第6期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 7月編・その3~ [2016年09月23日(金)]

<授業を受けている際、心がけていることは何ですか>
特別心がけていることはないですが、単語の説明やニュアンスなど先生の説明を聞きながら自分なりに重要だと思った事はメモをしたりして授業を聞いています。そうすることで類似の単語との違いが分かりやすくなったり、忘れにくくなったりするのでテストの時に役立ちます。
読解の授業は調べた新出単語をただ日本語で調べるのではなく、どんな意味なのかを韓国語で説明できるようにしておくようになりました。

<寮での生活を振り返って>
今のルームメイトは日本人2人、カンボジア人、ベトナム人の4人部屋ですが、カンボジア人の子が一時帰国するため4人が揃うのは今週が最後でした。そのため忙しいながらも時間を作って4人でご飯を食べに行きました。カラオケでは初めてベトナム語の歌を聞いたり、韓国語でみんなで歌ったり国籍関係なく楽しい時間になりました。私以外の3人はキリスト教なのでそれぞれの宗教的な考えから、恋愛観、専攻についてなど、沢山の話をしてより仲を深めることが出来てとても嬉しかった反面、4人での時間が無くなってしまうことを考えると悲しくもなりました。
カンボジア人の子は実家からアンコールワットが見える距離に住んでいるそうで、いつかカンボジアに遊びに行ったときにまた会えたらいいなと思います。

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
私以外のルームメイト3人がキリスト教なので、日本人の子が通う教会に初めて礼拝に行ってきました。

協会の外観

協会の外観

もともと学問的に興味があったのですが、日本ではキリスト教徒は人口の1%程しかいなくて、私生活でキリスト教の友達とも出会う機会がありませんでした。でも、今回のルームメイトのおかげで初めて礼拝に参加することができました。前から少しだけ日本では黙って心の中でお祈りするのとは違って、韓国では礼拝中に言葉に出したり身振り手振りで表現したりすると聞いていたのですが、実際に見ると想像以上にすごくて驚きました。

礼拝の様子

礼拝の様子

礼拝の後は、教会の人と1,2時間ほど話をしました。その日の牧師さんのお話の主題だった旧約聖書11章1~6節について、各自どのようにとらえて考えたのかなどを話し合い、共有しあったり、宗教に関係なく日本の事についても質問されたり、すごく有意義な時間になりました。言葉を聞きとれても、宗教用語の意味が分からなくて、説明してもらう場面も何度かあり、もっと宗教の基礎知識を身に付けなくてはいけないなと感じました。

☆H・K☆