第5期生・ソウル女子大学留学便り~5月編・その1~

<語学堂最後の学期にのぞむ決意>
去年の8月から韓国に来て、ついに留学生活も終盤にさしかかろうとしています。
語学堂も3級から始まり、いよいよ最高級の6級を迎えました。
毎日身近に韓国語に触れながら色々感じたり、考えたりしてきましたが
それが出来るのもあと2ヶ月!
だからこそ語学堂最期の学期は勉強にしても、遊びにしても、
1日1日をより大切にし、充実した毎日を送りたいです。
ただ進むのではなく今までの留学生活の中で学んだことを
きちんと振り返る時間も忘れずにします。
そして日本に戻った時にあの最期の2ヶ月間があって
本当に良かったと思えるような濃い2ヶ月にします!

<寮で心がけていることは何ですか>
寮で心がけていることはルームメイトとの生活です。
寮の部屋は1人だけで使う訳では無いので、
お互いのことを思いやりながら生活することが重要です。
ルームメイトが先に寝る時はなるべく物音を立てないように行動したり、
電話する時は部屋の外に出たりと相手の迷惑にならないように気をつけています。
私は外国人の方とルームメイトになることが多いので、
毎回文化について新しい発見もありとても楽しいです!
部屋の他にも共同スペースの使い方など集団生活のルールを
留学生活の中で学ぶことが出来ました。

<こどもの日、または釈迦誕生日はどのように過ごしましたか>
釈迦誕生日(5月25日)は友達と一緒に仁寺洞と景福宮に行きました。
韓国の歴史ある場所にも関わらず私は今まで1度も行ったことが無かったので
釈迦誕生日の機会に行くことが出来てとても嬉しかったです!
この日は初めてのことが多く、有名な参鶏湯を食べ、

参鶏湯
参鶏湯

オミジャ茶を飲み、

オミジャ茶
オミジャ茶

光化門を見て、

光化門
光化門

世宗大王にも会うことが出来ました!

世宗大王
世宗大王

いつもとは違い、歴史を感じられる経験がたくさん出来たので
韓国についてまた少しだけ理解が深まったと思います。
タイムスリップしたかのようでした。

1
今度は韓服も着てみたいです!

☆S.K.☆