第1期生・アルカラ大学カルデナル・シスネロス校留学便り~10月編~ [2014年11月14日(金)]

<楽しかった授業は何ですか>
毎日の授業が楽しく、つまらなかった授業はありません。
先生方は本当に親切で丁寧に授業を行ってくれます。
クラスの人数が7人ととても少ないため、先生方は生徒全員の面倒をしっかりとみてくれます。
先生との距離が近く、わからないことがあればすぐその場で質問でき、
クラス全員でわからないことを理解していきます。
私は日本での授業でわからないことをその場で質問するのは苦手であったため、
こちらの授業で気兼ねなく質問できるのがとても嬉しいです。


[クラスの様子]


[第1期生]

<ホームステイ先での生活>
私は若夫婦と赤ちゃんがいる家庭でホームステイさせていただいています。
ご夫婦はとても親切で話しやすいです。
会話をしていて私が理解できなかった時は、
ゆっくり話してくださったり、言い換えたりして、私がわかるまで話してくださります。
留学初日に生まれた赤ちゃんはとても可愛らしく、
毎日成長を見守ることができるので楽しいです。
自分の部屋は静かで過ごしやすく、自習しやすい環境が整っています。


[ホームステイ先]

<新生活を振り返って>
留学当初は相手の言っていることを理解するのに時間がかかり、
とてもストレスを感じていました。
それが最近では徐々にスペイン語に慣れていき、
聞き取りがしやすくなってきたように思います。
しかし、またまだ相手の言うことを理解できないことは多いし、
言いたいことが言えずもどかしい思いをよくします。
今後は今以上に勉強に励み、家族とも積極的に会話をして、
自分のスペイン語力を高めたいと思っています。


[街の様子]


[ドン・キホーテとサンチョ・パンサの銅像]

ribbonY.N.ribbon