2020年3月

2020年3月21日理事長ブログ [2020年03月23日(月)]

 春うららの陽気に恵まれて桜が五分咲きの美しい季節だが、新型コロナウイルス感染はヨーロッパ、アメリカでも深刻な状況で日本が相対的に抑え込みに成功しているように見える。
 本来3月16日(月)に大学の卒業式、20日(金)に初等部の卒業式が執り行われる週なのだが、すべて創立者記念講堂での式典は行わず、教室で卒業証書の授与。予定していた様々な団体の会議なども続々キャンセルで書面決議などに変更。
 3月16日(月)卒業式の日なので教室に行きお祝いの一つも言いたいなと思うが、逡巡。11時理事会前打ち合わせ。卒業式のお祝い弁当は例年通り支給。12時30分4月以降の大学の授業をどうするか打ち合わせ。Never waste good crisis でこれを機会にオンライン授業を実用化しなければならない。学生がPCを持たない、Wi-Fiなどの環境が整っていないという反論も出るが、これを機会に整えるべき。13時30分比嘉業務部次長と打ち合わせをした後、岡田世田谷区副区長が来校。何とか既存建物不適格を解消しないと身動きが取れない。15時銀行。16時30分歯医者で手術。1時間ほどで終わる。若奈のいるベルギーも刻々と規制が強まるようで心配。
 3月17日(火)資生堂の福祉文化財団の会合は書面決議に変更、10時スケジュール打ち合わせ。11時武藤ダイバーシティ推進機構事務局長。13時30分石原信雄さんを訪問。93歳になられるがお元気で相変わらずいろいろなお世話をしておられる。こうしたメンターに出会えた自分の幸運に感謝。16時30分パーソルHD㈱の水田社長と㈱パーソル総合研究所の方々。何かご一緒に女性キャリアの研究ができないかと思う。18時30分から国際連携本部のご苦労様会。
 18日(水)東京工業大学の上田教授を訪問。東工大も改革し、新しい教育に取り組んでおられるのは知っていたが、現場で汗をかいている上田教授のような方がおられるからこそと感動。何とか昭和女子大学とご一緒出来ないかと思う。いただいた本も魅力的。宗教、教団、教会、寺ではなく、何か大いなるものを信じている日本人のよりどころは何だろう。12時30分日経の武樋さん。13時30分フスレ教授、マイリ―サ教授。14時薬師寺の事務局長を務める原さんが来校。いろんな法事がすべてキャンセルだそう。17時30分渋谷スクランブルスクエア東棟。金尾副学長たちと一緒に新しいコワーキングスペースである「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」を見学。そのあとヒカリエで松下、打林、太田さんと会食。いつもよりは少ないがそこそこの人出。チケットを予約していたので20時40分にスクランブルスクエアの47階屋上に行く。若いカップルが多いのに驚く。渋谷の新デートスポット。
 19日(木)犯罪被害者救援基金の会議は書面審査に。9時50分から国際交流センター、ビジネスデザイン学科、英語コミュニケーション学科と打合せ。4月からのボストン留学の中止・延期を決定。11時評議員会。いつもより間隔をあけて窓を開けて感染予防。13時理事会。どちらも補正予算、来年度の事業計画書、予算書などがあり、時間が長くかかる。16時山崎総合教育センター長。16時30分教務部と学生部、4月以降の学事とウキウキクラブについて。
 20日(金)初等部の卒業式だが視聴覚教室で話し、児童は教室でそれを見る。その後に駒場から緑道へサイクリング。桜は一、二分咲き。

 21日(土)午前中に原稿を仕上げる。お昼にかぐみの隣の家が売りに出ているのを見る。15時円より子政治スクールで講演。参加者は20人程度と少ないが円さんも頑張っている。よし枝さんも来てくれた。終了後四谷経由で表参道にいき食事。
 22日(日)書類整理など。緑道の桜は5分咲きでたくさんの人出。かぐみたちが夕食に。
 

2020年3月15日理事長ブログ [2020年03月16日(月)]

