平成28年度 心理学専攻M2修士論文中間発表会 [2016年08月02日(火)]

7月19日にM2の修論中間発表会がありました。

中間発表会では、修士2年生は3部屋に分かれ、指導教員以外の教員から質疑を受けます。発表したM2と、発表を聞いたM1の院生の感想を紹介します。

DSC_1095 DSC_1085

M2高城さん
「7月19日に心理学専攻の修士論文中間発表会がありました。普段詳細に触れることのない他ゼミの発表者の研究の視点や研究計画に感心して聞き入っていると、ご出席の先生方からは鋭い視点のご質問やご指摘がなされ、改めて自分にはまだまだ論文や研究計画を批判的に読む視点が足りないことを実感しました。
また、自分の発表についても、これから分析や考察を進めていく上での有益な視点や批判的な見方が得られ、とても参考になりました。発表者の皆さん、お疲れ様でした!ご指導を頂きました先生方、改めてありがとうございました。」

M1藤岡さん
「今回、先輩方の修論の中間発表を聞いて、様々な観点から検討していて、完成度が高いと感じました。パワーポイントも見やすいように工夫されていて、難しい内容でしたが、わかりやすく伝えようとしていました。質疑応答の時間は10分と長く、教授からの様々な鋭い質問に対して、先輩方も納得がいくように説明をしたり、教授からのアドバイスを受けてそれを考慮していたりしていました。
また、事前に質疑応答で教授に指摘された箇所をメモしてほしいと先輩に頼まれ、口頭で質疑応答が飛び交うように行われたため、書き留めるのが大変でした。多くの意見や質疑に対して、これから問題点を修正していくことはとても大変なことだと思いますが、様々な分野の多くの先生方から指摘を受けることができるというのは、とても貴重なことだと思います。様々な観点から見て頂くことで、新しい発見や新しい切り口に気づくことができると思います。来年、自分が先輩のように発表できるか不安ですが、先輩を目指して少しずつ精進していきたいと思います。」