第5期生・セント・メアリーズ大学留学便り~12月編~ [2016年02月24日(水)]

<テストに向けて何か対策をしていますか>
使っているテキストを復習しています。単語は動詞・名詞・形容詞・副詞を全て覚えます。私の場合、テストよりもプレゼンテーションの方が大変です。12月にプレゼンテーションが2つあったのですが、どちらもグループプレゼンテーションでした。1つは地球温暖化についてグラフを用いながらのプレゼンで、私は現状と自分たちの意見を担当です。情報の調べ方も決まっていて、今回は自分の母国語のサイトを見つけ出し、それを英語に翻訳するという方法です。ポイントは発音とグラフを使うことなので、発音の方法を調べて家で練習しています。テキストで出てきたグラフを説明するときに使う英単語を自分のプレゼンに合わせて話す練習もしています。
<仲良くなった友達について>
私が一番行動を共にしたのは2人の中国からの友達です。2人も面白くて私の留学生活を楽しくしてくれました。その子たちのお家で一緒に料理を作ったり買い物に行ったりと色んなことをしました。毎週火曜日はスーパーマーケットがスチューデントディスカウントをしてくれるので、ほぼ毎週行っていました。一週間分の食材を買うので帰りの荷物がすっごく重くて大変でしたが、みんなで協力して持って帰ったのでそれもいい思い出です。友達は途中から小さいキャリーケースをスーパーに持参していました。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスにはホストマザーが家族と親戚を家に呼び、クリスマスランチをしました。みんなマザー手作りの料理のランチを食べながら楽しくおしゃべりしました。そしていよいよプレゼントを開ける時間です。カナダでは、11月のRemembrance Day という戦没者追悼記念日の後にクリスマスのデコレーションが始まります。その時にクリスマスツリーの下にプレゼントを置き始め、クリスマスにみんなでプレゼントを開けます。ホストマザーの甥っ子がサンタになりきり、私たち一人ひとりのところまでプレゼントを届けてくれました。一人のプレゼントの数が多くて驚きました。私もその子にプレゼントとして本を用意したのですが、とても気に入ってくれたみたいで嬉しかったです。家族が集まって、一緒の時間を過ごし、とても心が温かくなるクリスマスでした。なんでみんなにクリスマスが好きなのか身をもって分かった気がしました。

たくさんのクリスマスプレゼント

ツリーの下のクリスマスプレゼント

☆K・E☆