第5期生・上海交通大学留学便り ~10月編・その2~ [2014年11月28日(金)]

<授業で大変なことは何ですか>
授業はだいぶ慣れきて、以前よりも積極的に授業を受けられるようになりました。
日本では文法の学習を行う際、日本語で理解するため、
その内容や用法を習得するのは困難なことではありませんでした。
しかし現在文法を学ぶ際、中国語で説明された内容を自分のものにしなければならないため、
以前よりも大変だと感じます。
写作の授業でセンテンスを作るとき、自分の語彙力のなさを実感します。
日本語で言いたいことが思いついても単語が思いつかず、
中国語に翻訳できないということがよくあります。
英語を学んだ時と同じように、やはり語彙力を高めることが重要だと思いました。
口語の授業では一人でパワーポイントを使いながら発表する機会がありました。
与えられた時間も長く、最初は不安でいっぱいでしたが、
よく準備をして臨んだため、発表はうまくいきました。
今ではそのことが自信につながっています。

<寮での生活で楽しかったことは何ですか>
10月は誕生日を迎える友達が数人いたため、みんなでお祝いしました。
外国で身近な友達が迎えたり、
誕生日をお祝いしたりということはあまりない経験なので、
とても新鮮な気持ちになりました。
最近は近くにあるスーパーでお米などを購入して、自炊をしています。
友達と一緒に話しながら料理をするため、とても楽しいです。
生活にも慣れてきたところで、
もう一度自分の生活を見つめなおして、いい生活習慣をつくっていきたいと思います。

<国慶節は何をしましたか>
国慶節は昭和の友達やクラスメイトと遊園地に出かけたり、
買い物をしたり、上海を散策したりしました。

3

 

 

 

 

 

 

 

[遊園地の様子]

日本のゴールデンウィークのような感じで、どこも人がたくさんいてとても驚きました。
また、一週間という長い休みだったため、遊ぶだけではなく、
今までの授業の復習や予習をしました。
有意義な時間を過ごせたと思います。
国慶節は会社や学校などが休みになり、多くの国民が休暇を楽しみます。
中国で生活をしているからこそ、経験できる休暇だったと思います。
国慶節にはどのような意味が込められているのか考えるいい機会にもなりました。

2

 

 

 

 

 

 


[
街の様子
]

N.Y.