第5期生・中国留学便り ~上海交通大学 9月編・その1~ [2015年10月16日(金)]

<楽しかった授業は何ですか>
楽しい授業は中国民俗の授業です。この授業では主に中国の祭日や文化について学んでいます。昨年中国で生活していて祭日に伝統行事を体験することはありましたが、その意義について深く考えたことがありませんでした。この授業で中国の祭日の習慣や意義を知り、現地の祭日を肌で体験したいと思います。3年生の授業になってから、どの授業も内容が難しくなり、しっかり予習と復習をしていても理解するのにとても大変です。そのため、これまで以上に授業に集中していきたいと思います。

<寮での生活>
今年から桃李苑に住み始めました。以前住んでいた联兴楼と異なる部分がたくさんあります。まず一つは、桃李苑はキッチンがないため、寮で自炊をすることができないことです。料理は私の趣味の一つでもあったため、少し残念です。二つ目はシャワーの違いです。联兴楼はシャワーを浴びるとき1時間前からお湯を準備しなければなりません。しかし、桃李苑の場合カードを入れればすぐに浴びれるため、とても便利です。自分の部屋にいる時はほとんど勉強をするか、音楽を聴くかなので、今学期からは読書にも挑戦したいと思います。

<新生活を振り返って。または上海DD留学をするにあたっての目標>
中国での生活が始まって、あっという間に一ヶ月が経過しました。こちらでの生活は2年目なので、今年は去年以上に中国のことを知って、自分の肌で中国の文化や習慣を実感したいと思います。また、卒業論文についても考え始めていきたいです。自分の興味のある分野をしぼって、些細なことでも自分なりに調べて、中国語でレポートを書いていきたいです。また語学学習の面では、中国語と英語で明確な目標をもって、検定を取得できるように努力していきたいと思います。学校の授業だけでなく、中国の新聞やニュースを毎日見て、世間のことにアンテナをたくさん張って生活していきたいです。

編集後昭和女子の学生で食事会

食事会の様子

2年目は最後の1年ということで、高い目標をもって、自分の限界に挑みたいと思います。

☆N.Y☆