第7期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 12月編・その2~ [2017年02月18日(土)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
5級クラスに上がり、授業内容が難しくなったことを日々実感しています。特に、읽기(文章読解)の授業では、日本語に訳しても簡単に理解できないような単語が頻繁に出てきます。そのため、毎日の予習と復習は欠かせません。前学期と比べて、授業が難しくなった分、内容を理解するまでに時間がかかって、大変な時もありますが、分からないときはクラスメートや韓国人の友達に質問をして解決します。また、授業中にメモを取りながら自分なりにまとめている文法ノートは、語学堂だけでなく、今後のTOPIKの勉強の際にも見返せるように日本語訳、活用法、注意点、例文などを簡潔に書くようにしています。

使っている教材と文法・単語ノート

使っている教材と文法・単語ノート

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
同じ昭和女子大学の友達と集まって、チキンやピザを食べて、クリスマスパーティーをしました。現在はそれぞれ違う学校で勉強をしているため、なかなか皆で会う機会がありません。こういった集まりは留学を始めてから2回目で、9月のチュソクの時に漢江で集まったとき以来でした。久しぶりに皆に会えて良かったです。留学を終えて、また同じ教室で勉強出来る日が楽しみです。

クリスマスパーティーのピザ

クリスマスパーティーのピザ

あちこちに飾られたクリスマスツリー

あちこちに飾られたクリスマスツリー

<今年を振り返って>
この1年は私にとってかなり充実した1年でした。3月には3週間の短期留学、そして8月からは長期留学をしています。1年に2回も海外で外国語を学ぶ機会はなかなか無いと思います。振り返ってみると、勉強に追われて辛くて大変だったことよりも、楽しい思い出ばかりが浮かんできます。特に留学生活を通して、たくさんの人と出会い、たくさんのことを学び、言葉では上手く言い表せないくらい本当に良い経験をしていると日々感じます。多くの人に支えや助けがあったからこそ、ここまでやってこれたのだと思います。留学生活を始めてから約4カ月ですが、まだまだやりたいこと、学びたいことがたくさんあるので、残りの期間も充実するように、楽しい毎日を送れればいいなと思います

☆M・A☆