第3期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 9月編・その2~ [2016年11月22日(火)]

<楽しかった授業は何ですか>
文法の授業では現在完了、点過去、線過去、点過去と線過去の使い分け、代名詞(ninguno/alguno/todo)、直接目的語と間接目的語、serとestarの使い分け、quéとcuálの使い分け、未来形など、基本的に1年生から2年生の時に世田谷キャンパスで学んだ文法事項の復習でしたが、1つ1つ濃く深く授業をやったので理解が進み定着しつつあります。また、文法事項だけではなく、文法ごとの読解も多く行いました。
会話の授業では体調が悪い時にどのような対処をするか、どのように伝えるかや、肯定命令と否定命令、お祝いの時の言葉や招待状またはそれの返事の書き方など人とコミュニケーションを取る上で必要なこと、特に表現を学びました。文法の授業とは違い、授業中は先生との会話が中心でリスニングも多く行いました。

<ホームステイ先での生活>
毎日14時半には帰宅するので家族と過ごす時間はすごくたくさんありました。できるだけ部屋にこもらないようにしています。

ホストファザーがよく作ってくれるパエリア (どのお店のものよりも1番美味しいです)

ホストファザーがよく作ってくれるパエリア
(どのお店のものよりも1番美味しいです)

わたしのホームステイ先は家族と共同の勉強&仕事部屋があるので勉強するときも家族の誰かしらと一緒にいます。できるだけ会話を自分からするように心がけています。放課後や休みの日はよくホームステイ先の妹と一緒にテレビや映画を観ています。もちろんスペイン語で、字幕を付けてみていますが特に映画は日本で観ていたものを観るとわかりやすく勉強にもなるのでそのようなものを選んでみています。
また夏場は家の共同プールが開いているので、放課後や休みの日はよくいっていました。プールにはたくさん近所の人たちがいるのでそこで友達や知り合いができ、また、週末は家族と近所の家族でBBQやパーティを行っているので家族以外の人とも会話をする貴重な機会を持つことができています。

近所の共同プールでのパーティ

近所の共同プールでのパーティ

家族ぐるみで仲良しな3家族合同バーベキュー

家族ぐるみで仲良しな3家族合同バーベキュー

<新生活を振り返って>
休日や放課後ははあまり家から出ないで活動的ではなかったです。家族と出かけるときは一緒に出かけていましたが、他の日は基本的に家か、また近くの公園に行くかしかなかったため、せっかく留学をしにスペインに来ているので、できるだけ外に出るように心がけたいです。また、日本人の友達とばかり喋っていたりするので、自分から働きかけて日本人以外の友達をこれから先作っていけたらと思っています。

日本語を学んでいるスペイン人の友達2人にマドリッドを案内してもらう

日本語を学んでいるスペイン人の友達とマドリッドにて

家族と会話をしているときにわからない単語がまだまだ多く、また自分が伝えるときも伝えづらいことが多々あるのでこれからも語彙力を増やすために努力をしていかなければならないと実感しました。授業外でも単語に意識して行きたいです。また、10月からは大学で学んでいたスペイン語の範囲以外の文法などが新しく出てくるのに加えて、文化の授業も増えるためまた更に苦戦すると思いますが、気を引き締め直して心機一転頑張りたいと思います。

☆Y・Y☆