「東南アジア青年の船」紀行⑦ [2011年01月19日(水)]

SSEAYP
~Homestay in Vietnam~
東南アジア青年の船
~ベトナムでのホームステイ~

 

 

The last homestay during this program was in Vietnam, Ho Chi Minh City. The first impression of this city was countless motorcycles. It is not the only thing I was surprised about the vehicle. I sometimes saw small kids between parents on the motorcycle. If the child was small, it looked okay, but I got scared when I saw two small kids between parents. I was also worried if the main transportation of my host family would be a motorcycle.
At the city hall, I met my host sister with Philippine homestay mate. The host parents could speak few English, and only the host sister could communicate with us in English. Their house was located in the flower shop district, and they were doing flower business there. Even though the house was small, I enjoyed the lively atmosphere and cheerful people living there. My host family had motorcycles per person, but it seemed like they usually don’t use them. I hesitated to ride on a motorcycle at first, but I gradually had a feeling that I want to try it. On the last day, my host mother gave me a ride, and I still remember how excited I was. It was much faster than cars to go shopping. I also noticed that it was safe to ride a motorcycle in Ho Chi Minh City. I learned the reason why many people like to have motorcycles. To tell the truth, when I rode on a motorcycle, I felt a lot of fun, but at the same time, I felt the air pollution. If there were well-organized transportation, the scenery of Vietnam would be completely different. The economy of this country is growing. I hope the money will be spent for better public transportation system.
This country was a French colony, but the south part doesn’t have traces of France. It was rather similar to Japan. I enjoyed the foods and shopping. The taste of foods was the best among the five countries I went during this program. I also found the fashion of Vietnamese was similar to Japanese ones. I liked the design of clothes and ceramics of Vietnamese product. The price was attractive, too. Now I can understand why many foreigners like to visit Vietnam. I stayed three days only in Ho Chi Minh City this time, so I’d like to come back to Vietnam and visit other places.

 

このプログラムで最後となるホームステイはベトナム、ホーチミン市です。到着して初めの印象は溢れんばかりのバイクでした。そしてバイクに関して驚いたことはそのおびただしい数だけでなく、その乗り方でした。ときどき両親の間に子どもが挟まって乗っていることがありました。子どもが小さければまだ見ている方も安心できますが、なんと2人の子どもが両親に挟まれ、4人で1台のバイクに乗っている姿をみたときにはさすがにヒヤヒヤしたものです。ホストファミリーの普段の交通手段がバイクだったらこのような感じかな、と心配になりました。
今回はホーチミン市の庁舎でフィリピン人のホームステイメイトとホストシスターに会いました。両親は英語をほとんど話すことができず、彼女とだけ英語でコミュニケーションがとれました。お家はお花屋さんが立ち並ぶ住宅街の一角にあり、私のホストファミリーもお花屋さんを経営しているそうです。家のサイズは小さかったものの、活気に満ちた雰囲気で明るいひとたちに囲まれた生活空間はとても楽しかったです。家族全員1人1台はバイクを所有していたのですが、普段はあまり使わないそうです。不思議なもので、最初はバイクに乗るのをためらっていた私でしたが、現地の雰囲気に押され、だんだんと乗ってみたくなりました。お母さんが最後の日に私を乗せてくれて、今でもその時の興奮を憶えています。ホーチミン市ではバイクに乗ると買い物も短時間ででき、意外と安全でした。なぜ多くの人がバイクを所有しているかわかった気がします。ただ、バイクに乗った時はとても楽しかったのですが、それと同時にこの国の大気汚染を強く感じました。もし良い公共の交通機関が発達すれば、ベトナムの風景はまるで違うものになると思います。経済発展が著しいベトナムですが、経済活動で出たお金が交通機関の発達に使われてほしいなと思いました。
この国は昔フランス領でしたが、南部はその名残がありませんでした。むしろ日本に似ているところが多かったように感じます。食べ物や買い物も楽しかったです。料理の味はこのプログラム中に訪問した5カ国の中で一番おいしかったし、ベトナム人のファッションが日本人と似ているということも発見しました。洋服や陶器のデザインが気に入りました。値段も魅力の一つです。ベトナムに来たがる外国人がたくさんいる理由がここにありました。私は今回、ホーチミン市にだけ3泊したのですが、またベトナムに来て、今度は違う場所にも行ってみたいです。