「東南アジア青年の船」紀行⑤ [2011年01月15日(土)]

SSEAYP
~Homestay in Indonesia~
東南アジア青年の船
~インドネシアでのホームステイ~

              After Thailand, we reached to Indonesia, Jakarta. It was again a Muslim country. I expected to wear long sleeve shirts even if it’s hot because Indonesia is strict about the religion in my image. I also imagined that the shower was going to be cold water. However, my prediction was not correct.
              Jakarta is one of the crowded cities in the world. A lot of people and heavy traffic jam were welcomed me. Our buses to go to the reception site were escorted by the police in order to avoid the traffic jam. I met my host family at the reception, and they took care of me with three other participant youths from Thailand, Singapore and Lao. For my surprise, my host mother did not wear the scarf which represents Islam. The religion was not so strict, and many women did not wear the scarf on the street, too.
             Two hours drive to their home after we met was very tiring, but I remember that my excitement woke me up. Their house was huge, and the interior parts were also gorgeous. I could even use hot shower. My host family also had several servants and a driver. I was so surprised because I did not expect such a luxury life in Indonesia. The living standard in Jakarta seemed much higher than Japanese one.
              What I liked most about Jakarta was that I found a lot of well-made products at cheap price wherever we go shopping. I enjoyed sightseeing and meal time with a lot of people. The food was similar to Malaysian, but I like the taste better. On the other hand, like in Thailand, the poverty also caught my eyes in the crowded part of Jakarta. The situation was similar to Thailand, but I found more homeless children there. They came closer to our car for begging when it stopped at the traffic light. It was hard for me to see such children from the air conditioned car. My family was kind and warm to me, but their attitude toward the homeless was mean and cold. I left Jakarta with unsettled feeling.

 タイを去って、私たちはインドネシアのジャカルタに到着しました。再びイスラム教国家です。インドネシアは宗教に対して厳格な国だからいくら暑くても長袖の洋服を着ないといけないのだろうと思っていました。また、シャワーはお水しか出ないのだろうと覚悟していたものです。ところが私の予想は間違っていました。
 ジャカルタは世界でも有数の人口が多い都市です。たくさんの人と交通渋滞が私を迎えてくれました。参加青年の乗った、レセプション会場まで行くバスは渋滞を避けるために警察に先導されたほどです。レセプション会場に到着すると、今回のホストファミリーは私の他にタイ人とシンガポール人とラオス人の参加青年4人の面倒を見てくれるのだということがわかりました。このとき驚いたことに、お母さんはイスラム教にも関わらず、スカーフを頭にかぶっていませんでした。よく見ると道でスカーフを着けていないイスラム教の女性が多くいたので、宗教に厳しいインドネシアのイメージは崩れました。
 家までの2時間のドライブにはうんざりでしたが、家に着くと興奮して目が冴えてきました。大きくて内装も豪華なおうちでした。さらに温かいシャワーを使えたのです。ホストファミリーには数人のお手伝いさんと専属の運転手がついていました。このような贅沢な暮らしを想像していなかったので、私は本当に驚きでいっぱいです。ジャカルタの生活水準は日本よりも何倍も高いように思いました。
 ジャカルタで私が一番気に入ったのは、どこに買い物に行っても質の良い品物が安価でみつかることです。みんなと観光をしてごはんを食べることもとても楽しいひとときでした。食べ物はマレーシアのものと似ていましたが、ジャカルタで食べた物の方が自分の口に合ったようです。その反面、タイと同じく私の目を捉えたのは市街地での貧困でした。状況はタイと似ていましたが、私が見たのはより多くの幼いホームレスの子どもたちです。私たちの乗る車が信号待ちをしている度に近寄ってきては物乞いをしていました。クーラーの効いた車内からそのような子どもたちを見るのは辛いことでした。家族はみんな、私に対しては親切で温かいのですが、ホームレスに対する態度は意地悪く冷たい印象を受けました。なんだか複雑な心境でジャカルタを後にした私でした。