第8期生・韓国留学便り ~ 西江大学校 2月編~ [2018年04月15日(日)]

<一番楽しい授業は何ですか>
冬学期の語学堂で楽しかった授業はビデオの授業でした。ドラマ、バラエティ番組、情報番組などさまざまなジャンルの映像から単語や表現を取り込み、実際にどのように使うかなどを学びます。私が元々韓国の文化に興味があったため、実際に触れて勉強するというやり方は自分に合っていると思いました。ただひたすら教科書に噛り付いて勉強するのではなく、映像や音で吸収することも大事だと思いました。そして、実際に韓国人が使う言葉を学べるという点でもためになったと思いました。授業で学んだことを実際に韓国人と話す時に使うと、「どうしてそんな言葉知ってるの?韓国人みたいだね!」と言ってもらえるようになりとても嬉しかったです。この授業は学んだことが留学生活で活かせるという点でとても良い授業だと思います。

語学堂5級クラス ビデオ授業の教科書

<週末はどのように過ごしていますか>
月末まで語学堂があったため週末は特に何もすることなく休むことを重視していました。そして期末試験が近くなれば一日カフェに篭って勉強したりと学生らしい月になったと思います。試験が終わり、23日から25日には母が韓国に遊びに来ました。約7ヶ月ぶりに会うということで嬉しさもあり、私が本当に韓国に留学しているのだなと実感することもできました。母は初めての来韓だったので観光地らしい場所に行ってみたり、現在私が通っている西江大学のキャンパスを案内したりしました。母が韓国にほとんど関心がないというのもありますが、私が韓国人とやりとりしている姿を見てとても感銘を受けている様子でした。私も母の喜んでいる姿を見ることができて、留学生活を無駄にせず有効に過ごせているのだと実感し良かったと思います。

母とソウル市内観光で光化門へ

安国周辺の街並み

<旧正月はどのように過ごしましたか>
15日から土日を含み18日まで旧正月休暇ではありましたが、西江大学の語学堂は月末まで授業があった上、期末テストも控えていたためほとんど勉強または休息を取るようにしていました。今期私は5級クラスだったのですが、1回の授業で扱う範囲が広く、その分重要な単語や表現が多くとても大変でした。実用性の高いものもあればTOPIK対策として重要な単語を追加されたりとかなりハードな授業の進行だったと思いました。先生方もおっしゃってましたが西江の4級5級をクリアするとだいぶ韓国語に慣れてくるとのことです。私もその点はかなり共感できると思います。授業は基本的に講義というよりかは討論で進めて行くスタイルなので、生徒が喋らないと授業にならないという感じでした。なので1度の授業に使うエネルギーがかなり高いと思います。それが1日4時間週5日で行われるので週末や連休は出来るだけ休みたいという思いが強いです。

週末のカフェ巡り

☆N・N☆