第1期生・アルカラ大学カルデナル・シスネロス校留学便り~12月編~ [2015年02月04日(水)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
テスト対策は主に単語に力を入れています。
単語の量だけでなくスペイン語は単語が多く変化するために、
規則変化と不規則変化にはそれぞれの変化と交わらないように注意するようにしています。
また、文法は授業で使われた問題をもう一度解き直し、
苦手な部分は持参した参考書をつかうようにしています。
筆記試験だけでなくスピーキングもあるために、
文法や単語の変化は書けるだけでなくすぐに言葉に出すことができるように
日常会話で積極的に使うようにしています。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
スペインのクリスマスはとでも大規模で、24日には大人から子供まで全員のドレスコードが必須でした。
この日はホストマザーの家族20人近くが集まり、経営しているレストランで食事しました。

ホストファミリーと

ホストファミリーと

 

 

 

 

 

 

 

また、0時にはサンタクロースが来ると子供達は信じているらしく、
私も含め全員の子どもがプレゼントを貰いました。
25日のお昼はリビングに家族全員の靴の隣にプレゼントが用意されていました。
またその後は、ホストファザーの家族20人以上が前日と同じく経営しているレストランに集まり食事しました。

25日クリスマスツリーの前

25日クリスマスツリーの前

 

 

 

 

 

 

 

 

<今年を振り返って>
今年は2月にスペイン留学が決まり、それからは本当にあっという間に時が過ぎたと感じます。
スペインに来て、伝えたくても伝えることができない自分の無力さにいつも悔しく思います。
それと同時に学校の先生の優しさやホストファミリーの優しさ、
出会えた方のすべての優しさがとても心に沁みます。
限られた時間の中でどれだけ多くの出会いや多くの刺激を得るには自分次第なので、
これからも積極的に行動して多くの経験を積みたいです。

A.R.