第1期生・アルカラ大学カルデナル・シスネロス校留学便り~2月編~

<楽しかった授業は何ですか>
いつも授業は楽しいです。
9:30~11:30がコミュニケーション、12:00~14:00が文法の授業ですが、退屈だと思う時はありません。
先生達は明るく陽気で、そしてとても親切です。気軽に質問もできますし、分かるまで説明してくれます。
学習面だけでなく私生活のことまで相談にのってくれたり、
ホストファミリーとはどう??などいつも気にかけてくれます。
あと3ヶ月で先生達と別れてしまうと思うと、とても寂しいです。

授業風景
授業風景

<ホームステイ先で週末はどのように過ごしていますか>
週末はなるべく出かけるように心がけています。
金曜日の夜はインテルカンビオという日本人とスペイン人が交流する会へなるべく行くようにして
スペイン語を話す機会を作っています。
土曜日はマドリードへ行ったり、アルカラの山の方へ散歩したりバルへ行ったりしています。
日曜日は家でホストファミリーと映画を見たり、課題やったりします。
また週末は親戚が集まってご飯を食べることが多くあり、いつもより賑やかで楽しいです。

山からの風景
山からの風景

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
2/13~2/19まで行われたカーニバルです。

カーニバルの様子
カーニバルの様子

カトリック教であるスペインではセマナサンタ(聖週間)の40日前の1週間カーニバルがあります。
大学のカーニバルに参加して仮装したり、アルカラのカーニバルを見に行ったりしました。

カーニバルの様子
カーニバルの様子
仮装の様子
仮装の様子

カーニバル最終日はお肉を食べていけなかったり、魚(偽物)を担いだり、
泣き真似をした人たちのカーニバルが行われていました。
スペインの宗教について学べる良い機会になりました。

S.M.