第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 9月編・その2~ [2015年10月30日(金)]

<楽しかった授業は何ですか>
楽しかった授業は「韓国文化遺産探査」です。実際に遺跡地に行き先生のお話を聞きながら授業を行います。9/19には景福宮に行きました。

景福宮

景福宮

景福宮再建時にうまれた間違いがあることや、この当時は王と王妃が別々に寝ていたことなどを知りました。景福宮は広すぎたため実はここではないところに住んでいる方が多かったようです。専門的な用語がたくさん出てくるのでわからないことも数え切れないくらいありますが、新しい単語を覚える良い機会だと思いながら勉強していきたいです。

<寮での生活>
寮では一緒に編入してきた友達と一緒の部屋です。一緒に話をするときもありますがだいたい各自動画を見るなど違うことをしていることが多いです。韓国に来ていくつかルールを作りました。その中でも一番作ってよかったと感じることは「お互い嫌なことがあったら話すこと」です。わたしも何回か言いましたし何回か注意もされました。けれど嫌な気分になるよりも反省の気持ちの方が強かったです。ここでお互いの気になったことを言わずにいたらストレスが溜まっていき、今後の関係も悪くなると思います。各家庭のルールや各自の常識は違うことは当たり前だと思います。ですからこのルールを作ってよかったと思います。

<新生活を振り返って。また、旧盆はどのように過ごしましたか>
新生活を振り返って今までどれだけ周りの人に甘えてきたかを実感しました。あと残された11か月間でより成長することを目標に生活していきたいです。4月に初めて会った国際学科の子たちとこんなに仲良く過ごしていることに感謝し感動しています。また、旧盆は漢江に行きチキンを宅配してスーパームーンを見ました。たくさん話をしながら楽しい時間を過ごしました。町中では見かけることが少ない自転車も漢江にはたくさん走っていました。寒くなる前にもう一度行き、自転車に乗ってみたいです。

スーパームーン 

スーパームーン

☆S・S☆