第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 5月編・その1~

<一番印象に残っている授業は何ですか>
一番印象に残っている授業は討論です。いろんなテーマについて国ごとに討論しました。やはり文化が違うので考え方も違ってきて色んな方面から物事を見れてとても興味深かったです。今までは、一つの考え方しかなかったのが、他国の意見を聞くことによって考え方が変わったり、広がったりする部分もありました。一つの物事に対してこんなに考え方が違うことや、こんな考え方があったことに驚く部分も若干ありました。日本に戻ってもそう感じた思いを忘れないようにしたいです。授業では文法を学ぶだけでなく自分のためになることもたくさん学びました。

最後の学期にお世話になった先生方と

<留学して良かったと感じるのはどんな時ですか>
留学してよかったと思うことは、いろんな国の友達と出会えたことです。また、スペインのホストファミリーと過ごすことによってスペインの家族愛を知れたことです。その二つを通して自分自身で良い方向にも悪い方向にも変えられるなだなと実感しました。ある日、DELEの勉強で疲れていて全然話さずにボーっとしていたらホストマザーに少し叱られてしまいました。その時は悲しかったし少しムッとしてしまいましたが、本当の家族と思っていてくれるから叱ることができると考え、次の日からたくさん話すようにしたら、すごい褒めてくれて、本当の家族のような関係を築けたのが何よりうれしいです。

最後のディプロマで仲の良い日本、中国、台湾の友達と
アルカリングアで共に学んだ仲間

<スペイン留学を振り返って>
スぺイン留学を振り返って、来る前は9ヶ月って割とあるなって思っていました。でも本当に本当に時間が過ぎるのが早くてとても悲しいです。おそらく人生で一番勉強して出掛けて色んなことを経験して濃い濃い9ヶ月になりました。カルチャーショックや言語の伸び悩みがあったりもしましたが、本当に心からスペインに留学してよかったって思います。たぶん大人になってもそう思うしこの9ヶ月スぺインで過ごした時間は忘れられないと思います。それほど貴重で大切な時間を過ごせました。スぺインで出会った友達、一緒に過ごしたホストファミリーと離れるのが本当に嫌で悲しいけど帰国しても引き続きスぺイン語を勉強したいです。

春になるとカラフルなお花がたくさん咲きとても可愛い広場になり様々な人の撮影スポットへ
最後、みんながホストファミリーとお別れする様子

☆K・A☆