第8期生・韓国留学便り ~ 誠信女子大学校 10月編~ [2017年12月15日(金)]

<授業には慣れましたか。また、授業で大変なことは何ですか>
授業を7週も受けてきたので慣れてきました。授業の始めの頃は韓国は教養の科目の授業で80人を超える授業でも皆が積極的に発言をする為そのような授業のスタイルに慣れるということが一番大変でした。もちろん教授も皆で授業を行うことに努力してくださる為後ろの席に座っている生徒に対しても配慮して下さるという点は良いと思いました。外国人だけの授業では、80%が中国人の留学生なので中国人の留学生に負けじと発言しなくてはいけない点が大変でした。

<学生寮での生活で楽しかったことは何ですか>
私達が住んでいる寮は外国人専用寮の為、階が同じ外国人の留学生と接する機会が多い点が楽しいです。初めは会話をするのも大変でしたが2ヶ月も経てば仲良くなってきました。私達の会話はもちろんは私達の共通言語の韓国語で会話をするのですが、中国人や台湾人の留学生から彼女達の母国語を学び私達も日本語を教えるという点などが楽しいなと思いました。他にも夜ご飯を皆で作って食べたり韓国は配達文化が発展しているのでペダル(デリバリー) をする点が楽しいです。

寮内の設備

<チュソク(旧盆)またはハングルの日は何をしましたか>
今回のチュソクはとても長い大型連休でした。いつもは中々顔の合わせることのできない他の大学に留学している日本人の友達と遊びました。他にも私はチュソク当日には親戚の家に遊びに行き、韓国の伝統的な料理を食べたりお餅を食べたりしました。また祖母のお墓詣りにも行ってきました。他の日には友達と景福宮に韓服を着て行ってきました。予想以上に人も多くてびっくりしました。日本ではお盆を中々やることが無いのですが韓国人は家族と歴史的な建物に行ったりして過ごすという点が素敵だなと思いました。

 

韓国の伝統衣装を着てバディーとルームメイトと景福宮へ

景福宮

景福宮にて

☆N・T☆