第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 6月編~ [2018年08月29日(水)]

<延長したクラスについて教えてください>
クラスには、アメリカ人7人、中国人2人、台湾人1人と日本人5人がいます。春のセメスターが終わって、多くの日本人と中国人に変わりアメリカ人が来たので今までと全く雰囲気の違う授業でした。クラスのレベルも前回から上がり、難しいと感じる部分も多かったですが、クラスメイト全員が活発的だったので、良い環境で1ヶ月学ぶことができました。先生も、新しく受ける先生だったのですが、o教え方が丁寧なうえ、きちんと生徒一人一人にわかりやすく説明してくれるのでありがたかったです。

クラスメイトとバルに行ったとき

クラスメイトと♥

<ホストファミリーとは普段どのようなことを話しますか>
普段は、食事のこと、文化のこと、サッカーのことなど様々です。私のホストファザーは冗談が大好きなので、毎日私をからかってきます。この前は服を着たままプールに突き落とされました。私は怒っていましたが、パパはとても満足していました。このように、ホストファミリーと暮らし始めた当初は考えられなかったほど彼らとコミュニケーションがとれるようになり、すごく嬉しいです。また、今月からワールドカップルが始まったのでパパといつも談笑しながら試合をみています。

服を着たままホストファザーにプールへ落とされたあと

ホームステイ先で和風パスタをつくってみた

<留学を延長して何を得られましたか>
責任を持って行動することと、感謝の気持ちがとても深くなりました。今までは、何か困ったことや連絡事項などを日本人の友だちと共有したり助けてもらっていましたが、今は自分一人で問題解決する場面が増えたので、以前よりも責任ある行動が求められるようになりました。そして、いろんな友だちに助けられて9ヶ月間過ごすことができたのだなと、まだまだ未熟な自分にも気づきました。また、留学・延長プログラムを了承してくれた両親への感謝の気持ちが日に日に大きくなっています。残りの数十日は、スペインで過ごすとても貴重な時間なので、たくさんの経験をして日本に帰ろうと思います!

寿司&中華&TortillaのFiesta

☆H・S☆