第3期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 2月編~ [2018年04月27日(金)]

<一番印象に残っている授業は何ですか>
私が一番印象に残っている授業は、プレゼンテーションをした授業です。私はオリンピックについてのプレゼンテーションをしたのですが、原稿を見てはいけず、本当に緊張したのを覚えています。しかし見ているクラスメイトがとてもたくさん質問してくれたり、うなずきながら聞いてくれたことで、すごく緊張が和らぎました。ドイツ留学で一番難しい課題であり。たくさん準備しましたが、とてもいい授業となり、自分自身もとても成長できた気がしました。

<留学して良かったと感じるのはどんな時ですか>
留学してよかったと感じる瞬間は、友達が増えて友達とたくさん話をしているときです。話をしていると、友達はみんな日本について興味をもってくれて、私もすごく日本について話すのが大好きです。こんなことを話せて、楽しい会話ができるのも外国人と友達になることしか方法はありません。そのような時に留学してよかったと思います。またふとした瞬間にドイツ語が話せる自分をうれしく思い、その時にドイツ留学に来てよかったなと、たくさん勉強してよかったなと思いました。

ルームメイトと最後の夜

チューターとの夕食

<ドイツ留学を振り返って>
ドイツ留学を振り返って、ドイツに一人で行くことは、思っている何倍もつらいことがあり、何度も帰りたいと思うことがありました。異文化の壁にぶつかり、はじめはドイツ語がまったく話せず、はじめは楽しいといえるものではありませんでした。しかし、今私はこの留学を振り返ってとても実りの多い楽しい留学だったということが出来ます。日本にいる友達や身近な人が毎日連絡してくれたり、帰国後の旅行について話をしてくれたり相談に乗ってくれたりと、支えがあってこその留学なのだなと感じました。留学を通して、これから人に感謝して生活して誰かの役に立っていきたいと思うようになり、中身も学力もともに成長した留学でした。

Erfurt観光

ブンデスリーガのサッカー観戦

☆S・M☆