2014年8月

8月23日(土)・24日(日)オープンキャンパス [2014年08月25日(月)]

今週末、8月23日・24日の両日にオープン・キャンパスがありました。学科イベントとしては、教員による2回の学科説明会、在学生の留学体験談、教員の模擬授業が行われて、国際学科の教室は、例年以上の賑わいを見せました。近年のオープン・キャンパスでは、教員と学生が協働して、各学科ブースで学科紹介に努めています。


[ 学科ブース ]


[ 留学説明会 ]


[ 学生の留学体験談 ]


[ 体験授業 ]

より多くの受験生が国際学科を希望して入学して、先輩のように留学という機会を通じて、人間的に成長できることを願っています。

廣田

第4期生・ソウル女子大学留学便り~6月編・その2~ [2014年08月01日(金)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
中間試験では読みのテストの点数があまり良くなかった為、読みの復習を何度も繰り返しやりました。読みの授業では著者の主張したい内容や単語の意味を理解するのが大変ですが、授業をきちんと聞き本文を何度も読み返すことで理解が深まっていきます。また、私は文章を読み要点をおさえるのに人一倍時間がかかる為、授業を録音して復習に使うようにしています。テスト前は分からないところを集中して聴き、重要な部分を自分なりにノートにまとめています。
会話のテストでは教科書に沿った内容の質問をされる為、教科書の内容をよく理解しておくことが大切です。理解するだけではなく、自分の考えや経験したこと等を書き出し、どのような質問をされるかあらかじめ予想し、どのように答えたらいいか友達と練習したりもしました。

<寮・ホームステイ先で楽しみは何ですか>
寮ではよく食べ物を配達してもらい、長時間話をすることが多いです。グループワークが多い為一緒に作業することも多々あります。ですが寮にずっといても規則やルームメイトが必ずいる為、息が詰まる時もあります。そのようなときは外に出てショッピングをしたり食べたかったものを食べます。何か面白いイベント等がないかを調べて実際に行ってみたり、カラオケに行ったりと各自やりたいことを思い切りやりつつ留学生活を満喫しています。
また、今月で故郷に帰ってしまう友達がいたので、送別会をしました。留学を通して出会い、一緒に勉強してきた友達が帰ってしまうことは本当に悲しく辛かったですが、絶対に会いに行くという約束をしてお別れをしました。

<休暇中(5月24日~6月15日)はどのように過ごしましたか>
休暇中は家族や親せきが韓国に来た為、韓国の様々なところを案内して回りました。
韓国で私たちが好んで食べている物、訪れる場所ではなく、親世代の人たちが好みそうなお店や場所を探すのにとても苦労しましたが私自身もあまり行ったことのないような所に行けてよかったと思います。


クラスメイトと先生と一緒に野球観戦にも行きました。
私は野球が好きで日本でもよく野球を観戦しに行くのですが、韓国ではその野球観戦が初めてのスポーツ観戦でした。

私は先生が応援している斗山bearsというチームを応援しました。応援歌や選手の名前を覚え、他の観客と一緒に思い切り応援しました。韓国語で応援歌を歌ったり、選手を応援することはなかなかできない貴重な経験だと思いました。

ribbonN.H.ribbon