 新型コロナウイルスがヨーロッパに広がり、アメリカも非常事態宣言を出し、世界的に株価が暴落している。先のことがわからない不安の中で皆手探りでやるべきことをやるしかない。
 3月9日(月)10時から女性文化研究所の運営委員会。2004年に昭和女子大学に赴任してから続けてきた女性文化研究所の所長を退任、16年間いろいろな思い出がよみがえる。とりわけ学長に就任するまではここが拠点だった。掛川特任教授、森特任教授、志摩教授、伊藤教授、粕谷准教授たちのご協力に感謝あるのみ。森特任教授も退任されるというのでお花をいただく。午後は女性文化研究賞の2次選考会。最近会合のキャンセルが多いので本を読む時間はたくさんある。社会人で私の院生で博士号を取った修了生が2月22日に亡くなったと連絡がありショック。15時TEPRO(一般財団法人東京学校支援機構)の定例ミーティング、18時半から目黒のレストランで会食。
 3月10日(火)9時半藤島アドミッション部長。3月入試の結果について。ほかの上位校と同じとはいえ受験生が昨年より減少しているのは残念。その後常勤役員会打ち合わせ、13時30分シェラトン都ホテルでの講演会がキャンセルになったので雑誌の取材を入れてもらう。16時農林中央金庫の事前説明。17時オンライン授業につかえるZoomについて情報メディア課から説明してもらう。夜の会食予定はキャンセル。
 3月11日(水)9時半児玉人事部長、10時から創立100周年記念イベントの打ち合わせ。100周年ということだとほかのテーマもありうるかもしれないとか、このテーマは手を広げすぎ、この分科会は突っ込み不足とか、いろいろ気になるがまずは担当者と意見交換ができてよかった。11時30分創立者記念講堂で卒業式の告辞を収録。大学でも式典を行わないことになったので、告辞を動画撮影してインターネットを通じて卒業生に見てもらうことになった。無観客試合のように人のいない講堂で話すのは気分が乗らないが仕方がない。13時過ぎに東邦大学医療センター大橋病院へ。レントゲンを撮って担当医と話すだけ、自然治癒を待つだけなのだが、少しずつ内出血が目立たなくなり、ほっとする。小森専任講師から頂戴したお化粧品にも感謝。
 12日(木)郵便局によってから大学へ。10時40分大学ミーティング。13時から常勤役員会。15時を過ぎる。15時30分東京工業大学の学長、副学長が来校。16時第4回の危機対策本部会議。米国ボストンの情勢が悪くなり、昭和ボストンの受け入れが課題。18時恵比寿で会食。ベルギーも学校が休校になり、子供たちは家にいることになってわかなは大変。せっかく向こうの学校に子供たちも慣れたのに、日本に帰国する日本人も多いらしい。
 13日(金)9時半農林中央金庫経営管理委員会に出席。お昼をいただいて12時半ごろ大学へ。関係学科、関係部署、昭和ボストンと相談を重ねた結果、ビジネスデザイン学科の4月からのボストン留学は来年に延期。それに伴っていろいろな対応が必要になる。保護者の方への説明もしっかり行わなければならない。15時比嘉業務部次長、16時王敏さん。自主休業は終わったがクラスレッスンはなくひっそりしている。機器を使って自主トレ。
 14日(土)桜の開花宣言はあったが朝から冷たい雨。こども園の卒園式を1クラスずつ、保護者も1家庭1人で3回行う。戸を開け放しているのでとても寒い。それでも門出を祝ってあげたいという教職員の気持ちは通じたと思う。「サヨナラ僕たちのこども園」の合唱に杏奈ちゃんを思い出す。夕食にかぐみたち。

 15日(日)昨日と打って変わって素晴らしい快晴。庭の海棠も膨らみ始めた春なのに、新型コロナウイルスで気分は重いまま。

2020年3月1日理事長ブログ [2020年03月02日(月)]

 27日夕方の安倍総理の小中高校の休校要請にびっくり。木曜日の18時半発表で、月曜日からというのは金曜日しか準備時間がない。急いで木曜日20時から臨時の危機対策本部会議で対応を協議。中高部のボストン研修旅行をどうするのか、卒業式は?成績評価は?学生生徒児童園児たちに申し訳ないが、いわば非常事態宣言。おそらく日本中の社会経済活動は大きなダメージを受けるだろうし、日本は大変らしいというので各国(特にアメリカ)から受け入れ拒否されることになるのではないか。出口の見えないパフォーマンスでなければ良いが。
 2月25日(火)MS&ADのサスティナビリティ委員会。小田急が事故で混乱。先週転んでできた傷をカバーするため眼帯にしたのだが不自由。銀行で休眠預金の解約。12時前に法テラス顧問会議。女性メンバーが増えたので気のせいか発言がしやすくなる。15時半ごろ大学に行き、次々と打ち合わせ。18時半から表参道で企業で活躍している女性たちと会食。
 26日(水)10時コロナウィルスの危機対策本部会議。BST(The British School in Tokyo)はじめ各部署の現在の情報共有を申し合わせる。学生や保護者の心情を思うと残念だが、卒業式の規模縮小はやむを得ないか。11時日本マイクロソフトの方が講演の事前打合せで来校。熱心に進めてくださる担当者は数年前三輪田学園で講演した時の保護者だそう。14時岡崎嘉平太国際奨学財団の評議員会。15時30分社会改革推進財団理事会。議論百出。18時20分まで。そのあと渋谷で男女共同参画室時代の仲間と久しぶりに会食。
 27日(木)9時30分藤島アドミッション部長。コロナもあり受験者数は昨年に及ばないか。偏差値、受験者数、学科の実力が反映して差は大きい。10時40分大学ミーティング。12時30分東京理科大学の理事の方々とTUJの方。15時植松理事長室長、16時NPO昭和打ち合わせ。早めに帰宅したとたん垣上業務部長、比嘉業務部次長から電話があり、安倍総理の要請にどう対処するか話す。明日朝保護者からの問い合わせが殺到するだろうから早めに危機対策本部会議。子ども園をどうするかはなかなか世田谷区の方針が決まらず、28日の午後開所要請がある。
 28日(金)アフタースクールも閉所。午前中はMS&ADの取締役会。お昼を失礼して帰り、13時過ぎから昨日のフォローアップの打ち合わせ。14時採用面談。14時50分人事部打ち合わせ。15時30分石間奨学金授与式。16時来客、17時NPO昭和の桜井さんと森山さん。柴田小学校長からは強く閉所を求められ、苦渋の決断で閉所。
 29日(土)朝、近所の整形外科へ。自然治癒を待つしかないらしい。今使っているものよりも少し大きいサングラスを買う。文化賞候補の女房文学論を読む。大野裕さんの本の推薦文を書く。
 3月1日(日)うららかな春の陽ざしは明るく沈丁花の香りが町に漂っているが、けがとコロナで気分は浮き立たない。夕食にかぐみたち。

理事長室前に飾ってあるひな人形