極寒のボストンから 2 [2015年01月31日(土)]

引き続き、高味@ボストンです。

本日は延長プログラムが実施されているNewbury
Collegeに、授業見学に行ってきました。現在34名の学生が、こちらで実施されているプログラムに参加しています。

Newbury Collegeは、昭和ボストンの学生が日常利用するReservoir(リザボワ)と言う駅から歩いて10分程度の場所にあります。写真の様なまるで個人の家のようなレンガ建ての建物も教室として用いられていました。日本の大学とは少々違う、落ち着いた雰囲気を持つ大学でした。



いつもは2つのグループに分かれて授業を受けているのですが、本日はNewbury
Collegeに通う5名の学生をパネリストとしてクラスに招き彼らの学生生活をインタビューするというアクティビティでした。学生たちにとりましては、アメリカと日本の学生生活を比較できる大変良い機会となっていました。

学生たちは、ボストン校とは違う環境の中で、これまで学んだ経験を活かして、積極的に発言し、充実した時間を過ごしている様子でした。