第6期生・セント・メアリーズ大学留学便り~10月編~ [2015年12月18日(金)]

<授業で大変なことは何ですか>
語学学校の授業で私が大変だったと感じたのは、グループプレゼンテーションです。私自身グループプレゼンテーションは日本人同士で行うのも大変だと思うことがあるのですが、それを異なる国籍のクラスメートと行うのはかなり難しかったです。トピックを決めることから始め、準備、練習、そして発表までを短期間で終えなければいけないことや、うまくコミュニケーションが取れないということも加わり、やっている時はストレスを感じました。しかし終わってみると、異文化を学ぶことにもなり、またクラスメートと仲良くなることも出来ました。そのため大変なことも多くありましたが、達成感も味わうことができ、私にとってとてもプラスになる経験だったなとも思います。

授業の様子

授業の様子

 

<寮・ホームステイ先での生活で楽しかったことは何ですか>
寮対抗のアルティメットというフリスビー競技が毎週木曜日にあるのですがそれがとても楽しいです。大学のフィールドを使いみんなで身体を動かすのはとても気持ちがよいもので、いい気分転換になっています。そして、新しい友達とも知り合うことが出来ました。私にとっての毎週の楽しみとなっています。またフロアメートと一緒にフロアをハロウィン仕様にデコレーションしたり、パンプキンカービング(ジャック・オ・ランタンのようにかぼちゃに顔や好きなモチーフを彫ること)をしたり、ハロウィンにちなんだ映画鑑賞、カードゲームをしたことが楽しかったです。

フリスビー

アルティメットというフリスビー競技

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
私にとっての今月の大イベントはやはりハロウィンです。私だけでなく、現地の人々もとても楽しみにしているイベントだと思います。食堂もハロウィン仕様の飾りつけがされていたり、haunted houseが学内で行われたりと、当日に向け盛り上がりを見せています。日本では、ハロウィンをお祝いすることも、イベントに参加することもなかったためカナダでの異文化体験としても、ハロウィン自体を祝うこととしてもとても楽しみです。みんなはどのような仮装をするのか、私は何に仮装しようかと考えることもハロウィンの醍醐味なのかなと感じています。わくわくしながらハロウィン当日を待ちたいと思います。

ハロウィン

ハロウィンパーティー

☆K・R☆