2018年3月

第8期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その3~ [2018年03月12日(月)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
留学生活も残すところ5か月なので、HSKのことを意識しないといけない。授業での会話の際に、使ったことがない文法を織り込ませて話したい。閲読や精読の授業においては、漢字を読め、理解できる者として、先頭を切って積極的に望みたい。だんだん耳も慣れてきたのだが、まだ的確さはないので、リスニングをもっと強化していきたい。ある程度のベースは中国に来て身についたので、帰るまでにもう少し高みを目指して、取り組んでいきたい。

<寮生活を通じて、生活面やなどで何か変化したことはありますか>
言語の面では私は2人部屋にしてよかったなとこの4か月で感じることは大いにあったが、気を遣う部分、ある程度妥協しないといけない部分があったのは確かである。しかし、それは共同生活するにおいてつきものであり、我慢する必要は全くないが、これが普通であると思って今は生活を行っている。今まで親と暮らし、1人部屋があった際にはわからなかった感覚を今は感じることができている。いればいるで、ストレスを感じることはあるが、いなければいないで、悲しくなることもある。やはり、私にとって、ルームメイトは大事な存在に変わった気がする。もし、これから留学する1年生で1人部屋か2人部屋で迷っている子がいるならば私は、2人部屋をお勧めする。1人だと怠けることも誰かほかに部屋にいるというだけで、鼓舞されることは間違いない。

大事なルームメイトと

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
元旦は上海にいる日本人の先輩に招かれ、10人くらいで一緒にお節とお鍋を食べた。こたつに入り、ミカンを食べ日本人らしく過ごしていた。テストが1/2からはじまるので、夕方には正月モードから勉強モードに切り替えて勉強をした。中国では、旧正月の方が重視されていることは知っていたが、こんなにも正月がさっぱりしていたのは生まれてから初めてだったので驚いた。
今年の目標はもう就活を意識した迅速かつ丁寧な行動を心掛けること。時間のある2月を利用して、HSK6級はもちろん、SPIの資格勉強。最近英語を使う機会も増えてきたので、TOEICでもいい成績を収められるように勉学に励みたい。

元旦の食事~おせちを食べました~

中国では春節に向けて準備中、街中赤い提灯で溢れている

どこかしこも春節!豫園がいつも以上に綺麗

大好物の火鍋

☆S・M☆

第8期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その2~ [2018年03月10日(土)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
昨年は日々の予習復習で精一杯だったため、自分の予想に反する質問をされると焦って思うような回答ができないというような場面がいくつもありました。また、先生が生徒全員に向けて投げかける質問は、当然のように周りの誰かに頼っていたところがあったと思います。今年は、そういった弱気で受身な姿勢から脱却し、自分の意見に自信を持って積極的に意見交換などをしたいです。初歩的なことではありますが、語学の壁に消極的にならず、伝えたいことに自信を持って発言できる強気な姿勢が、私には必要だと思います。

<寮生活を通じて、生活面やなどで何か変化したことはありますか>
基本的な生活を送るための身の回りのことは、ほとんどのことを自分一人でこなせるようになったと思います。日本にいた時は実家暮らしだったため、例え私がやらなくても片付いていたことだらけでした。今は身の回りのことは自分がやらなければ何も解決しない環境にあるので、最低限のことはしっかりこなすようになりました。実家暮らしがいかに楽か…痛感します。両親に感謝しようと何度思ったことか。そして助けがどうしても必要なときにそばにいて助けてくれる友達がどれだけ支えになるか、ということも、今まで以上に実感します。今まで自分一人では生きていけないということは実感することはあまりありませんでしたが、留学に来て以降、何度も自分一人では生きていけないと思いました。周りの人に感謝します。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
翌日が期末テストだったこともあり、元旦らしいことはほとんどしませんでした。大晦日から年越しにかけては、友達数名と騒ぎながら、ご飯を食べたりゲームをしたりして過ごしました。中国の元旦は、人込みで毎年死者が出るというほど賑わうものと聞いていたので、おとなしく過ごしてしまいましたが、外は華やかで魅力的だったので来年は思い切って外に出かけてみたいなと思いました。新年の抱負は「私は私のやりたいことをやる」です(笑) 上海に来てから本当によく思うのですが、あまりにも様々な人がいすぎて本当に自分がしたいことを見失ってしまうのが怖いと感じます。人の意見を鵜呑みにするようなやり方だと、留学は失敗すると思います。本当に怖いです。留学の醍醐味である人との交流は、良くも悪くも自分に影響を与えます。そんな環境で、強く、楽しく、前向きに居続けること。これが私の今年の課題だと思います。

お正月でも普段と変わらない街並みの学校周辺

友達の誕生日会

上海ディズニーランド

上海にある日系ラーメン店

☆A・S☆

第8期生・中国留学便り ~上海交通大学 1月編・その1~ [2018年03月08日(木)]

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
今年はとうとう最後の学期になってしまいました。上海での二年間は本当にあっという間で、先輩方が帰りたくなくなるという気持ちがものすごく分かりました。もう私に残された時間は4ヶ月程度なので、一つ一つの授業を大切に宿題や課題は時間に余裕をもって終わらせ、やるべきことをしっかりこなし、充実した留学生活を送りたいと思います。昨年は二年目ということもあり少したるんでしまうことも多かったので、初心忘るべからずで日々の授業に取り組んでいきます。

<寮生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
寮生活を通じて両親のありがたみ、感謝の気持ちがよりいっそう強くなりました。特に上海の寮は食事もついていないので、栄養バランスをとることが難しい環境です。また帰宅した際に自分の帰りを待っていてくれている人がいる、心配してくれる人がいることは本当に幸せなことだなって感じました。そして家事を日々やってくれているお母さんはとても偉大で、自分が近い将来そうなれるのか心配です。笑 しかし一人暮らしを経験したことで、今まで両親に依存しすぎていた分、自己管理能力がある程度は身につけることができ成長できているのではないかと感じています。

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
年末から元旦はテスト勉強に追われていたものの、大学の先輩の誘いで日本のようなお正月を過ごすことができ、とても素敵な年明けになりました。そこでは鍋パーティーやおせち料理を食べたり、日本のテレビを見ながら楽しい時間を過ごすことができ、また新しく知り合いになれた人も多くとてもいい機会となりました。昨年はテスト勉強しかしていませんでしたが生活に慣れてきたこともあり余裕が生まれ、色々な人たちとの交流の機会をもたくさん作ることができています。
新年の抱負は後悔しない留学生活を送ることです。今年は今まで以上に授業数も減るので自分の時間を大いにとることができます。それも自分次第で色々なことに使えると思うので、日々の生活を大切にし、ここでしか味わえない経験や、友人の輪をより広め深めていきたいです。また色々なことに積極的にチャレンジしていけたらいいなと思っています。さらに今年の目標としては中国語だけではなく英語をも使ってほかの人たちと交流したいです。また周りの人への感謝の気持ちを忘れずに生活していきたいと思います。

元旦は先輩の家で鍋パーティー

元旦に食べた鍋とおせち料理

寮の下のカフェ~ここで友人を増やしました~

毎週2回大学のグラウンドで留学生仲間とサッカーをしています!

☆N・M☆