第9期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 10月編~ [2018年12月09日(日)]

<授業には慣れましたか。また、授業で大変なことは何ですか>
韓国にきて2か月授業を受けて、少しずつですが授業には慣れてきました。ついこの前には中間テストを終えましたが、どのように予習・復習をして、テスト対策の勉強をしていけばいいのか要領はつかめるようになってきたと思います。しかし、先生の話すスピードについていくのはまだまだ大変で、それを韓国人の子たちは当たり前にすぐ理解ができてしまう環境で聞かなきゃいけないので、これからも韓国の子より多く時間をかけて勉強をしなければいけないなと日々痛感しています。

ソウル女子大学の国語国文学科の集まり(MT)に参加

<学生寮での生活で楽しかったことは何ですか>
寮生活で楽しかったことは、寮で友達の誕生日を祝ったことです。韓国は、出前がすごく発達していてアプリで頼めばチキンやピザやトッポキなどををすぐに配達してくれます。そのため、ケーキなども近くのパン屋さんで買って、美味しいものをたくさん頼みました。日本にいるときはそれぞれ帰宅しなきゃいけなかったりしてゆっくり話すことができなかったけど、みんなで楽しく様々な話をしながらご飯を食べました。久しぶりに美味しいご飯を食べることができて幸せな一日になりました。

<チュソク(旧盆)またはハングルの日は何をしましたか>
チュソクは韓国の子たちが実家に帰ってしまうので、寮にはほぼ留学生しかいなかったのが印象的でした。私は、チュソクに漢江という大きい川のちかくにある公園で、ソウル女子の子と他の学校に留学しに来ている子と一緒にチキンの出前を頼んで食べたり、お菓子を食べたりしてピクニックみたいなことをしました。ハングルの日も普通にショッピングしに出かけてしまったので、来年は機会があれば、チュソクならでは、ハングルの日ならではのことをしてみたいなと思います。

ソウルにある大きな川「漢江(ハンガン)」からの景色

西江大学に通ってる友達と久々の再会

ハロウィンの時に韓国の友達とロッテワールドへ

☆N・I☆