)のオープニングセレモニー。新しい交流プログラムが生まれるのはうれしい。

17時30分東京インターナショナルスクールの坪谷さん。こちらから訪問すべきだったのに来てくださりいろいろお話。わかなたちは今晩も送別会。
 30日(火)9時からスマートストアと高木准教授担当プロジェクトのプロモーションのための動画を広報部が撮影。昭和女子大学の教員の方たちを紹介しようと提案したのだが、予想以上に時間と手間がかかる。10時香川県立保健医療大学の井伊学長。9月の講演だけではなく、いろいろなお話を伺う。10時40分大学ミーティング。13時30分社会変革推進機構の理事会のため赤坂へ。続いて帝国ホテルでヘルシーソサエティの諮問委員会。大学に戻りIntensive Japanese Language Programの修了式。19時かぐみたちと一緒に家族での送別会。
 31日(水)MS&ADの取締役会に直行。昼食後経堂の記念館。改めて保険会社の資産の厚みを感じる。そこから私だけ失礼して大学へ。リーダーズアカデミーの中間発表を聞く。水というテーマで4グループがいろいろな提案をした。

TUJとの契約も大詰め。
 8月1日9時学生部。昨日のトラブルについて説明。9時30分大学院1年制コースについての検討経過の報告。本当に入学者が増えるだろうか。10時40分大学ミーティング。12時北陸先端科学技術大学院大学の浅野学長たち。昭和女子大学から進学した学生たちも頑張っているし、教員の方たちの指導に感謝。14時来客。15時30分垣上業務部長。16時毎日新聞の中村さん。三鷹のタクシー営業所に忘れ物を取りに行く。
 2日(金)朝5時過ぎにいろはは起きて、みんなで朝ご飯を食べてから7時にタクシーで英毅さんといろは・杏奈ちゃんは張り切って出発。マー君もいっしょに行きたがる。
 大学に行く途中、自転車のパンク修理を依頼。10時30分沼財務部長。11時農林中金事前説明。13時比護同窓会会長。13時30分福住総務部長。14時植松理事長室長、15時30分スケジュールの打合せ。みんながいなくなり、わかなと二人で夕食。急に静かになった感じ。
 3日(土)ゆっくり旅立ちの準備。前に頂戴した桃がちょうどなくなったところに新しく桃をいただく。お昼ジム。SKYPEとwhatsAppをセットしてもらう。夕方わかなが職場の送別会に行くのでマー君を預かる。公園の木陰は少し涼しく、セミを取ったり散歩している犬をなでたり。かぐみと夕食。わかなは23時近くに帰宅。
 4日(日)わかなの好きなおかずで朝食と昼食。マー君にはスイカ。16時20分ごろ大きな荷物をもってタクシーで渋谷から成田空港へ。見送って帰る。今まで見送られる側になることが多かったが、見送る側に立つ不思議な感覚。

=============================================
■今週の「MARIKO ON MEDIA」■(大学ウェブサイト「ニュース」掲載情報より)
=============================================
2019年8月1日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
「楽しいわが家」8月号 全国信用金庫協会
p9-10(2頁)
連載「ホーム・ジャーナル」に引きこもりについて寄稿しました。

2019年7月29日
大学 坂東眞理子 理事長・総長
北國新聞 北風抄
「アメリカの大学、日本の大学」記事が掲載されました。
=============================================