第6期生・中国留学便り ~上海交通大学 10月編・その2~ [2015年11月20日(金)]

<授業で大変なことは何ですか>
上海に来てから一か月以上が経ち、だいぶ授業にも慣れてきました。ただまだ自分の意見を伝えるほどの中国語力が身についていないために、授業に受け身になってしまっているのが悔しいです。また当たり前のことですが、こちらで受けている授業は全て中国語であるため、莫大な量の単語を吸収しなければいけないのがとても大変です。私たちは中国語を勉強している年数が他の学生よりも短いために色々苦労することが多いですが、他の学生以上に予習復習を徹底的に行って自分の言いたいことを言えるように日々努力していきたいと思います。

<寮での生活で楽しかったことは何ですか>
2年生の多くは「联兴楼」という寮の同じ階で生活しているので、何かあったときはすぐに集まれるのが良い点です。このあいだは友達の二十歳の誕生日だったので、サプライズをしようとみんなでケーキを買ってお祝いをしました。友達も喜んでくれたようで良かったです。お祝いしたあとは、みんなで日本での授業の思い出や中国語を指導してくれていた先生の話など懐かしい話で盛り上がり、とても楽しかったです。留学生活を始めて辛いことも沢山ありますが、こうやって楽しい時間を共有できる友達にとても感謝しています。

サプライズのバースディパーティー

サプライズのバースディパーティー

<国慶節は何をしましたか>
国慶節は7日間もあるので色々なことが出来ました。3年生の先輩と食事に行って色々お話を聞いたり、少し地下鉄を乗ったところに遊園地があるので友達と遊びに行ったりしました。また、中国人の知り合いの方に「七宝」という観光地を案内してもらいました。しかし国慶節は観光地に人が集中するので移動するのが大変で、一通り街を散策したあとはすぐに落ち着いた場所へ移動しました。あとの日は寮で友達とお喋りしたり、授業の予習復習をするなど、ゆったりとした連休を過ごせたと思います。

中国の友人に観光案内をしてもらいました

中国の友人に観光案内をしてもらいました

☆F・A☆